PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一期一笑

江戸川橋周辺の神田川沿いを花見散歩した時に、良さそうな和食店があるのに気付いた。

ichie01.jpg



窓際に高そうだが美味い日本酒の箱が、ずらりとディスプレイされているのだ。

ichie02.jpg



「一笑」と書いてある店を調べてみると、今年の2月に天神町から移転してきたようだ。
店主は大阪の「なだ万」で働いていたらしい。
窓際には高い酒しか置いていなかったが、手頃な値段のも当然あるので、さっそく夜の探検に出撃する。

ie001.jpg

ie002.jpg

ie003.jpg



まずは酒のメニューを見る。
下は十四代の本丸300円から、上は磯自慢のアダージョ5,000円!!まで、半合単位で幅広い品揃えだ。

ie004.jpg



今宵は東北地方の酒を飲むつもりだったので、十四代本丸と田酒から始める。
赤字で書かれた、手頃な値段の酒を中心に飲むつもりだ。

ie005.jpg

ie006.jpg



三種のお通しが、そこらの居酒屋とは別次元だ。

ie007.jpg



さらに東北から楯野川上喜元を追加する。

ie012.jpg

ie011.jpg




つまみは刺身の盛り合わせ、筍の挟み焼き、海老パン。

ie015.jpg

ie017.jpg

ie018.jpg



東北の日本酒で手頃な値段の銘柄は、米鶴かっぱの親分で終了だ。

ie013.jpg



北関東に降りて、栃木の鳳凰美田と辻善兵衛を飲む。

ie016.jpg

ie014.jpg



天ぷらを頼んでから、長野の御湖鶴、滋賀の松の司、福岡の駿を飲む。

ie019.jpg

ie010.jpg

ie009.jpg

ie008.jpg



珍しく米で〆にする。

ie020.jpg

またもや江戸川橋でも酒瓶を林立させてしまったのだ。


「一笑」
文京区関口1-45-15
03-6280-7035

関連記事

| 茗荷谷・後楽園・江戸川橋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

安くないですか?

筍の挟み焼きの色が何ともいえず食欲をそそりますね。何が挟んであるんでしょう?海老パンって、初めて聞きましたが、海老がパンに挟んであるんでしょうか?意外な組み合わせですが、こんがり揚げてあってこれもおいしそう。

日本酒半合を10杯ですから5合、吟醸、大吟醸クラスを呑んでいくらかかるのかと思いきや、メニューの値段で計算すると4240円。林立させた割に、これはかなり安くないですか?

この辺には良い和食屋さんがなくて困っていたのですが、ちょいと伺ってみます。

| 泡太郎 | 2011/04/20 12:40 | URL |

Re: 泡太郎さま

筍に挟んであるのは鶏肉です。
海老しんじょをパンに挟んで揚げたやつは、私の大好物なんです。
酒代を計算していただき、ありがとうございます。
大吟醸を飲まなければ手頃な値段です。
十四代が300円なのは良心的だと思うし、料理は美味いので、ぜひ。

| Manoa | 2011/04/20 17:06 | URL |

バージョンアップしてます

天神町の店は、気に入って何度か通いましたが、
昨年のお盆明けの頃より閉店してしまい
残念に思っていましたところ、こちらに移転されました。
店主ご夫婦が九州出身のせいか、日本酒より焼酎が充実していましたが
新規の店は日本酒が増えています。
価格も以前より下がっているように思います。
いかの塩辛(黒いの)美味しかったですが、今は無いのかな。
鯖寿しもお勧めです。

| メグライオン | 2011/04/21 00:43 | URL |

Re: メグライオンさま

たぶん天神町時代の店に行かれているのではと思ってました。
私は江戸川橋の方が交通の便がいいので、引っ越してくれてありがとうです。
鯖寿司と塩辛は、あったのか無かったのか記憶に無いんです。
近日中に調査してきますね。

| Manoa | 2011/04/21 10:12 | URL |

行ってきました

早速昨晩伺ってきました。
なだ万出身の和食ということで敷居が高い雰囲気かなと思っていたのですが、入り口に昼食のメニューが書かれた看板が置いてあるし、中は清潔ではあるものの雰囲気としては普通の食堂といった感じでした。以前にうどん屋だった店をそのまま居抜きで借りたということなので納得ですが、高級感がない分だけ和食に行きなれてない人でも気軽に利用できると思いました。

料理は美味しいですね。シマアジは本当に天然だそうです(笑)。ほとんど99%が養殖と言われてますから訊いてみました。私はホウボウをいただきましたが美味しかったです。筍と地鶏の挟み焼きは、筍と地鶏の付け焼きを同時に食べられるのでお得ですし美味いです。地鶏のたたきも美味かった。からすみも良かったです。鯖寿司はなかったですが、イカの黒作りはありましたよ。私はぬたが好きなので「ぬたあえ」を頼みましたが、500円の値付けにしては量が少ないのではとさりげなく訊きましたら、九条葱を使っていますとのこと。ワケギだと思ってました、すみません。美味しいぬたと九条葱でした。

一番気になっていたお酒の値段。人気の十四代本丸が半合で300円というのは、他の店では1杯(8勺ぐらい)を2000円ぐらいで出しているところもあるので不思議に思っていたのですが、この店ではすべて仕入値の2.5倍で出しているのでこの値段になりますとのことでした。本丸は本醸造で、もともと1升2000円台の酒なので半合300円というのが妥当な値段ということでした。ちなみに仕入れの2.5倍というのは、この手の飲食店としてはかなり良心的だそうです。純米大吟醸クラスも手頃な値段で出してますし、半合300~500円の酒も種類が多いので、普通に呑んで食べるだけなら5000円ぐらいで収まると思います。

〆の食事はお昼に出しているハヤシライスが出せるということでしたので注文してみました。なだ万では出してないと思いますが、店主のお手製で、甘めの美味しいハヤシライスでした。

良いお店を紹介していただいてありがとうございました。家が近いのでリピートするのは間違いないです。

| 泡太郎 | 2011/04/21 11:32 | URL | ≫ EDIT

Re: 泡太郎さま

丁寧な訪問記ありがとうございます。
私のブログより店の様子がよくわかりますね。
十四代の本丸はプレミアム価格の店が多いので、この店は正直だなと感じて好感が持てました。
コメントを拝見していたら、さっそくまた行きたくなりましたよ。

| Manoa | 2011/04/22 14:26 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。