PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10年ぶりの保谷飲み(すし割烹 福原)





かつて保谷駅近くに、なんと1,600坪の敷地を有する中華料理店「保谷武蔵野」があった。
元は昭和初期に建てられた豪農の屋敷だったらしく、かぶき門や鯉が泳ぐ池があり、なんとも贅沢な造りだった。
はっきり言って味は残念レベルだったが、夏になると広い日本庭園がビアガーデンになるので、二回ほど飲みに行ったことがある。
10年ほど前に保谷武蔵野が閉店してからは、アルカションにケーキを買いに行くぐらいで、夜に保谷駅で降りることは無くなった。

最近ブログ経由で、保谷駅に寿司屋ができたと情報を頂いた。
情報をくれた方自身は入ったことがないのだが、周囲の人の評判がいいと言うのだ。
ネットで検索すると、ヒトサラというサイトに店の宣伝記事が出ている。
つまみの種類が多く、値段も手ごろなので、妻を誘って探検しに行った。


f66119.jpg




暖簾の隙間から店内を覗くと、テーブル席に一組先客がいるだけで、カウンターはガラガラだ。
少々不安を感じながらも店内に入る。


f66120.jpg




開店して一年も経っていないらしいが、外観も内装も古びている印象だ。
おそらく居抜きだろうから、古くても清潔なら気にならない。


f66121.jpg




寿司屋にしてはかなり豊富なつまみのメニューを見る。


f66123.jpg


f66124.jpg




ビールを飲みながらじっくり検討する。


f66138.jpg











貝づくし刺し盛り、小肌のガリ巻き、豆腐サラダ、海老の天ぷらをオーダーする。


f66125.jpg


f66126.jpg


f66127.jpg


f66131.jpg




ボリュームも味も良し。
合間に南部美人じょっぱり澤乃井酔鯨を飲む。


f66140.jpg




さらに菊正宗の樽酒小瓶。
いつの間にかカウンターはぎっしり満席になり、テーブル3卓も、奥の座敷も埋まった。
さらに続けて何組も客が来ては、満席で断られている。
しっかり固定客をつかんでいるようだ。


f66139.jpg




かなり満腹になってきたが、握りを食べずに帰れない。
中トロ、秋刀魚、松茸、トロタクを握ってもらう。


f66129.jpg


f66132.jpg


f66130.jpg




バイトの接客はかなり拙いが、一生懸命は伝わってくるので、常連らしき客たちが「手伝おうか?」などと言っている。
会計をお願いすると、サービスでみかんゼリーが出て来た。


f66133.jpg


小竹向原に続き、タレコミ店が当たりだったので、すっかり嬉しくなったのだ。


関連記事

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。