PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤プリで30杯

赤坂グランドプリンスで、「長野の酒メッセin東京」なるイベントがあると聞いた。
長野県には100もの酒蔵があり、そのうちの80蔵が600種類ほどの日本酒を持って集結するらしいのだ。
明るいうちから赤坂に急ぐ。

プリンス外0018

プリンスロビー0012

プリンス案内0022



会場の別館はきっと旧館の近くだと見当をつけ、早足で日本酒に向かう。

プリンス旧0019

プリンス酒案内0006



平日の早い時間だから、きっと空いているだろうとの予測は外れ、会場は熱気ムンムンの超満員だ。

プリンス会場0014


着物を着て来場すると500円引きになるらしいので、和服美人を期待していたのだが、和服と言うより浴衣の男が目立つだけだ。
和服の女性は無料にして、お土産付きにするぐらいやらなきゃダメだよね。



長野県は広いだけあって、およそ100の蔵が10のエリアに分かれている。
以前池袋の「おまた」で飲んだ印象が強烈な勢正宗(いきおいまさむね)や、私好みの酒「水尾」がある中野エリア。
勢正宗はラベルもユニークだが、ブースに立っているオジサンもかなり個性的だった。

プリンス勢0016



水尾はポットに燗酒を用意していたのが嬉しい。
冷めてたけどね。

プリンス水尾0023



小布施に行った際に一服した「小布施堂」や、「蔵部」、「傘風楼」といった店は、桝一市村酒造が経営している。
この蔵は金髪碧眼の米国人女性セーラ・カミングスさんが立て直し、小布施の町おこしにも大いに貢献していることでも有名だ。
ボトルもなんだかカッコいいし、飲んでも美味い。
この桝一市村や、蔵を見に行った「遠藤酒造場」は長野エリアだ。

プリンス升一0017



上田エリアでは名前に惹かれて「福無量」を試飲し、佐久エリアでは飲み慣れた「佐久乃花」と、時々田無の酒屋で購入する「明鏡止水」をいただく。

プリンス佐久0015

プリンス明鏡0020



一つの蔵で2、3種飲んだりするから、試飲グラスは小さくてもいい気持ちになってきた。
諏訪エリアでは、地元の日本料理店「海音」の定番酒「御湖鶴」と、居酒屋たけしの準定番酒「豊香」を飲む。

プリンス御湖0004

プリンス豊香0024



伊那エリアでは、おたまじゃくしラベルの今錦と、最近どこかで飲んだ信濃鶴。

プリンス今錦0013




いいなあ、純米酒ネクタイ。

プリンス信濃鶴0003




飯田エリア唯一の蔵「喜久水酒造」で風越と猿庫の泉、木曽エリアでは七笑と木曽路「九郎右衛門」を飲む。

プリンス北安曇0001

プリンス木曽路0021




松本エリアの笑亀酒造は、ワイン風ボトルを出品していた。

プリンス笑亀0005

北安曇エリアで大雪渓を飲み、一通りの巡回を終える。
30種は飲んだはずなのだが、それでも出品された酒の5%程度を試したに過ぎない。
味見だけして吐き出すバケツが置いてあったが、酒を吐き出すなんてことはできない私は、これぐらいがちょうどいい量だ。
つまみ無しの立ち飲みだから、疲れも出てきた。
日本酒会第二部に行くため、赤坂の町に繰り出したのだ。


関連記事

| 赤坂・乃木坂 | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

ネクタイ、いいですねー!
ワイン風ボトルも素敵♪

若い人に媚びた、ヘンな「飲みやすさ」じゃなく、
本物の味のまま、

でも、こんな風に、新しくて親しみやすい顔つきで
日本酒が展開してくれたらうれしいなぁ、と思うのでした。

第二部へつづく♪(!?)

| にゃんとも(うさ子) | 2009/05/24 00:10 | URL |

うはは・・

長野だけで100ですかぁ。やはり日本酒ってすごいi-197
でも、こんな会に参加する時って・・・わくわくしますよね~i-278
更に、そこで思いのほかフレンドリーな蔵元さんに出会ったりすると、とっても嬉しかったりしますi-228
つまみで胡瓜と味噌くらい有ると、嬉しかった感じですかねぇi-235

| 石神井組 | 2009/05/24 07:17 | URL |

Re: にゃんとも(うさ子)さま

まさに私にピッタリのネクタイでしょ。
大手酒造メーカーが、若い人や女性向けにヘンな日本酒を出してますが、ますます日本酒離れを起こしそうな味でした。
この日も少しヘンな酒が出てましたけどね。

| Manoa | 2009/05/24 10:12 | URL |

Re: 石神井組さま

ワクワクはするのですが、つまみなしの立ち飲みですから、オジサンにはツライです。
やはりゆったりと美味いものをつまみながら、自分のペースで飲むのが一番ですね。

| Manoa | 2009/05/24 10:14 | URL |

こんにちは。
長野県木曽福島に母の実家があるので、馴染みのある「七笑」の文字に思わずコメントしました。
七笑は小さい頃は熱燗で父達が飲んでいるイメージだったのですが、最近は種類も増えたみたいですね。
もし、木曽に行くような事があったら、日本酒ではないのですが・・・是非「くるまや蕎麦」へ立ち寄ってみて下さい。美味しいですよ。
亡くなった祖母は旅行やなんかで木曽を離れるときは、必ず前日にくるまや蕎麦に行くほどでしたから。
(あ~、、でも山に囲まれた田舎で食べるから絶品って事もありますけどね~)

| yuki | 2009/05/24 12:02 | URL | ≫ EDIT

大盛況でしたね。
お酒じゃなく、人に酔いましたe-443
Manoaさん、やはりいらしてたのですね。
お会い出来ず、残念・・・

| kokanee | 2009/05/24 15:56 | URL |

赤プリで30杯!なななんと羨ましくも恨めしい(*^_^*)
Manoaさんのアンテナの感度と行動力にモニターの前で
よだれを飲み込んでいます。(失礼します)

日本酒は杜氏の高齢化で古き良き味を楽しめるのは今だけ
などと言う人もいます。Manoaさんのようにたくさんの経験を
積んだ方がブログで日本酒の記事をアップすることで日本酒を
知らない人たちが興味を持って日本酒を楽しもうと思うようになると
いいのですけど。

庶民には本醸造が普段着のようなもの。リキュール(発泡性)を
やりながらパブタイムにおじゃましました♪


| SCHOP | 2009/05/24 18:13 | URL | ≫ EDIT

Re: yukiさま

二年ほど前に木曽近くをドライブしましたが、七笑の文字が目立ちましたね。
東京からはかなりのロングドライブだったので、相当疲れた記憶があります。
くるまや蕎麦。
機会があれば訪れてみますね。

| Manoa | 2009/05/27 05:49 | URL |

Re: kokaneeさま

有料イベントだったので、もっと空いてると思ったのですが、甘かったです。
kokaneeさんも日本酒イベントに出かけられるとは、体調完全復活ですね。
どこかの店で、料理を食べながら飲む日本酒会の方が、やっぱりいいと再確認しました。

| Manoa | 2009/05/27 05:53 | URL |

Re: SCHOPさま

30杯と言っても、小さな試飲グラスに少しですから。
でも写真を撮らない蔵でも飲んだので、30杯を越えていたかもしれません。
最近は若い杜氏も頑張っているので、美味しい酒が増えすぎて困ってしまいますよ。
全国制覇の道は遠いです。

| Manoa | 2009/05/27 05:57 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。