PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人の社会科見学(蔵元創作料理天青)




子育ても親の介護も終わった、私より少し上の年代は、女性たちがかなりパワフルだ。
時間も体力も気力もあり、元気が無くなりつつあるダンナと別行動で遊びに行っている。
そんな女性たちと9人で、箱根一泊旅行に行くことになった。
宿の食事以外の遊びとランチは、私が企画担当になっている。
初日は練馬を朝10時に出発し、海老名SAで合流して、茅ヶ崎の熊澤酒造に行くことにした。
蔵に併設された「蔵元創作料理 天青」でランチを食べ、五十嵐杜氏に蔵を案内してもらう素敵なプランだ。


ten20161.jpg





広い駐車場に車を停め、敷地内に入って湘南ビールの醸造所横を通る。
左手はベーカリーで、右手がイタリア料理のトラットリア・モキチだ。


ten20158.jpg


ten20157.jpg


ten20186.jpg





湘南の空は天青の名前の通りに晴れ、雰囲気がいい建物が並び、食事の前から楽しい気分になってくる。


ten20165.jpg


ten20167.jpg


ten20170.jpg


ten20174.jpg


ten20147.jpg


ten20176.jpg


ten20188.jpg







練馬から茅ヶ崎までは私が運転して来たが、ここから箱根までは最年長の女性が代わってくれると言う。
喜んで何を飲むか、しっかりと冷蔵庫をチェックした。


ten20177.jpg


ten20168.jpg


ten20129.jpg




米の倉庫をリノベーションした店内は、かなり雰囲気がいい。


ten20151.jpg


ten20153.jpg


ten20154.jpg





蔵が見える大テーブルに案内され、2名のドライバー以外は湘南ビールで乾杯する。


ten20175.jpg


ten20122.jpg





予約していたコース料理が、タイミング良く運ばれてくる。


ten20179.jpg


ten20180.jpg


ten20183.jpg





人数が多いので、天青はボトルで持ってきてもらう。


ten20127.jpg


ten20132.jpg


ten20182.jpg


ten20181.jpg





昼間から美味しく酒を飲めるとは、本当に幸せな時間だ。


ten20173.jpg


ten20138.jpg




明治5年(1872年)創業の熊澤酒造は、先代までは新潟から越後杜氏を呼んで、ありふれた安価な酒を造っていたらしい。
やがて多くの日本酒蔵と同じく廃業の危機に陥り、後を継いだ現在の六代目当主が、越後杜氏を排して社員杜氏を採用し、平成13年に天青ブランドを立ち上げたのだ。
東京農大で醸造学を学んで熊澤酒造に入社した五十嵐杜氏に、食後に蔵を案内してもらう。


ten20169.jpg


ten20288.jpg



蔵見学の後は、天青、湘南ビール、酒器、食器、酒粕、パンなどを大量購入し、箱根に向かったのだ。



| 茅ヶ崎 | 16時40分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。