PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜はこれから(uraCONA & alphabet soup)





池袋のメトロポリタンで行われた「いわて酒物語2012」でお会いした、北上市「喜久盛酒造」の藤村社長から、おもしろい日本酒イベントの案内をいただいた。

「ワイングラスで日本酒を楽しもうin渋谷」

渋谷のバー、カフェ、韓国料理店など11店舗が、岩手、宮城、福島の日本酒とつまみを、1,000円セットで提供すると言う。
藤村社長や他の蔵元も店を回遊し、ワイングラスに日本酒を注いでくれるらしい。
最低でも3軒は楽しもうと、17時スタートに合わせて渋谷に向かう。
最初に選んだのは、一軒だけポツリと離れている円山町のuraCONAだ。


c186165.jpg




ホテル街を歩いて店を探し当てる。


c186162.jpg


c186167.jpg




ここで用意されていたのは、喜久盛のタクシードライバーと、宮城角屋の別格だ。
喜久盛の藤村社長は坊主頭の武道家なのに、作る酒はタクシードライバーとか電氣菩薩とかお茶目だ。
つまみは石巻の鯖マリネが出てくる。


c186198.jpg


c186242.jpg


c186188.jpg



普段はワインを出す店なので、グラスはしっかりとボウルのサイズが大きく、香りも楽しめる。
青魚好きとしては、順調なスタートだ。








uraCONAで頂いたタイムテーブルを見て、福島県二本松の人気酒造が居るはずの、alphabet soupを二軒目に選ぶ。
人気酒造は日本で一番新しい蔵だ。
同じ二本松の大内酒造と奥の松酒造がタイアップして、新しく立ち上げた蔵らしい。


c286236.jpg




ここでは人気一のスパークリング日本酒を飲み、バーニャカウダをつまむ。


c286210.jpg


c286237.jpg




蔵元から営業副部長が来店していたので、純米大吟醸を試飲させてもらう。


c286208.jpg



二人分2千円だけで、普段はオジサンが入らないような店をお試し体験できるし、蔵元と差しで話せて楽しい。
この店の周辺には参加店が7店舗ほどかたまっているので、全部回っちゃう気になってきたのだ。


関連記事

| 渋谷・池尻大橋・駒場東大前 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。