PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マウイで零度



マウイ島の深夜3時。
ごそごそと起き出し、成田空港で買ったユニクロのダウンジャケットに着替えて、ホテルの玄関に行く。


h9173.jpg




迎えに来ていた日本人ツァーガイドの車に乗り、ハワイ語で太陽の家を意味するハレアカラ国立公園に向かう。
夜半から激しい雨になり、気温がどんどん下がってくる。


h9174.jpg




標高2500mを越えた辺りで雨雲を突き抜け、頂上付近にあるビジターセンターに到着。


h9175.jpg




ハレアカラは1790年に最後の噴火をした、世界最大の休火山だ。
ここでレンジャーの説明を聞き、気温0度の外に出て夜明けを待つ。


h9176.jpg


h91906.jpg


h96432.jpg






やがて雲の下から太陽が現れ、クレーターが刻々と色を変え始める。


h96433.jpg


h96434.jpg






車で別のビューポイントに移動する。


h9178.jpg


h96447.jpg


h96446.jpg


h9177.jpg





ここハレアカラ国立公園には、年間140万人もの人が訪れるらしく、かつてはクレーターが銀色に染まるほど繁茂していた高山植物の銀剣草も、今では絶滅寸前になって保護されている。


h96436.jpg


h96435.jpg





同じく保護されているハレアカラ固有の鳥ネネにも出会えた。


nene19077.jpg





視線を下に移すと、水着やアロハで観光客が過ごすビーチが見える。


h96448.jpg








早朝6時20分の日の出を見て、2時間後にはホテルに戻り、朝食を食べに行く。
ハレアカラとは全くの別世界だ。


h9179.jpg


h9181.jpg





いかにもアメリカな朝食。


h9180.jpg


ch6762.jpg


ch6765.jpg


ch6767.jpg



気温0度の山頂から、25度のビーチに戻り、ジャンクな朝食が美味く感じるのだ。



関連記事

| Maui | 12時05分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。