PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山形と奈良の出会い(山灯)




シンガポールからペナン、プーケットを回って帰国した翌日は、四谷三丁目の「山灯」で行われる日本酒会に行く。
若き店主が作る山形食材を使った日本料理が、手ごろな値段で楽しめる店だ。
8日間日本酒を飲まなかった後なので、なんだかワクワクしながら荒木町の杉大門通りを歩く。


y2403379.jpg




今夜は睡龍や生もとのどぶを醸す、奈良県の久保本家から加藤杜氏が来店している。
燗つけは武蔵関大塚屋の美人ヨメという豪華布陣だ。


y2403327.jpg


y2403346.jpg


y2403348.jpg




入り口近くの座敷には、普段はワインを飲んでいそうな華やか女子グループが多かったのに、私が案内されたのは日本酒の強者たちばかりみたいなテーブル席だ。
しかも加藤杜氏の隣りというのは、嬉しいような怖いようなポジションを指定される。
こちらにも美人客が居たけれど、大塚屋ヨメや加藤杜氏との親しそうな会話を聞いていると、かなり酒豪のような気がする。
山灯店主の挨拶と加藤杜氏の乾杯の発声で、久保本家の会がスタートした。


y2403382.jpg









前菜には生もとのどぶ23BY仕込み12号。


y2403349.jpg




具だくさんの沢煮椀には生もとのどぶ22BY仕込み16号。


y2403355.jpg




姫魚(ひめじ)の薄造りに睡龍純米吟醸23BY。
すべて燗酒で供されるが、睡龍は常温でも出してもらい、飲み比べしてみる。


y2403359.jpg




冬瓜と牡蠣の峰岡煮には、睡龍純米生もとの19BY。


y2403362.jpg




米沢牛のロースに生もとのどぶ22BY仕込み17号。
隣席の加藤杜氏ががんがん注いでくれるので、かなり酔っ払ってきた。


y2403364.jpg





太刀魚の博多蒸しに生もとのどぶ生原酒23BY仕込み12号。
もうヘロヘロ状態だ。


y2403368.jpg




かますとこしあぶらの土鍋ご飯にも燗酒。
睡龍純米21BYだ。


y2403369.jpg




酒粕と西京味噌のアイスクリームが出たが、我々のテーブルの強者たちは、まだまだ徳利を傾けている。
酒豪と予想していた男前な美人は、やはり顔色一つ変わっていない。
さすが、生もと戦隊の桜色レンジャーだ。


y2403372.jpg



気が付くと4時間半ぐらい飲み続けていた。
8日間日本酒を飲まなかった分を、一気に取り戻してしまったのだ。



関連記事

| 四谷・市ヶ谷・麹町 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

加藤杜氏、相変わらずたくましい腕…すてきです♪(ほれぼれ)
その隣であれば確かにどんどん注がれそうですね(笑)。

それに、山灯さん、日本酒の揃えがすばらしいですね!
こんな良いお店が、いつの間に…という感じです。
若い店主が生き生きと頑張ってると、
応援したくなっちゃいます。

| まき子 | 2012/06/17 23:39 | URL | ≫ EDIT

Re: まき子さま

山灯は荒木町では手頃な価格で、日本酒の揃えもかなりいいです。
まだ開店して半年ぐらいですが、久保本家の会は満席でしたから、たいしたものです。
加藤杜氏とは初めてお会いしましたが、がんがん注いで注がれてヘロヘロでしたよ。

| Manoa | 2012/06/19 06:47 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。