PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松尾さんから嵐山



五世紀のころ、優れた土木技術を持った秦一族が、朝廷の招きで朝鮮半島から渡来し、京都の松尾山周辺に移住した。
彼らは河川を治め、農産林業を興し、松尾山の神霊を一族の氏神とした。
室町時代には酒造業も始め、秦一族の酒が美味しいのは、松尾さんのおかげと評判になったと言う。
今でも全国の蔵元がお酒の神様として参拝する松尾大社に、酒を商う者としては行かねばなるまい。
古都の旅二日目は、阪急電車に乗って松尾大社駅に向かう。


m19768.jpg


m19765.jpg


m19766.jpg





松尾大社は、背後の松尾山を含めて12万坪もの広大な境内を持つ。
まずは本殿に参拝。


m19767.jpg


m19769.jpg


m19770.jpg


m9819.jpg


m19771.jpg



社務所から曲水の庭を抜け、霊亀の滝に辿り着く。


m9820.jpg


m9822.jpg




全国の蔵が造り水に混ぜるという御神水を汲む。


m9821.jpg









時刻は昼時になってきた。
また阪急電車に乗って、終点の嵐山に行く。


a19849.jpg




ここは修学旅行生が群れをなしている。
土産物店が並ぶ通りを歩く舞妓さんや和服の男女は、高校生のコスプレばかりだ。


a19851.jpg




可もなく不可も無いランチを食べ、寺院巡りをする。


a19850.jpg




世界遺産の天龍寺、獅子吠の庭が有名な宝厳院、幕末の志士の刀傷が残る弘源寺を回ると、ぐったり疲れてきた。


a19852.jpg


a19853.jpg


a19854.jpg


a19855.jpg


a19856.jpg


a19857.jpg




JR駅の近くにある、クラシックな喫茶店で一服。
京都には個人経営の喫茶店が多く残っているから嬉しい。


a19858.jpg


ホテルに戻って昼寝し、夜の活動に備えるのだ。


関連記事

| 京都・大津 | 09時17分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。