PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界遺産が二つある街





この日は世界遺産を4つ見学する、走行距離600kmの超ハードな一日だ。
ポン・デュ・ガールから、約230km離れたカルカッソンヌに向かう。
古代ローマ時代に造られた城塞都市カルカッソンヌには、世界遺産が二つある。
最初にカルカッソンヌ駅近くに流れる、世界遺産ミディ運河の畔を散策する。


c20981.jpg


c21019.jpg


c21015.jpg





フランスの地図を思い浮かべると、大西洋と地中海の二つの海に面していることがわかる。
鉄道も車も無かった時代は、人や物資を大量に運ぶためには船が使われており、大西洋側から地中海側に行くためにはイベリア半島を回り、ジブラルタル海峡でスペインに通行税を払う必要があった。
そこで大西洋に注ぐガロンヌ川のトゥールーズで水路を分岐し、地中海に繋げる運河の建設が、ルイ14世時代の1666年から国家プロジェクトとしてスタートした。
この運河が完成すれば、移動距離が3,000km短縮でき、スペインに莫大な通行税を払う必要が無くなる。
工事は難航を極め、約30年後の1694年に全長240kmのミディ運河が完成した。
この運河の完成により、流域にあるボルドー、サンテミリオン、ラングドックのワインが飛躍的に伸びたと言われている。


c20998.jpg




高低差のある土地に通した人工的な運河だから、途中に水門が設けられ、船の通航を助ける仕組みになっている。


c20997.jpg


鉄道の出現によって運河は役目を終え、今では観光船が通るのみだ。







「カルカッソンヌを見ずして死ぬなかれ」とフランスでは言われるほど、この城塞都市は長い歴史の建造物を持つ。
現在は国境が移動したが、昔はこの街がスペインとの国境にあった。


c21018.jpg


c20986.jpg


c20982.jpg




城塞の中を歩く。


c59684.jpg


c69239.jpg


c21016.jpg




攻めてきた敵に石を落とし、ボウガンで矢を射る、昔の戦い方がわかる造りだ。


c20999.jpg


c20984.jpg


c20985.jpg




血なまぐさい歴史の彫刻がある教会を見学し、平和な土産物屋でワインや菓子を買う。


c21001.jpg


c21002.jpg


c21003.jpg


すでに陽が落ちかかってきた。
ここから300km走り、スペインとの国境を越えてバルセロナに向かうのだ。




| Carcassonne | 03時22分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。