PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大正8年の喫茶去(快生軒)





今から30年近く前、仕事の関係で日本橋、茅場町、人形町辺りを定期的に訪れていた。
洋食の小春軒、芳味亭、来福亭や、親子丼の玉ひででランチを食べ、快生軒で食後のコーヒー飲むのが楽しみだった。
実際に食べてみると、すごく美味いとは感じなかったのだが、客層や雰囲気が醸し出す老舗感を満喫できた。
先日は夕方に小伝馬町での打ち合わせを終え、久しぶりに人形町の快生軒に行ってみる。


kai7268.jpg




快生軒は大正8年(1919年)、隣りの来福亭は明治37年(1904年)、玉ひでは宝暦10年(1760年)の創業だから、100年未満の店はまだまだ子供みたいなもんだ。


kai7250.jpg


kai7271.jpg



その他にも人形町を少し歩いただけで、老舗を見ることができる。
私が昔行った芳味亭は昭和8年(1933年)、小春軒は明治45年(1912年)、料亭の玄冶店(げんやだな)濱田家は大正元年(1912年)、人形町今半は明治28年(1895年)、粕漬けの魚久は大正3年(1914年)の創業だ。
私が住む練馬区は歴史が浅い店ばかりだから、人形町に来ると歩くだけでも楽しい。









もしかすると改装されているのかもしれないが、30年ぶりの快生軒は昔の記憶のままだった。


kai7253.jpg


kai7943.jpg





昔のままだから禁煙なんてことは全く無く、喫煙率は高いし、吸わない人も煙を気にしていない様子だ。
コーヒー、紅茶は450円、浅草ペリカンのパンを使ったトーストは200円だ。


kai7270.jpg



永久保存しておきたい空間で、しばし寛いで過ごしたのだ。



関連記事

| 日本橋・人形町・東京 | 11時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

いいですよね~!
ちょうど昨日、小学生の息子を玉ひでやたい焼きの柳屋にまだ連れて行ってないと気づいて近々の人形町散策を計画していました。
随分前快生軒に行った際には寅さんに出ていた恰幅のいい女優さんをお見かけしてなんともあったかい気分になりました。
そうそう、あまりに煙くて長居できませんでした。

| seira | 2013/02/06 17:37 | URL |

日記に綴られたお店の創業を見ると、
ホントに驚く年ばかりですね…!!

戦後から今までの激動の時代の変化にも揉まれず(…たかもしれないですが)
今も残ってるのって素晴らしいです。
今までも各地にある、こういう場所が「区画整理」とかで無くなってきてますが、
人形町の界隈は残って欲しいですね…

| まき子 | 2013/02/06 21:56 | URL | ≫ EDIT

Re: seiraさま

玉ひでは相変わらず行列が絶えないようですね。
柳屋も店内に買い求める列ができてました。
防寒対策をして並んでください。

| Manoa | 2013/02/08 07:06 | URL |

Re: まき子さま

まだまだ老舗はたくさんある町です。
一子相伝で続けるって、日本酒の蔵元と同じで大変に貴重ですよね。
練馬区は歴史が浅いので、10年続いたら老舗ですよ。

| Manoa | 2013/02/08 07:09 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。