PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前衛的地方料理(レヴォ)




富山の宿を笹津に決めたのは、ここのメインダイニングであるrevo(レヴォ)の料理を食べたかったからだ。
富山の海と山の幸を使い、富山在住の作家たちの器で供される、フレンチの技を使った料理は、写真でしか見たことがないが、わざわざ行く価値がありそうだった。
平日なので貸切り状態の温泉に入り、浴衣でもいいとは言われていたが、ジャケットを着てからレヴォに行く。


l92936.jpg


l92934.jpg


5997328.jpg




川に面した窓際のテーブルが用意されていた。


l92939.jpg


5997333.jpg





かなりシンプルなテーブルセッティング。
カトラリーとメニューは、テーブルの引き出しにセットされていた。


5997335.jpg


l92940.jpg





日本酒とワインがグラスで数多く用意されているので、いろいろな種類を試せるのが嬉しい。


l92942.jpg


l92950.jpg


l92993.jpg


l92951.jpg


l92988.jpg










器も演出も楽しい料理が次々に供される。


l92944.jpg


l92955.jpg


l92953.jpg


l92977.jpg


l92947.jpg


l92991.jpg


l92982.jpg


l92979.jpg


l92994.jpg




メニューに載っている日本酒6種を全制覇し、隠しも2種飲んでからデザートを食べる。


l92996.jpg


l92998.jpg





さすがに5合ほど飲んだので眠くなり、部屋に戻って羽根屋を一杯だけ飲んで撃沈したのだ。


l97044.jpg


関連記事

| 富山 | 00時08分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。