PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏のお楽しみ(一将&降矢酒店)

急きょ那須と白河行きが決まった。
妻は知人と、那須のドッグカフェで会う約束をしていると言う。
私の頭の中は、白河で飲むことで一杯だ。
白河に持参する土産を買いに、清瀬の酒屋「降矢酒店」に行き、「一将」で霰うどんを食べてから那須に向かうことにする。
白河のけーさんに持って行くのは、東村山の「屋守」がいいだろう。


miw31.jpg


miw32.jpg


miw33.jpg




涼しげなブルーボトルの夏酒がいいかな、などと考えながら店内に入る。


miw34.jpg


miw36.jpg


miw35.jpg



な、無い?!



店主に聞くと、屋守の夏酒一升瓶はとっくに売り切れたようだ。
居酒屋たけしにはあるはずだなどと言うが、今店に無ければ意味がない。
仕方なしに屋守の四合瓶と、奥の夏酒を買い、保冷剤をたっぷり入れたクーラーボックスに収納する。





とうもろこしの天ぷらと夏野菜が入った霰うどんは、食べられる期間が非常に短いので、どきどきしながら「一将」に移動する。


miw37.jpg


miw38.jpg






あった!!!






miw39.jpg




ちょうど一年前に霰を食べて以来、この店には来たことが無かったが、店主もピッチリ割り箸も健在だった。


miw40.jpg


miw41.jpg





そして待望の霰うどん。
注文を受けてからとうもろこしを茹で、一粒ずつほぐして揚げるから、完成までにかなり時間はかかるが、待った甲斐があるビジュアルだ。


miw42.jpg



星型のきゅうりや梅干しの脇役も、いい味を出している。


miw44.jpg


miw43.jpg


また一年後の再開が待ち遠しいうどんなのだ。



「降矢酒店」
清瀬市中清戸4-907
0424-91-2331



「一将」
清瀬市上清戸1-10-4
0424-93-1437

関連記事

| 清瀬 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。