PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋たけなわ(ロンファン)

大泉学園の中国料理店RonFan(ロンファン)から、上海蟹入荷のメールが来ると、いよいよ今年も秋たけなわだなと感じる。
この店で最初に上海蟹を食べたのは、2006年の秋だった。
恐る恐る一回仕入れただけだったので、ブログを見て食べに行った方は、残念な思いをしたようだ。

2007年の秋には、すっかり人気店になっていたので、仕入れ回数を倍増し、2008年秋にはさらに倍増で、4回ほど仕入れたらしい。
そして今年のシーズン中は、毎週末に入荷の予定だと聞いている。
この店ができるまでは、練馬区で上海蟹を扱う店はほぼ無かったと思う。
あの有名店の富士見台「源烹輪」でさえ、1シーズンだけで取り扱いをやめてしまったほどだ。
東京の端っこにある練馬区の店が、これほど上海蟹を扱うとは、中国人もビックリだろう。
最近は幻の蟹玉に振り回されて、悲しい思いをしたこともあるので、ロンファンでいい思いを味わおうと予約を入れた。

ロンカウンター0002


今年の上海蟹は、昨年までより値段が上がったが、その分大きさも質もレベルアップしたとのことだ。

ロンかにメニュー0001


九年物の紹興酒を瓶ごと燗にしてもらい、蒸し上げる前の蟹と対面する。

ロン九0002

ロンラベル0001


最高級とされる、陽澄湖産を証明するラベルが甲羅に付き、脚にはタグが取り付けられている。
ブクブクと泡を出し、ピクピクと触覚を動かす容貌は、エイリアンに似ていなくもないが、蒸し上げると綺麗な赤に変わるのが不思議だ。

ロン前0003


蟹様を主役にして、前後を固める料理を決める。

ロンメニュー0001

おおー、誰が主役でもおかしくない、素敵過ぎる品名が並んでいるではないか!!



先発を務める前菜は、広島産牡蠣の五香ソース和え。

ロン牡蠣0001


二番手は松茸と祝鶏の煮込み。
百合の蕾も入って、しみじみ美味い逸品だ。
こんなに贅沢していいんだろうか。

ロン松茸0003


そして上海蟹が堂々と登場する。

ロン蒸し0001


甲羅を外すと、卵の黄身を五倍濃縮したような味噌が現れる。

ロン味噌0002

紹興酒を飲むのも会話も忘れ、黙々とほじり、しゃぶり尽くす。
幸せだ。
フィンガーボールで指を洗い、後半戦に挑む。
こんどは五年物の紹興酒をロックだ。

ロン五0003


いつも頼んでいる春巻きと、熱々でビリビリ痺れる麻婆豆腐。

ロン春巻き0004

ロン麻婆0006

酔ったイキオイでカラオケにまで行ってしまい、飲み放題のヘンなチューハイで頭が痛くなってしまったが、蟹の余韻は充分残っていたのだった。


「ロンファン」
大泉学園駅北口 ゆめりあホールB1

関連記事

| 大泉学園 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

あぁあああああああ(>_<)

もう、なんだかもう、めちゃくちゃ美味しそうだぁ・・・
毎週末入荷なんですね、上海ガニ様。

一度くらい、今年こそ久々に、お目にかかりたいものです(T_T)

PS:今日は、AVANTIに行ってきました、下井草の♪
生ガキがあったし、おいしかったです~。マダムもやさしくて、
色々話しかけて下さいましたし(^O^)/
今年のクリスマスディナーは、ここかなぁ・・・♪

| にゃんとも(うさ子) | 2009/11/02 01:02 | URL |

Re: にゃんとも(うさ子)さま

見た目通りに美味かったですよ。
そろそろ上海蟹の終わるはずなので、行かれるなら確認してください。
Avanti、いい店ですよね。
昔のドンナが好きなら、ハマルと思います。
こんどは夜に行ってみたいと思ってます。

| Manoa | 2009/11/02 12:26 | URL |

manoaさん、こんばんは!ロンファン初入店してまいりました!
会社で美味しいと評価が高かったこのお店..やはり美味しかったです(^^)
次回はランチを挑戦してみます!

PS:「熱々でビリビリ痺れる麻婆豆腐」..あまり辛いのが得意では無い私なのですが
注文しても大丈夫かな~ちなみに「カレーの中辛」は許容範囲です(^^)
また、書き込みさせていただきます!

| ドスン | 2010/01/25 22:21 | URL |

Re: ドスンさま

ロンファンは岸朝子監修の本にも掲載され、結構有名店になりましたね。
カレーと麻婆の辛さは質が違うので、なんとも答えようがないのですが、辛いのが得意でない妻も半分ぐらいなら大丈夫でした。
辛いのが得意な方と一緒にお試しください。

| Manoa | 2010/01/26 10:42 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。