PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長ーい一日(南部美人・陸奥八仙)


朝から日本酒、ワイン、ビールの試飲をして、車に乗った途端睡眠する女二人を乗せ、私は黙々と二戸に向かう。
南部美人はまだ仕込みの真っ最中で、従業員もフル稼働していた。
杜氏さんに案内してもらい、造りの工程をすべて見せてもらう。


nino03.jpg


nino04.jpg




そしてまた東北自動車道に乗って八戸へ。
いよいよ本州最北端の県に突入だ。
まずは八食センターに土産を買いに行く。


nino05.jpg


nino06.jpg


nino07.jpg


nino08.jpg


nino15.jpg





ここでは30分しか時間を取れないので、早足で買い物してから、自宅に発送の手配をする。


nino09.jpg




あわただしくホテルにチェックイン。
どんどん荷物が増えているので、車からスーツケースを降ろすのが大変だ。


nino10.jpg




ホテルの一階に入っているローソンを覗くと、明らかに東京とは置いている物が違う。


nino11.jpg








そもそも東北縦断酒蔵ツァーを思いつくキッカケになったのが、八戸酒造からの「新酒を楽しむ会」のお知らせだった。
会場であるプラザホテルアーバンホールに向かうと、すでに地元民たちが大勢集まっている。


nino12.jpg


nino13.jpg





受付を済ませると、最初に利き酒コーナーに案内された。
5種類の陸奥八仙を飲み、銘柄を当てるクイズ用紙を手渡される。
2種類はサービス問題でハッキリわかるが、残り3種類は味と香りが似ていて悩む。
クイズ用紙を提出して会場に入ると、八戸市民の大半が居るのではないかと思うほど盛況だった。
なんと640人も参加していると、八戸酒造社長の挨拶でわかる。


nino14.jpg


nino16.jpg




陸奥八仙、陸奥男山、陸奥田心のほぼ全種を飲みながら、北の幸を楽しみ、テーブルで相席になった地元企業の方たちと話す。
いよいよ利き酒クイズの正解発表がある。
秘かに自信があったのに、私は一問目から玉砕してしまった。
ところが妻は全問正解しているではないか。
640名中で7人しか居なかった正解者はステージに上がり、駒井専務から表彰状と純米大吟醸を頂く。


nino02.jpg




ドヤ顔の妻であった。


nino17.jpg



関連記事

| 青森県 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。