PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蘇る青春の清里(オーチャードハウス)





勝沼町のシャトー勝沼、サントリー白州醸造所、北杜市の武の井酒造とミサワワイナリー。
一泊二日で4箇所回るために、清里で宿を探すことにした。
バブル時代に大いに栄えた清里は、爽やかな青春のイメージなので、オジサンオバサンには向いていないのではないかと躊躇したが、あえてペンションブームの草分けであるオーチャードハウスを予約する。
シャトー勝沼を出てからサントリーの白州醸造所を見学し、深い霧に包まれた高原の道を走って清里に向かう。


077549.jpg




オフシーズンの清里は閑散として、雨のせいか通行人を見かけない。
日暮れ前にオーチャードハウスに到着したが、疲れで肩こりがひどくなる。


077560.jpg


077561.jpg


077936.jpg





メゾネット式のスイートルームに案内され、風呂に入って軽く寝ると、少し疲れが取れて身体が軽くなった。


077937.jpg


077939.jpg











夕食は同宿の女性たちとダイニングルームで取る。


077565.jpg


077567.jpg




昼間は飲めずに我慢を強いられたので、ここぞとばかりにオーナーが勧める北杜市のワインを次々に飲む。


077569.jpg


077570.jpg


077568.jpg


077571.jpg


077572.jpg


077573.jpg


077574.jpg


077575.jpg




食後のコーヒーは暖炉脇のソファーに移動して。


077564.jpg


077562.jpg



八ヶ岳山麓の宿は、標高1,000m以上に位置するから、暖炉の火が心地いい。
思わず疲れと酔いで、居眠りしてしまうのだ。


関連記事

| 山梨 | 11時37分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。