PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日は落ちて酒楽し

久々の多摩ドライブの昼食場所は、青梅市の住宅街にある和食屋「あじ彩」にした。
少し離れた駐車場に車を入れ、旬のおばんざいと書かれた暖簾を潜る。


amu21.jpg


amu22.jpg



予約しておいた1500円の昼膳が出る前に、妻だけ先付けで日本酒を飲む。
あまり見かけない山梨の青煌だ。
30歳の杜氏が作る青煌は、年間たったの20石しか作られていない。
20石は一升瓶換算で2000本だから、頑張れば数人で飲み干してしまえそうな量だ。
今まで神楽坂の「恒」と、青梅のつけ蕎麦「KATSURA」でしか見たことがない酒に、なぜかまた青梅で再会したのにはワケがある。
東京で2軒しかない青煌を取り扱う酒屋の1軒が、青梅市にあるらしいのだ。


amu23.jpg


amu24.jpg



運転手の私は飲めなくて悔しいので、帰りがけに酒屋に立ち寄ることにし、熱々の茶碗蒸しを食べる。
ほくほくの百合根が潜んで、実に美味い茶碗蒸しだ。


amu25.jpg



盛り付けられたおばんざいで、二合や三合は飲めそうだが、ご飯で我慢する。


amu26.jpg


amu27.jpg



杏のムースを食べ終えて店を出る。


amu28.jpg



「あじ彩」が酒を仕入れている武藤治作酒店に行ってみる。
つつじで有名な塩船観音を通り過ぎ、岩蔵温泉に向かう道筋をカーナビに案内される。
人家が少なくなり、山が迫るイナカにある酒店だが、小作の「喜楽屋」や、武蔵境の「落日酒楽」などの銘酒居酒屋にも卸しているらしい。


omu01.jpg



なかなか渋くて素敵な品揃えだ。


omu03.jpg


omu02.jpg



日本酒義援金プロジェクト参加の青煌と、福岡県久留米市の「杜の蔵」を買う。


omu05.jpg


omu06.jpg


omu04.jpg




もらったシールをどこに貼ろうか、悩むオジサンなのだ。


omu07.jpg


omu08.jpg



「あじ彩」
青梅市野上町3-15-19
0428-78-3083


「武藤治作酒店」
青梅市木野下1-404
0428-31-4886

関連記事

| 青梅市 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

楽しみに拝見しています

是非、近いうちにお伺いしてみます。
チャイナハウスシマさんと同様、きっと好みのお店になると思います。
2000円以下でのランチは、友人との一時にとても有り難いお店です。

| わびすけ | 2011/06/11 07:06 | URL |

追伸

北本市のカジュアルフレンチ、ダンデライオン 、お勧めですよ~♪是非!

| わびすけ | 2011/06/11 07:36 | URL |

酒ずきんちゃん

先日、酒ずきんちゃんの作者の方とお会いしました。

ステキな可愛らしい女の子でしたよ~

| はぁ | 2011/06/11 15:16 | URL |

Re: わびすけさま

この内容で1500円はいいと思います。
少し離れていますが、駐車場もありますよ。
北本のフレンチ情報ありがとうございます。
なかなか行きにくい場所ですが、機会があれば試してみます。

| Manoa | 2011/06/12 23:03 | URL |

Re: はぁさま

酒ずきんちゃんという名前だったのですか。
作者が可愛い女の子と知っては、このシールは大事にしたいと思います。

| Manoa | 2011/06/12 23:05 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。