PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

意外にいいかも(銀の月)





副都心線が開通する前は、池袋に寄り道することが多かった。
その頃は希紡庵、裏や、あまてらす稲水器など無かったので、日本酒を飲みにチェーン居酒屋に行っていた。
一番多く利用したのは、今は無き「呑菜」だと思う。
その跡地に「八吉」という店ができたが、好みの日本酒が無さそうな気がして、一度も行ったことが無い。
そのうちに「八吉」が「銀の月」という名前に替わった。
ここを利用したことがある妻が、結構料理が美味しかったと言うので、久々に池袋で途中下車した。
群がる居酒屋の客引きを振り切って、元「呑菜」に向かう。
一升瓶の写真を撮らなかったが、たぶん黒龍とビールから。


g82084.jpg




食べないと損しますと書かれていた、子持ち昆布の串揚げ。
なかなか美味いが、損はしないと思う。


g82168.jpg




刺身の盛り合わせ。


g60983.jpg







手取川飛露喜、一ノ蔵の掌などを呑む。
升にグラスを置いて、注ぎこぼすスタイルの店は多いが、テーブルに日本酒が垂れるから、私は好きではない。
ナミナミ注がれたグラスに、女性が口を近づけなきゃいけないのも、見た目が良くないし。


g82166.jpg


g60982.jpg


g82083.jpg





自家製の薩摩揚げと、かぶと煮に加え、鮭といくらの親子丼まで食べてしまう。


g60986.jpg


g60984.jpg


g82169.jpg



日本酒の品揃えはぎりぎりセーフで、料理は良かった。
人数が多い時には使える店なのだ。


関連記事

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。