PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝食後の白河散歩

前の晩は白河で三軒ハシゴしたが、いつも通りに朝早く目が覚める。
朝食予定時間までには相当間があるので、ロビーに置いてある近隣の観光パンフレットをもらいに行く。
部屋に戻ってから、朝食からランチの間に見学する場所を検討する。
昨夜車窓からチラリと見えた、城下町白河のシンボルとも言える小峰城は外せないだろう。
酒屋に立寄って白河の地酒も買いたい。
名君松平定信が作った、日本最古の公園である南湖も見てみたい。
などと窓辺の椅子で考えていると、ばるべにーくんから「まもなく大宮です」とメールが来る。
そういえば朝6時台の新白河発で、東京に戻ると言っていたなあ。
検討が済んだので妻を起こし、ゴルフ場の緑を見ながら朝食を食べる。


xk01.jpg


xk02.jpg




ホテルをチェックアウトし、白河駅に隣接した小峰城に行く。


xk03.jpg




城に近付くと、なんと立ち入り禁止になっているではないか。


xk04.jpg


xk05.jpg



幕末の戊辰戦争で焼失し、その後復元された小峰城の被害は無かったようだが、周囲の石垣が震災の影響で崩落している。


xk06.jpg


xk07.jpg




黄色いシャツを着た観光ボランティアのオジサンが近付いて来て、城や戊辰戦争や震災の被害について説明してくれた。
江戸時代に積まれた石垣は健在なのに、バラ園などを作るために近年に修復した部分が崩落したのだそうだ。
戊辰戦争時の白河の戦いは、一日に700人も戦死者を出すほど激烈だったそうで、昨夜何回も渡った谷津田川が、血で赤く染まったほどだと言う。


xk08.jpg


昔ながらの工法で修復するので、完成は5年後になるらしい。



小峰城に車を置いたまま、徒歩で東北本線の線路を渡り、白河駅近くの商店街に向かう。


xk09.jpg



この日は日曜日なのに、駅前のメインストリートには観光客どころか地元民もまったく見えない。
無人の大通りは白昼夢のようだ。


xk10.jpg



観光マップを見ながら、最近オープンしたばかりの商業施設「楽蔵」に行く。
地元の農産物直売所「り菜あん」で、日持ちしそうな食品を買う。
第一町人を見てホッとした。


xk11.jpg


xk12.jpg


xk13.jpg



福島県重要文化財のハリストス正教会を見学する。


hr002.jpg


hr001.jpg




昭和のまま止まった町を歩く。
以前は栄えていたのだろうが、この通りも人をまったく見かけない。


xk14.jpg


xk15.jpg


xk16.jpg



強烈なインパクトの「男の館タナセ」で、つい雪駄など買ってしまう。


xk17.jpg


xk18.jpg



有賀酒店では登龍の一升瓶を買う。


xk19.jpg


xk20.jpg


いつの間にか荷物が増え、汗をかきながら小峰城の駐車場に戻るのであった。


関連記事

| 白河・那須 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。