PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝食のち極楽(Kim'sマッサージ&スパ)




スーパースター・ヴァーゴ3日目の朝。
ベラビスタで朝食を取る。


b2410022.jpg


b2410030.jpg




前日のビュッフェレストランと違い、店内は空いていていい雰囲気だ。


b2410010.jpg


b2410014.jpg


b2410018.jpg




テーブルに着くと、卵料理などのオーダー用紙が置いてある。
チーズ入りのオムレツなどを頼んでから、パンやヨーグルトを取りに行く。


b2410017.jpg


b2410016.jpg


b2410015.jpg


b2410021.jpg


b2410020.jpg


b2410019.jpg




食後のデザートはデッキで潮風に吹かれながら。


v2396893.jpg









やがて船はタイのプーケット島に着く。
昨年の9月にプーケットを訪れた時に、バトンビーチやピピ島のビーチに行っているので、この日はタイマッサージを目的に上陸した。
大阪から来ている3人のオネーサンたちもマッサージに行きたいと言うので、一緒にプーケットタウンに向かうことにする。


k11613.jpg


k2425405.jpg





港には軽トラからワゴン車まで、白タクがぎっしり停まっている。
次々に群がってくる運転手たちと、行先を告げて価格交渉する。
昨年来た時の体験から、プーケットタウンまでの相場は500バーツ(約1250円)ぐらいだと思っていた。
ところが運転手たちは観光や土産物店巡りを含めて、3000とか4000バーツと吹っかけてくる。
大阪のオネーサンたちに値切り交渉させても、ちっともまからない。
やっぱり値切りはオバチャンでないと無理なのか。
やっと片道で1000バーツと言うオニーサンと交渉し、600バーツで妥結して出発する。
普通の乗用車に運転手を含めて6人はキツかった。


k2425406.jpg




ロビンソンの前で下車して、街を見て歩く。


k2425417.jpg


k2425413.jpg


k2425415.jpg




日本人と一目でわかるらしく、次々にタクシーや土産物やマッサージ店の客引きが声をかけてくる。
客引きが提示するマッサージの価格は、3000とか5000とかとんでもなく高いので、自分たちの足とカンで探す。
何軒か見比べたが、どこも表示された価格は2時間で300から500バーツと、客引き提示の十分の一と安い。
少し価格は高めだが、外観がきれいなKim'sマッサージ&スパに決めた。
おそらく韓国系のオーナーなんだろう。


k2425509.jpg


k2428566.jpg




メニューを見て、フットと全身で一時間半500バーツのコースを申し込む。


k2425510.jpg


k2425412.jpg




最初に足を洗ってもらい、30分ほどフットマッサージ。
気持ち良すぎて眠くなる。


k2425407.jpg


k2425408.jpg




次は二階に上がり、一時間ほど全身マッサージだ。


k2425410.jpg




こちらは結構ハードにもんでくれるので、寝てはいられない。
マッサージを終え、とうもろこし茶で一服する。


k2425504.jpg



こんなに気持ち良くて一時間半1200~1300円ぐらいだから、毎日来たいほどなのだ。



関連記事

| Phuket | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

ほんまに毎日行きたいですよね。
その節はお世話になりました。(笑)

| 大阪のオネーサン's1号 | 2012/06/13 03:33 | URL |

Re: 大阪のオネーサン1号さま

こちらこそ美女4人を引き連れて、シャチョーさんになってしまいました。
また海外でお会いしましょう。

| Manoa | 2012/06/13 10:05 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。