PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる蕎麦屋(舞扇)

天空にそびえる文京区役所に行く。
用事を済ませてから富坂を上がって、春日の局の墓がある伝通院の交差点まで歩く。


6034.jpg



文京区は坂の多い町だ。
名前が付いている坂だけでも、区内に133もあるらしい。
実に東京23区の3分の1の坂があるのだから、子供の頃に自転車であちこち探検に行った時に、上り下りが大変だった訳だ。
伝通院そばの礫川(れきせん)小学校が私の母校なので、この辺りには同級生が今でも何人か住んでいる。
明治6年に開校した、相当歴史がある小学校だった。
子供の頃に行った食堂が残っていればと思ったが、やはり跡形も無くなっていた。
このまま春日通りを歩いて、茗荷谷駅まで行くことも考えたが、来る途中にあった蕎麦屋「舞扇」が気になるので、また後楽園方向に戻る。


6035.jpg



ランチメニューより日本酒の方が気になってしまう。


6036.jpg


6037.jpg




カウンター席に座る。
やはり目の前に並ぶ酒瓶が気になる。
きりっとした美人女将も気になる。


6038.jpg



午後にも少々仕事が残っているが、つい慶樹を頼んでしまう。
つまみを頼むと酒が一種では済まなくなるので、野菜天せいろも一緒にオーダーしておく。
幸か不幸か、とても一合はない小さな酒器で供された。


6039.jpg



やがて出てきた天せいろは、かなり素敵なビジュアルだ。


6040.jpg



円筒状の大きな野菜かき揚げは、実にいい具合に揚がっている。
大きなかき揚げを出す店で、時々中が生っぽかったり、トホホな代物に当たったこともあるが、ここのは角切りの野菜がホクホクと美味い。


6041.jpg


6042.jpg


ほのぼのとして坂道を下ったのだ。


「舞扇」
文京区小石川2-7-2
03-3816-8633

関連記事

| 茗荷谷・後楽園・江戸川橋 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。