FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京滋の酒を堪能する





京都の旅は初日から目一杯スケジュールが詰まっている。
とうがらしおじゃこを買い込んでタクシーに乗り、京都駅に引き返す。
近鉄に乗って奈良で知人と会い、すぐさま大津の友人たちと待ち合わせている京都駅に戻った。


高島屋ツリー0001




当夜の食事は、京都の地酒が飲める居酒屋をリクエストしてある。
駅前でタクシーに乗り、麩屋町通りの居酒屋「あんじ」に向かった。


あんじタワー0003




いいねー、この雰囲気も。


あんじ外0003


あんじ旗0006




かなりの人気店らしく、一階も二階も満席で、待ち客も居る。


あんじ店内0004


あんじ店内20005




人気の秘密は値段の安さとボリュームで、私としては日本酒の品揃えも魅力的だ。


あんじメニュー0001


あんじ酒メニュー0004




メニューも見ずにミセス大津が頼んだのは、お造りの盛り合わせと、魚介の炭火焼き。
3千円ほどなのに、ドドーンと舟盛りで出てくるのが嬉しい。


あんじ舟盛り0008


あんじ焼き物0006


あんじ七輪0002




もともと東京生まれのミセス大津だが、関西在住歴20年を越えると、ファッションセンスはザ・カンサイだ。
いいねー。
妻がすごく地味に見えてくる。


あんじ大津20002


あんじ大津10001










京美人の店員が通りかかる時だけ、地元京都と滋賀の日本酒を発注する。


あんじ足0001




城陽市「城陽酒造」の徳次郎特別純米。


あんじ徳次郎注ぐ0005




滋賀県「吉田酒造」の竹生嶋と、「畑酒造」の大治郎


あんじ竹生島0007


あんじ大治郎0004




伏見の復刻酒「賞冠」。


あんじ賞冠0008




宮津市「ハクレイ酒造」の酒呑童子香田


あんじ酒呑童子0009


あんじ香田0010




伏見「都鶴酒造」の、みやこつる純米吟醸。


あんじみやこつる0002




この店オリジナルの「あんじ」。


あんじあんじ0001




名物の巨大な兜煮は、なんと500円だ。


あんじかぶと0002




関東では見かけない牛すじ煮込みも美味い。


あんじ牛筋0007




どの料理もボリュームが多いので、後は漬物ぐらいで腹いっぱいになる。


あんじ漬物0003


あんじおみくじ0001


美酒と美人を堪能して、フラフラと夜の街にさまよい出るのだった。



「あんじ」
京都市下京区麩屋町通四条下ル八文字町334
075-344-5665


関連記事

| 京都・大津 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

京都のお酒、美味しそうです。昼も夜も美酒三昧とは、奥様よりもManoaさんの方が満喫してますね。

写真がとってもいいですね~
京都の街並みとか・・ 京都の寒さまで伝わってきます。すっかり私も京都に行った気分にさせていただいちゃいました。

| ショルティ | 2008/12/15 20:26 | URL |

ショルティさま

意外にも京都の酒が美味かったので、目からウロコでした。
写真がいいと言うより、本当に寒かったんですよ。
店から出る頃には酒で温まってましたが、しばらく歩くとまた冷えました。
でも京都は良かったですよ。

| Manoa | 2008/12/15 22:31 | URL |

いいですね~

壁にある、朱色の枠のかわいい文字メニューが分かり易い!が、
〔ちく王?〕〔梅くら〕〔はま酒〕??とわ何でしょう。

それにしても日本酒にぴたぴたのごはんチョイスでしたねi-270

| 石神井組 | 2008/12/18 21:35 | URL |

石神井組さま

またよくそんな細かいとこまで!
ちく王ではなく、ちく天だと思います。
おそらく竹輪の天ぷらかと。
梅くらは、くらげの梅和え。
はま酒は、はまぐりに燗酒を注いだものではないでしょうか。

| Manoa | 2008/12/20 08:56 | URL |

なるほど~。

[ちく天]ですか!でも[くらげの梅あえ]に[はまぐり酒]って…
ステキすぎです。
今度、京都行った時は絶対呑みに行ってみようと心に決めました

| 石神井組 | 2008/12/20 10:38 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT