PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リニューアル前(WABISABI海音)

六本木で踊った後に、横浜のバーまで行った元気な時代もあったが、今では半径3kmぐらいが私の主要行動範囲だ。
日本料理の「海音」と居酒屋「喰酔たけし」が開店してからは、ますます地元志向が強くなっている。
公平な目で見ても、この二店は料理のレベルが高いし、価格がリーズナブルなのだ。
海音の新店舗を任されていたタッちゃんが辞める直前に、WABISABIに別れを惜しみに行く。
トッティーズバーの隣りが目的地だ。

トッティ

ws3.jpg



いつものカウンター席に座ってビールを飲み始める。

ws4.jpg



前菜三種盛り、白子の天ぷら、揚げ銀杏を頼み、日本酒は東村山の屋守と福島の十ロ万(とろまん)から。

ws13.jpg

ws20.jpg

ws14.jpg

ws5.jpg

ws7.jpg



福島の天明が作る海音オリジナル日本酒と、同じく福島の泉川は、本店から出前してもらう。

ws9.jpg

ws11.jpg

ws12.jpg



居酒屋たけしの母ちゃんが、美人の姪と来店したので、隣りに座ってもらう。
WABISABIの女将とは同じ山形県のDNAが流れているので、地元話が弾んでいる。

ws21.jpg



私が初めて見た「しょうゆの実」は、山形ではポピュラーなんだそうだ。

ws15.jpg

ws16.jpg



湯葉、出汁巻き、焼き魚といったシンプルな料理も、プロが作るとかなり美味い。

ws18.jpg

ws17.jpg

ws19.jpg



寫樂小左衛門いづみ橋と日本酒が進む。

ws8.jpg

ws10.jpg

ws6.jpg



店がかなり混んできたので、〆の寿司はまたもや本店からの出前だ。

ws22.jpg

出前の大将と話す。
こちらのWABISABIでもランチ営業を始めて、夜は揚げや炒めの居酒屋メニューを増やす予定と聞く。
ますます私の地元志向が強くなりそうなのだ。


「WABISABI海音」
練馬区石神井町7-1-1

関連記事

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。