PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偶然の食卓(八献)




季節ごとの食材を、目でも舌でも楽しめる日本料理と日本酒の組み合わせが好きだ。
この日は妻が吉祥寺で買い物がしたいと言うので、夕食は東急裏の八献で食べようかと思っていた。
すると妻の友人から電話が入る。
姪と吉祥寺で食事することになったので、落ち着ける和食店を教えてくれと言うのだ。
それならば一緒に八献に行こうと、4名の予約を入れる。


h769329.jpg




友人の姪とは一度会ったことがあるのだが、長身の独身美人姉妹で、しかも二人とも医師だった。
今夜は27歳の妹が来ると言うので、ワクワクしながら店に行く。
落ち着く半個室に案内される。


h769332.jpg


h769374.jpg


h769335.jpg





まずビールと、お通しのあんきもムース。
料理はいつものおまかせコースをお願いする。


h769350.jpg


h769361.jpg


h769337.jpg








妻を含めた女性3人は、普段はワインを多く飲むらしいのだが、嬉しいことに日本酒も好きだと言う。
120ccで1,000円から2,000円する純米大吟醸のページはスルーして、純米と純米吟醸を次々に飲む。


h769336.jpg


h769339.jpg


h769351.jpg


h769353.jpg


h769358.jpg


h769357.jpg


h769356.jpg


h769354.jpg





料理の合間に、おそらくこのページを3周ぐらいしただろうか。


h769362.jpg


h769363.jpg


h769364.jpg


h769341.jpg


h769365.jpg


h769366.jpg


h769367.jpg




3,850円のコースでも充分満足できる。
すっかり腹も心も満たされたので、炊き込みご飯と薩摩芋のアイスクリームを出してもらう。


h769342.jpg


h769368.jpg


h769369.jpg



人生の折り返し点を過ぎ、黄昏に向かっている私は、美酒美食美人が無いと枯れてしまう。
今夜も老化を食い止めることができたのだ。



関連記事

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。