PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本一の餃子(日月譚)

昨年末に自宅で暴年会をやった時に、友人夫婦から日本一の餃子が青山にあると聞いた。
何が日本一なのか聞くと、値段と味とアヤシサなんだと言う。
その場でさっそく予約の電話を入れてもらう。
合計6名で日本一のアヤシイ店探検だ。


予約当日は外苑前駅で待ち合わせしたが、全員遅れるので先に行ってくれとメールが来る。
以前から外苑西通りに面して建つ日月譚の、赤い看板に気付いてはいたが、品書きが外に出ていないので、入店する気にはなれなかった。

niti1.jpg



ガラス戸越しに店内を覗いても、暗くて何も見えない。
一人でドアを開けて店内に入ると、いきなり入り口付近に座っていた白衣の男が立ち上がる。

niti2.jpg



あー、びっくりした。
店内は真っ暗で、厨房から漏れる明かりだけが頼りだ。
「予約のお客さんはこっち」と、6人掛けのテーブルに座るよう指示される。
やがて他のメンバーも到着する。
デジカメを高感度設定にして店内を撮ったので、肉眼より明るく見えるが、実際は顔も判別不能なほど暗い。

niti3.jpg

日月1



だんだん暗さに目が慣れてくると、店主がかなり高齢だったり、店内は雑然としていることがわかってきた。
目は慣れたが、デジカメは慣れないので、ここからフラッシュと画像補正ソフトを使用する。
オーダーをしないうちからビールが出され、店主が厨房で調理を始める。
前菜を作っているのだそうだ。

niti12.jpg

niti13.jpg



腸詰、焼き豚、鴨肉が大皿に盛られ、ソースがかけられる。

niti16.jpg



続いて海老と帆立が出る。

niti17.jpg



紹興酒も出てくる。

niti18.jpg



この店を教えてくれた夫婦に、だんだん落ち着きがなくなってくる。
「いったいいくらなんだ?」とつぶやいている。
席の予約だけはしたが、料理は頼んでいないと言うのだ。
餃子の値段から想定すると、恐ろしいことになるかもしれないって・・・・・


ここで初めてメニューを見せてもらう。




!!!




niti10.jpg


餃子が12個で1800円、ビール中瓶が1000円、老酒がグラスで1000円と、さすが日本一な価格が記載されている。
通常のメニューはこれだけだから、特別料理の値段がいくらになるのか、ビビっても当然だ。
店主に問い合わせたら、「ダイジョブ、マカセトイテ」と言うので、安心して餃子を出してもらう。


niti14.jpg


薄皮の茹で餃子は、早く食べないと皮がくっついてしまう。
特製のタレに付けて、がんがん食う。

nititare.jpg



ほんのりと薬膳の風味があり、慈姑のシャキシャキ感が楽しい餃子だ。
日本一だと断言はできないが、かなり美味いことは間違いない。
帆立入りの餃子がもう一皿出てくる。
先に出た料理を食べ切らないと、次の料理が出てこないのは、大皿が二枚しか無いからなのかもしれない。
紹興酒も一本追加すると、しっかり満腹になった。

niti15.jpg




調理を終えた店主の林白さんが出てきて、我々の会話に加わる。

niti20.jpg



4種類の麺と餃子だけで、もう40年以上も南青山で商売を続けているのだから、たいしたものだ。
芸能人や政治家や、仕事を終えた銀座のクラブのオネーサンや、いろいろな客のエピソードを聞く。
日月譚が掲載されたdancyuも見せてもらうが、暗過ぎて判読不能だった。

niti6.jpg

niti19.jpg



雑然と置かれた皿や置物には、台湾の要人から贈られた物も混じるらしいが、かなりアヤシイ。

niti7.jpg

niti8.jpg

niti9.jpg

niti5.jpg



支払いは一人当たり7千円だった。

niti22.jpg

憎めない店主のキャラクターのせいか、ちっとも高く感じない。
2000円の麺を試しに、また来てもいいかなと思うのだ。

niti21.jpg


「日月譚」
港区南青山3-3-3

関連記事

| 青山・表参道 | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

(゜ロ゜)

読み進めていくうちにホラー小説のような雰囲気がたまりませんでした
ブログを読んでいて背筋が寒くなったのは初めてです(*^m^*)

| ダイユウサク | 2011/01/14 00:18 | URL |

すごい・・・7000円は、やっぱり、私にとっては「恐怖」です(笑)
でも行ってみたい♪

| にゃんとも(うさ子) | 2011/01/14 00:58 | URL |

怪しすぎ(^^;

いつも楽しく拝読させていただいています。
蚤の心臓の私には行けそうにないお店です。
怪しいと言えば、10年くらい前に光が丘に「桐」というレストランがあったのをご存知でしょうか?
笹目通り沿いにきれいなメニューが置いてあって、つい入ってしまったのですが、中が見えないくらい暗く、老夫婦がいて、値段もびっくりで・・(^^;
その時に怖い思いで食事をしたのをこの記事を読んで思い出してしまいました。

| レチェママ | 2011/01/14 13:18 | URL | ≫ EDIT

白衣長いデス

お店も怪しいけれど、店主も実験をしている人みたいな雰囲気ですね。
写真が、ウォン・カーウェイの映画のような色彩!?
ゾクゾクドキドキしながら読み進めました。
でも、行ってみたい。
記念写真で、酒瓶持っているマダムがイマスネ。v-402

| 橋の下 | 2011/01/16 00:56 | URL |

Re: ダイユウサクさま

実際の店は写真より暗くて、料理も店主もよく見えません。
雑然としているので、明るいとアラが目立つでしょうね。
おもしろい店でした。

| Manoa | 2011/01/18 16:06 | URL |

Re: にゃんとも(うさ子)さま

値段を聞いたら、「うーん、4万2千円ね」だって。
かなりアバウトな店でしたが、許せちゃうキャラでしたよ。

| Manoa | 2011/01/18 16:08 | URL |

Re: レチェママさま

私も存在は知っていましたが、まったく入る気は起きませんでした。
入ってみたらネタ満載の店でした。
光が丘の「桐」も場所は知っていましたが、入る気は起きなかったですね。
まだ営業しているなら、行ってみようかな。

| Manoa | 2011/01/18 16:11 | URL |

Re: 橋の下さま

薬膳料理なので、医師っぽい服装をしているようです。
奥さんもたまに店を手伝っていると聞きました。
かなりアヤシイですが、食べている最中にも2組入ってきて、貸切だからと断られてましたよ。
話しのタネに行ってみてください。

| Manoa | 2011/01/18 16:14 | URL |

懐かしい!

お久しぶりにのぞかせていただいたら、なんとも懐かしい店がでていたのでついついコメントを。ご主人はお元気の様子ですね。まあ、昔から100歳まではゆうに元気そうなおじさんでしたが(笑)奥さんは明るい元気なカンジの方です。その昔は青山でライオンを飼っていると言われていました。チャウチャウですけどね。ワタシもここの餃子とザーサイ麺が好物です。また行ってみようかな!20年ぶりぐらいかも

| モッピー | 2011/01/19 17:16 | URL | ≫ EDIT

Re: モッピーさま

なつかしいでしょ。
創業1967年ですから、40年以上もこの地で営業してるのですね。
店名の由来になっている台湾の日月譚にも、いつか行きたいと思ってます。
私も次回は麺を試してみたいです。

| Manoa | 2011/01/21 16:21 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。