PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

休日のお楽しみ(鮨心&はなもに)




昼の仕事を辞めてから半年が経過した。
すっかり満員電車に耐えられない身体になってしまったので、たまに都心に飲みに行くと、帰りのラッシュが苦痛だ。
たまに飲みに行く店は、徒歩圏内の地元か、タクシーを使っても3千円以内の中央線沿線がほとんどになった。
ところが私の誕生日に近い休日に、妻が予約した店は神楽坂の寿司屋だと言う。
少々面倒な気もするが、寿司の魅力に負けて有楽町線に乗った。
目的の店「鮨心」は、毘沙門天裏の雑居ビルにある。
階下は大衆的な飲食店だが、階段を上がると一転していい雰囲気の空間だった。


ko58889.jpg


ko58892.jpg





最初にビールを頼んで、店主に日本酒の品揃えを聞くと、この日は6種用意していると言う。
安心してつまみをおまかせで出してもらう。


ko519010.jpg


ko40641.jpg


ko40611.jpg


ko40615.jpg


ko40616.jpg


ko40608.jpg


ko40613.jpg


ko58880.jpg



店主も女将も気さくだし、酒もつまみも美味いし、幸せな時間が過ぎて行く。











腹に余力を残して握りに移行する。


ko40620.jpg


ko58871.jpg


ko58884.jpg


ko58878.jpg


ko58875.jpg


ko40617.jpg


ko40618.jpg


ko58886.jpg





すっかり満腹になったが、せっかくの休日だからもう一軒を目指す。
本多横町の入口にある「はなもに」だ。


mo62086.jpg


mo62087.jpg





筑土八幡町の「華もだん」の二号店なので、はなもに。
スナックの居抜きだから、昭和レトロの雰囲気が懐かしい。
種類は少ないが、日本酒も美味しいのが置いてある。


mo62088.jpg



またもや幸せな気分になって飯田橋駅に向かうが、終電間際の満員電車ですっかり現実に引き戻されたのだった。



関連記事

| 神楽坂・飯田橋 | 01時56分 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

神楽坂

こんにちは。
私は後楽2丁目でしたので、同郷に近いManoaさんであれば同じ感慨かと思いますが、私が知っている神楽坂とは一変しました。
よく白銀公園近くの駿河屋に行きましたが、ご存知ですか?

私が神楽坂に通っていた時代は、12時過ぎると真っ暗でした。若い芸子さんが歩いていたりして。

しかし、今は美味しそうなお寿司屋さんやお蕎麦屋さんが立ち並んで、雰囲気も良いですね。
私も帰りの事を考えてしまって、あちらは敬遠している今日この頃です。

| 食幸 | 2013/11/05 00:37 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。