PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オンリーワン(坊千代)





4月の結婚記念日には、銀座の鉄板焼き「坂まき」に行ったのだが、実はもう一軒候補として考えていた店があった。
ワイン好きの妻と、日本酒があれば幸せな私のどちらにも合うし、リーズナブルでありながらハレの日にも使える店だ。
この店は結婚記念日に予約が取れなかったので、一ヶ月後の友人の誕生日に行くことにして押さえておく。


予約した「坊千代」は荻窪にある。
昼と夜にそれぞれ一組の客しか取らない、完全予約制の店だ。
店主は18歳でイタリアに渡り、帰国後に荻窪の「ドラマティコ」で修業し、その後一転して銀座の会席「とよだ」で日本料理を習い、さらにパリのユネスコ大使付き公邸料理人として働いたと聞く。
ワインにも日本酒にも合う料理が食べられそうじゃないか。
事前に電話で問い合わせしたら、日本酒の種類は少ないが、持ち込み可だと言うので、当日は一升瓶を抱えて荻窪に行った。



bt01.jpg

bt02.jpg




太った人なら入れそうもない小さなドアを開け、半地下の店内に入る。

bt04.jpg

bt05.jpg

bt07.jpg




以前は喫茶店だった店舗は、調理場を黒いカーテンで仕切っている。
通路の奥にある一卓だけのテーブルを、今宵は8人で貸し切りだ。

bt06.jpg

bt08.jpg



最初は山形高畠ワインのスパークリング「嘉」で乾杯する。

bt11.jpg

bt12.jpg



一品目のアミューズは、山菜のお浸しだ。

bt13.jpg



二品目は柏寿司と名付けられている。
早くもイタリア、フランス、日本で修業したシェフの面目躍如だ。

bt14.jpg



閉じられた錫の器を開くと、中に鶏肉で巻いた押し寿司が入っている。

bt15.jpg



乾杯酒の泡の次からは、ビールと持ち込みの陸奥八仙夏吟組に分かれる。

bt16.jpg

bt17.jpg




リーデルの大吟醸グラスは、一つずつデザインが違うので楽しい。

bt18.jpg




三品目はモッツァレラの春巻きが出る。

bt19.jpg



四品目は不思議な器で出てきた。

bt20.jpg



半球形の蓋を開けると海老の香りが立つ。

bt21.jpg


海老味噌のコンソメだ。









ここで一升瓶が空いてしまった。
日本酒を飲んでいるのは5人だが、やはり一本では足りなかったか。
店主に近くの酒屋を聞き、私が買いに出る。
大手メーカーばかりの、かなり厳しい品揃えの中から、一ノ蔵の純米酒を買って来る。

bt23.jpg

bt24.jpg




私が帰還したので、料理が再開する。
五品目は鮪のカマの蒸し焼きだ。

bt22.jpg



本日の料理は、おまかせの5千円コースだ。
高価な食材は使えない価格だが、演出が楽しいし、充分満足できる。
店主はナポリで修業したこともあるらしいので、コースとは別にピザを二種頼んでおいた。
極狭小の厨房に石窯などあるはずもないが、しっかり美味そうに焼けたピザが出てくる。

bt25.jpg

bt26.jpg



店主に聞くと、なんとフライパンで焼いたんだそうだ。
焦げ目はバーナーを使ったのだろうか。
8人居るから、ピザ2枚もあっという間に消え、コースの六品目を持ってきてもらう。
石板に乗った品は、フォアグラと里芋の石垣仕立てと名付けられている。
ねっとりとした食感と見た目が楽しい。

bt27.jpg

bt28.jpg



七品目は牛タンソテーの若草ソースだ。
十六穀米が添えられているので、しっかり満腹になり、一升瓶も二本空いた。

bt29.jpg

bt34.jpg




最後のデザートはバラの滴と名付けられている。
当夜の主役には特別プレートだ。

bt30.jpg

bt31.jpg

bt32.jpg

bt33.jpg



ロイヤルコペンでエスプレッソを飲み終えると、開始から4時間以上が経過している。
すっかり睡魔に襲われた私はタクシーで帰宅したが、翌朝になって「まだ飲んでます」とメールが来たのには、びっくりなのだ。


bt35.jpg


「坊千代」
杉並区天沼2-5-9

関連記事

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

素敵なお店ですねえ・・・
随所に拘りが感じられます・・・
お料理ももちろんですが、グラスが素敵すぎます!
朝までって、こちらのお店ででしょうか。
皆さん、流石Manoaさんのお仲間ですね~。

| psy | 2011/05/27 00:10 | URL |

Re: psyさま

このグラスはリーデルに頼んだ特注品らしいです。
まだ30歳ぐらいなのに、なかなか頑張ってる店主でした。
朝まで飲んだ人たちは、別の店です。
寝ないで仕事したらしいので、びっくりですよ。

| Manoa | 2011/05/27 22:03 | URL |

Manoaさん、いつも楽しく読ませていただいております。
坊千代、とっても素敵なお店ですね。吉祥寺に住んでいる友達と、早速行く相談をしました。いつも貴重な情報を、ありがとうございます。
荻窪の話題ですが、先月4/11にオープンしたばかりの、
「ヴァリノール」というフレンチが、大変良いと聞きました。
シェフは銀座レカンの出身との事。本格フレンチが、とてもリーズナブルにいただけるお店だそうです。機会がありましたら、ぜひいらしてみて下さいね。

| あっぷるぱい | 2011/05/29 03:15 | URL |

Re: あっぷるぱいさま

ヴァリノール情報ありがとうございます。
最近は荻窪にフレンチの新店が続々登場してますね。
石神井公園にも少し分けてほしいぐらいです。
近々探検してきますね。

| Manoa | 2011/05/30 11:31 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。