PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

600円の至福(天婦羅いもや)

遠い昔の学生時代に、日大に行っていた友人から安くて美味くてボリュームがあると聞き、食べに行って感激したのが「天婦羅いもや」だ。
神保町界隈には天婦羅の他に「豚カツいもや」や、「天丼いもや」もあって、仕事を始めてからも時々食べに行っていた。
どの店も白い暖簾に「いもや」の墨文字で、白木のカウンターが清々しい。

四半世紀ほど前に、早大出身の知人から、早稲田にも「いもや」があると聞いて行ったことがある。
チェーン店ではなく暖簾分けだから、屋号は同じでも味と雰囲気が微妙に違う。
味は神保町の方が好みなのだが、雰囲気は住宅街にある早稲田の方が好きなので、三年に一度ぐらいのペースで訪れているのだ。
この日も久しぶりに早稲田の裏通りを歩き、いもやに向かう。

いも通り0005

いも外0001


ランチタイムのピーク前に入店したので、先客は一人だけだ。
初老の店主夫妻は、いつも通りにいい味を出している。

いも中0002


おそらく開店してから30年は経っているはずだが、店内は清潔に保たれている。
シンプル・イズ・ベストだ。

いもシンプル0001

600円の天ぷら定食を頼む。
今でこそチェーン天ぷら店が増えて、価格のインパクトは薄れたが、各地にある「いもや」の人気は根強い。



12時を過ぎ、店内が一気に混み始めた。
奥さんはキビキビ動き回り、店主は黙々と天ぷらを揚げる。
おろしが入った天つゆと、お茶が出され、天ぷらの揚げ上がり直前に、お櫃から出されたご飯と、蜆の味噌汁が供される。
長年変わらない順番だ。

いもせっと0001


カウンターに乗った漬物と紅生姜も変わらない。
少しずつ丼ご飯の脇に添える。

いも漬物0001


海老、きす、いか、春菊、南瓜、茄子、海苔の天ぷらは、衣が厚くて洗練されていないが、しみじみと懐かしい味がする。
食べ終わると、「天ぷらを食ったあ」という満足感があるのだ。

いも天0001

派手な衣装や車でマスコミに登場する、若き飲食業界の成功者もいるが、ひたすら低価格で美味い天ぷらを、何十年も供し続ける夫婦も居る。
オジサンは断然「いもや」が好きなのだ。


「天婦羅いもや」
新宿区西早稲田3-13-12

関連記事

| 早稲田・西早稲田・面影橋 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

はじめまして。いつも楽しみに拝見しています。
早稲田いもやの写真をみて懐かしく、先週行って来ました。

ご夫妻は、ともに80歳を越えられたとのことです。
いつまでもお元気で、とお話してきました。
天ぷらは神保町よりもごま油が少ないように感じます。
さくさくした絶品の天丼でした。

| ソファ | 2010/04/01 12:27 | URL | ≫ EDIT

Re: ソファさま

はじめまして。
いもやのご夫妻が80歳を越えていたとは!!
ご主人はお疲れ気味ですが、奥さんは相変わらず元気で、てっきり70代前半かと思ってました。
ほんとにいつまでも元気で商売を続けて欲しいですね。

| Manoa | 2010/04/01 22:59 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。