PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

出会いの歓び(菊谷)

自宅に代引き商品の配送があるので、早めに石神井公園駅に戻って来る。
予定時間まで少し余裕があるので、軽く食事を済ませてから帰宅することにした。
裏通りの蕎麦屋「菊谷」を覗くと、まだ先客の姿が見えないので、暖簾をくぐる。

菊中0002


飲み物が一杯、酒肴、もり蕎麦で1,500円の菊酔ひ膳を頼む。
滞在予定時間は30分ほどだから、これぐらいがちょうどいいはずだ。
日本酒は上喜元の純米を選んだ。

菊上0001


蕎麦味噌、山葵漬け、鯖の燻製、鶏肝煮の酒肴で、たちまち最初の一杯を飲み干す。

菊酒肴0006


陶製の器は約五勺で、一合の半分だから、とうてい一杯で足りるはずもない。
日本酒メニューのボードを見て、次の酒を選ぶ。

菊メニュー0001


おそらく初めて飲むはずの、岩の井「自画自賛」に決めた。
山廃だが飲みやすく、先日飲んだ「常きげん」と似た印象がある。
美味い酒だ。

菊岩表0003


瓶を裏返すと、店主の名前が書いてあるではないか。

菊岩裏0001

神田和泉屋の酒造り体験に参加した記念に、オリジナルラベルを作ってくれたと言う。
岩の井」の横坂安男杜氏は、廃業してしまった岡山の「歓びの泉」に居たそうだ。
歓びの泉は何年か前に飲んで、美味かった記憶があるのだ。
男性の名前と顔や、いやな思い出ははすぐ忘れてしまうが、美女と美味かった酒のことはよく覚えている。
さらに横坂杜氏は、常きげんの農口杜氏から山廃仕込みを習ったこともあるらしい。
なるほど神様直伝の味だったのか。



そろそろタイムアップだが、まだつまみが残っているので、四季桜が初めて作った生酛特別純米を追加する。

菊四季桜0002


〆の蕎麦は、大根おろしが乗った練馬ぶっかけにする。

菊葱0004

菊蕎麦0005

菊湯0003

ほぼ予定通りに切り上げる、珍しくオトナな私なのだ。


「菊谷」
練馬区石神井町3-27-16
03-5393-6899

関連記事

| 石神井公園(蕎麦・うどん) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

あら残念です。

たぶんその数時間後に訪れました。四季桜をいっぱいいただきました。
5周年記念感謝祭の初日で火曜なのに混んでましたよ。(サイン、現実のものに。まさに「出会いの歓び」。)

| kei武蔵野 | 2010/04/14 22:20 | URL |

岩の井さん

毎年、3月には岩の井さんには行っています~。
先輩が企画してくれているツアーにのっかって(ラクチン)。

オリジナルラベルを造ってくれるのもわかります~。
岩瀬酒造さんの素朴さが、これまた大好きです。

年々美味しいお酒になってる気がします。

| まき子 | 2010/04/15 23:38 | URL | ≫ EDIT

Re: kei武蔵野さま

蕎麦yukaさんも四季桜会に行くと言ってましたので、ついに遭遇ですね。
石神井公園は5年以内の店が頑張ってるので、ますますいい街になりそうです。

| Manoa | 2010/04/19 10:02 | URL |

Re: まき子さま

初めて飲みましたが、なかなか美味しい酒でした。
今まで注目されなかった千葉や神奈川の酒が美味くなっているので、嬉しい発見がいろいろあります。

| Manoa | 2010/04/19 10:04 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。