PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

るみ子と酒(神田新八)






1988年に「夏子の酒」という漫画の連載が開始された。
日本酒蔵に生まれた夏子が、兄が急死した後に実家に戻り、幻の酒米を復活させ、様々な問題を乗り越えて日本一の酒造りを目指して行くストーリーだ。
まだTVCMをやる大手メーカーの酒がほとんどだった時代に、三増酒や酒米の問題提起をした漫画だったように思う。
和久井映見主演でテレビドラマにもなった漫画の原作者は、尾瀬あきらさんだ。
尾瀬さんは神田新八の常連でもあるらしく、店内に色紙が飾られている。


ks09291.jpg


ks09292.jpg





三重県の森喜酒造場が作る「るみ子の酒」は、尾瀬あきらさんがラベルを描いている。
関西では探偵ナイトスクープに出た発泡酒が、爆発酒としても知られているらしい。
その森喜酒造の酒と、料理と江戸情緒を楽しむ会が、神田新八で開催された。


k749946.jpg


k749960.jpg




森喜酒造からは、るみ子さんとご主人に加え、東京農大に通う可愛い娘さんまで参加している。


k749956.jpg


k749950.jpg




色がきれいな紫蘇酒で乾杯する。


k749953.jpg


k749961.jpg












会の名前通りに、酒と料理を楽しむ。


k749964.jpg


k749954.jpg


k749955.jpg


k749965.jpg


k749963.jpg




今夜のもう一つのお楽しみが始まる。


k749968.jpg


k749951.jpg





るみ子さんにお酌してもらい、松茸ご飯を食べ、じゃんけん大会に燃える。


k749957.jpg


k749966.jpg


k751797.jpg





楽しい会を終えて地元駅に戻ると、小腹が減っている。
つい喰酔たけしの階段を上がり、少々飲んでから自家製うにいくら丼で〆る。


k749967.jpg



おいしく楽しい秋の夜長なのだ。



関連記事

| 神田 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。