PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絶景アフタヌーンティー(Rose Town Tea Garden)





昭和レトロな青梅市街を通り抜けると、青梅街道はさらに鄙びて明治、大正、昭和の雰囲気になってくる。
裏宿の辺りで、わせいろう榎戸と、おいしい蕎麦屋が左手に出現する。
日向和田の駅を過ぎると、神代橋の交差点にあるのが「へそまんじゅう本舗」だ。
さらに車を進めると、素敵な洋館が現れる。
本日の目的地Rose Town Tea Garden(ローズタウン・ティーガーデン)だ。


r710227.jpg


r710248.jpg




以前は結婚式場だった洋館に、今は米国人のタウンさん一家が住んで、初夏の頃から土日限定のティーガーデンをオープンしているのだ。


r710250.jpg


r710252.jpg


r710251.jpg




爽やかなイケメン青年に迎えられて、まず入り口で紅茶を選ぶ。
瓶のふたを取って香りをかぎ、京都煎茶チェリーローズと、秋のスパイスティーに決める。


r710274.jpg




多摩川を臨むテラス席に出る。


r710254.jpg




左手には神代橋、眼下にはカヌーが遊ぶ多摩川が見える。


r710258.jpg


r710260.jpg


r710262.jpg


r710256.jpg






 




サンドイッチ、デザート、スコーンに、先ほど選んだ紅茶がつくローズガーデンティセットと、これにスープとサラダがプラスされるプリンセスへザーティセットをオーダーした。


r710281.jpg


r710282.jpg




車内の温度計は30度を超えていたが、多摩川沿いのテラス席は過ごしやすい。
おそらく都内より2度か3度は気温が低いはずだ。


r710264.jpg




イケメン青年の母親と嫁さんが、スープとサラダを運んでくる。
料理はすべて母親の手作りだそうだ。


r710276.jpg


r710279.jpg




そして三段トレーが登場する。


r710283.jpg


r710271.jpg




近くの山に雨が降り始め、やがて雨雲がこちらに移動してくる。
雨と川の音を聞きながら、サンドイッチやスコーンを楽しむ。


r710266.jpg


r710269.jpg


r710270.jpg




いつの間にか雨が上がったので会計にする。
ティールーム、コンブリオ、木の葉パンと、青梅には都心では有り得ないロケーションの店が点在しているので、多摩ドライブは楽しいのだ。


r710272.jpg



関連記事

| 青梅市 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

すてきだぁあああ、すてきすぎる!
お茶も、スープやサラダも、インテリアも!
元・結婚式場な洋館に暮らしてしまうというのもすごいけど
ありなんだなぁと思いました。

イケメン青年のお嫁さん、かわいいくて悔しいですが納得です(笑)

| にゃんとも(うさ子) | 2012/09/19 11:13 | URL |

Re: にゃんとも(うさ子)さま

建物も素敵ですが、ロケーションが最高なんですよ。
日本人親子が住んでも、似合わないような気がします。
お母さんも美人でした。

| Manoa | 2012/09/19 21:18 | URL |

びっくり!

地元民もびっくり!結婚式場だったあそこがそんなことになっていたんですね。(旦那の友達でも何人かそこで挙げた人いるのに・・・)ベビーカーの写真もあったから、子供連れでも行けそうな雰囲気ですね。洒落たアフタヌンティーはイギリスに住んでいたときを彷彿とさせます。素敵ですね^^ いやぁ、でもびっくり!

| kevi-remo | 2012/10/04 21:50 | URL | ≫ EDIT

Re: kevi-remoさま

どうやらこの一家はここに住んでいるようですよ。
元結婚式場に住んで、店まで始めてしまうとは、日本人の感覚ではないですね。
ご存知のように環境は最高です。
紅葉の時期は素晴らしいでしょうね。
子連れ客も多かったので、ぜひ。

| Manoa | 2012/10/05 14:45 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。