PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぼくコザえもん(天★)

渋谷の円山町で行われた「獺祭の会」の時に、こんどは「小左衛門の会」があるとお誘いを受けた。
小左衛門とは岐阜県瑞浪市にある中島醸造の銘柄で、日本酒クィーンまき子さんのブログにたびたび登場する酒だ。
岐阜あたりでは、「始禄」という銘柄で知られているようだ。
創業が元禄時代だから「始禄」だとは、後から聞いた。
地元石神井公園の居酒屋たけしと、須みずの準定番酒なので、何種か飲んでいるが、なかなか美味くて気に入っている。
日程だけ聞いて、参加を即答した。

後日メールで会の詳細が明らかになる。
場所は高円寺の天★(てんせい)という店で、dancyuにも登場する人気店らしい。
定員は8名だと書いてある。
たった8名のために蔵元が来るのか聞き返すと、中島社長が来店するのだそうだ。
会の当日は最寄り駅の丸の内線東高円寺駅で待ち合わせる。
張り切りすぎて早く着いたので、夕暮れの蚕糸公園を軽く歩く。

蚕糸0029


日が暮れた青梅街道を歩き、環七を越えると、天★があった!

天歩道0020

天シャモ0003


予想をはるかに越えるチープな外観だ。
椅子は日本酒の通い函(P箱)だし、看板は地べたに置かれているし、満席になったらトイレに行くのも苦労しそうに狭い。

天外0001

天看板0025

天貸切0027


が、すでにセットされた珍味と、カウンターにずらりと並んだ小左衛門と、先着している蔵元の顔を見ると、たちまち気分はハイになってくる。
この夜は12種類の小左衛門を楽しめるのだ。

天メニュー0009

天ボトル0008

天名刺0001


まだ他の客が到着しないうちに、ボトルや店内を撮らせてもらう。

天カウンター0002

天前掛け0015


店名の由来になっている茅ヶ崎の天青は、全種置いているようだ。

天天青0017



全員といっても客は7名だが、一応揃ったところで会がスタートした。

天スタート0004


乾杯酒は純米吟醸38号備前雄町だ。

天純米吟醸0026


その後は順不同で、冷やと燗が交互に出てくる。
冷やより燗が生きる酒や、その逆などあるが、12種もあると忘却の彼方だ。
私と同じようなヨッパライが多いらしく、この店のランチョンマットは工夫されている。
食べて飲んで写真を撮るのに忙しく、結局「天★日記」は使わないまま汚れてしまったが、新しいのを店主がくれたので嬉しくなる。

天日記0002


たっぷり用意された仕込み水を挟み、次々に出される酒を飲み干した。

天備前0002

天水0021

天生もと0024

天五百0012

天三年0011

天純米0003


8号酵母を使った、美郷錦の純米おりがらみ。
8の字に似ているバイオリンの絵柄が可愛いが、一升瓶用のラベルを4合瓶に巻いたので、女性が男物のシャツを着たようで、さらにカワイイ?

天バイオリン0001

天燗0002

天女0018

天始禄0019


最初にセットされていたつまみだけで、相当酒が進んでしまう。

天珍味0022

天珍味30023

炙った鮭の白子、名物らしいがっこチーズ、小鮒、あんきも、ドライトマト、干した蛍烏賊など、一種で一合いけそうな珍味ばかりだ。

天がっこ0001

天トマト0005


桃を添えたレバーペーストや、フルーツのバルサミコ掛けもいいつまみになる。

天レバー0010

天フルーツ0007


平目のポン酢、豚肉鍋で飲み進み、塩むすびで〆る。
隣りの店舗が撤退したので、壁をぶち抜いて3倍に拡張する予定があると聞いた。
この狭さも魅力の一つだが、広い新生「天★」も楽しみだ。

天刺身0014

天鍋0028

天塩むすび0016

デザート酒として純米の柚子酒を飲み、すっかりいい気持ちになって東高円寺まで戻る。
中野坂上から大江戸線に乗り、練馬で西武池袋線に乗り換えれば早いはずだ。
中野坂上までは連れも一緒だったので、無事に大江戸線に辿り着く。



またもや寝込み、駅員に起こされて、あわてて降りる。
改札を出て西武線を探したら無い!
よく見たら「光が丘」だって。
先夜は「ひばりが丘」まで乗り越してしまい、今夜は「光が丘」か。
ガオカには気をつけようと思うオジサンなのだ。


「天★」
杉並区梅里1-21-17
03-3311-0548

関連記事

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

小左衛門

いいなあ~小左衛門!
ワタシも好きで、5種類は飲んだ記憶があります。
以前、何度か行った大塚の蒼天の定番酒が小左衛門で、店主と女将さんは蔵元へ足を運んでいると聞きました。
蒼天は超人気店になってしまったので、なかなか足を運べなくなっちゃったのですが、天★もその予感ありですかね。
天★はたしか華もだんが載ったダンチュウにでてましたね。

| 散歩の達人 | 2009/09/25 07:29 | URL |

今度こそ(^^;)

“光が丘”の方にいっちゃいましたか
まぁ~それにしても、羨ましいこざえもんは私も大好きデスよ~
あても美味しそうだし
いいなぁまのあさん

| 石神井組 | 2009/09/25 07:50 | URL |

はじめまして
いつも読み逃げしてますが失礼します。
天★私も行ったことありますが御主人が素敵ですよね。
織部の俎板皿は石神井の鯵ぽた屋さん?
蒼天の酒器もそうだったような・・・
美郷錦の純米おりがらみは飲んでみたいです。

| ナンコツ | 2009/09/25 08:06 | URL | ≫ EDIT

天★さん、こんな小さなお店だったとは知りませんでした。
最近、有名だからもっと立派な店構えかと勝手に思いこんでいました。

ガオカシリーズ
ひばりヶ丘、光が丘と来たら、
今度は「狭山ヶ丘」まで行かないように気をつけて下さいね(笑)

| ばるべにー | 2009/09/25 16:52 | URL | ≫ EDIT

Re: 散歩の達人さま

私もおそらく5種ぐらいは飲んでると思うのですが、これほど多くの種類を見たのは初めてです。
大塚の蒼天は、先日2号店も出したようですね。
天★は3倍に広がるらしいので、入りやすくなるのではないでしょうか。
dancyu効果、恐るべしです。

| Manoa | 2009/09/25 18:41 | URL |

Re: 石神井組さま

やっちゃいましたよ。
しかも改札から出てしまったとは、我ながら不覚です。
日本酒が何十種も揃う日本酒会より、一つの蔵でいろいろ飲んだ方が楽しいです。
しかも蔵元を入れて8人とは、ぜいたくな会でした。

| Manoa | 2009/09/25 18:44 | URL |

Re: ナンコツさま

はじめまして。
私もこの皿は鯵ぽた屋かなと思いましたよ。
後から店主に確かめようと思いつつ、飲んだらコロッと忘れてました。
鯵ぽた屋の営業力はスゴイですね。
バイオリンラベル、美味かったですよ。

| Manoa | 2009/09/25 18:47 | URL |

Re: ばるべにーさま

私は小さな店とは聞いていたのですが、こんなに手作り感あふれる店とは思いませんでした。
歩道から店の奥まで丸見えなので、初めて訪れる人でも入る前から雰囲気がつかめます。
ああ、狭山ヶ丘がありましたね。
充分気をつけます。

| Manoa | 2009/09/25 18:51 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。