PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦略価格(北京菜館)

福生の西友に入っている北京菜館で、先日のランチタイムに酸辣湯麺を食べた。
680円にしてはかなり美味い。
メニューを見ると青梅市に本店があると書いてあったので、携帯にメモリーしておいた。
後日一人でランチを食べに行く。
この店の前は何回か車で通っていたはずだし、先日は並びにある「ときわ」でうどんを食べたのに、まったく眼中に無かった。

pek21.jpg

pek22.jpg



入り口近くのカウンターに座る。

pek23.jpg



厨房の正面の席では、オジサンオバサンが酎ハイをガンガン飲んでいる。

pek24.jpg



おそらくホリデーメニューの内容は福生西友店と同じだが、価格はこちらの方が100円高いような気がする。

pek25.jpg

pek26.jpg



店長のお勧め品スラーメンが、きっと酸辣湯麺のことだ。
これも福生より高い。

pek27.jpg

福生の支店はテナント料を払っているはずだが、きっとスーパーの客層に合わせた価格設定なのだろう。



昨年の秋から酸辣湯麺ばかり食べていたので、気分を変えて海鮮タンメンセットをオーダーした。
酎ハイチームのピータンや野菜炒めを出し終わり、店主がタンメンや炒飯の調理に取り掛かる。
さすがに手際が良くて、鮮やかな鍋使いだ。

pek28.jpg

pek29.jpg

pek210.jpg



緑色の生ザーサイが気に入った。

pek211.jpg



久しぶりに辛くも酸っぱくもないタンメンを食べると、最初は物足りないような気がしたが、後はしみじみ美味く感じる。

pek212.jpg

店主は中国人のようだが、日本に来てから20年以上と聞いているから、料理は優しい味付けだったのだ。


「北京菜館」
青梅市師岡町3-22-4
0428-23-3472

関連記事

| 青梅市 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

野菜がしゃきっと甘そうな、
きれいな色彩が、調理の手際を伝えてくれてる気がします。
おいしそう~

でも、わたし、今夜は「すっぱい麺」にしようかなぁ(笑)
がまんできなくなってきました、そろそろ。

| にゃんとも(うさ子) | 2011/01/15 12:28 | URL |

Re: にゃんとも(うさ子)さま

この日も酸っぱ辛い麺にしようか、かなり迷いましたよ。
この店の料理なら、きっと何を頼んでも美味いと思います。

| Manoa | 2011/01/18 16:16 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。