PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

量と価格は(キッチンオトボケ)

またもや穴八幡の御守りを頼まれてしまった。
早稲田に行く用事は無いが、節分前に渡さないと金銀融通の効力が無いらしいから、なんとか時間を作る。

穴前0005


お、まったく行列が見えない。
階段を上がって行くのは疲れるが、両側に露店が出ているから楽しい。

穴横0006


無事に入手した後は、いかにも学生街にふさわしい、ガッツリ系の「キッチンオトボケ」でランチを食べることにした。

ボケ外0004


この街の学校を出た人なら、思い出たっぷりの店なのだろう。
私は初入店なので、まず店頭のサンプルを見る。

ボケメニュー0002

豚肉の生姜焼きに見える定食は、ジャンジャン焼きと名付けられて500円ジャストだ。
チキンカツ、カニコロッケ、メンチカツも同じくワンコインで、最高価格はトンカツの650円だった。
カツカレー600円の食券を買う。



店内は学生でギッシリなのかと思ったら、意外にも私より年上っぽいオジサンも結構居る。
学生らしき客はほとんど見えない。
イマドキの学生は、ガッツリ系の店を好まないのか?
そういえばすれ違った学生たちは、食が細そうな体型が多く、今の私でもケンカしたら勝てそうな感じだった。
元気がいい店員のオネーサンたちは、全員フィリピーナだろうか。

ボケ中0003

食券を渡して、しばし待つ。

















出た!

ボケカレー0001

ステンレスの皿から、カレールーがこぼれんばかりだし、普通盛りなのに大盛りに見えるライスの量だ。
根性を出して食べ始めると、途中でカレールーとライスのペース配分が、上手く行っていないことに気付く。
このままではご飯が余ってしまうので、バリバリ人工着色料の黄色が鮮やかな、卓上の刻み沢庵に助けてもらう。
10年前なら軽々と食べ切れたと思うが、今は食べ終えると息も絶え絶えだ。
残せない性格の私は、もうキッチンオトボケに来ることは無いと思うと、ちょっぴり寂しくなるのだった。


「キッチンオトボケ」
新宿区馬場下町62
03-3202-3551

関連記事

| 早稲田・西早稲田・面影橋 | 00時00分 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

…カツの載ってない450円カレーに留めておくのが無難そうですね(汗)。お味のほうは?

| Z33 | 2010/01/13 02:35 | URL | ≫ EDIT

Re: Z33さま

昔懐かしい小麦粉とカレー粉の味です。
フォンドボーとかチャツネとかは、絶対に入っていないですね。

| Manoa | 2010/01/14 11:25 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/13 13:46 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。