PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マラッカ海峡弾丸クルーズ(スーパースター・ヴァーゴ)



友人に女性クルーズカメラマンが居る。
地中海、カリブ海、アラスカなど数々のうらやましい船旅をしている彼女の話を聞いて、リタイアしたらのんびりクルーズに行きたいなと思っていた。
まだまだ貧乏ヒマ無しなので、今回はシンガポールからマラッカ海峡を抜けてアンダマン海に向かい、ペナンとプーケットに寄港する三泊四日の弾丸クルーズに行く。
過去には東京から那智勝浦までサンフラワーで行ったり、北欧の移動でフェリーに乗った経験しかないから、ほぼ初めての船旅と言える。
ラッフルズシティからハーバーフロントに移動し、これから乗り込むスーパースター・ヴァーゴに荷物を預ける。
セントーサ島に向かうケーブルカーの下に停泊している船は、13階建て、76800トン、乗客定員1870名、乗組員1000人と言うからさすがに巨大だ。


v2396819.jpg


v2396822.jpg





出港までは時間があるので、ハーバーフロントに隣接した、シンガポール最大のモールVIVOシティでお茶と買い物。


v2396824.jpg


v2396826.jpg


v2396829.jpg





そして出国手続きをして乗船する。


v2396832.jpg


v2396834.jpg


v2396842.jpg





ウェルカムシャンパンなど飲みながらチェックイン。
今回の船旅は全室満席と聞いているから、乗客は約1900人だ。
圧倒的に多いのはインド人で、日本人は1割ぐらいだろうか。
欧米人の乗客はほとんど見かけない。


v2396835.jpg


v2396836.jpg


v2396837.jpg




午後4時の出港前に部屋に行き、荷物を解く。
かなり狭い部屋だが、必要な物はすべてコンパクトにまとめられ、不便なことは無さそうだ。


v2396840.jpg


v2397045.jpg


v2396838.jpg


v2396843.jpg












各国語で行われる説明会の前に、ざっくりと船内を見学する。
たった三泊なのに、レストランやカフェやバーは20ぐらいあるし、シアター、カラオケ、スパ、プール、カジノ、ジム、ゲームセンターもあるので、下見は必須だ。


v2396839.jpg


v2396846.jpg


v2396868.jpg


v2396885.jpg


v2396886.jpg


v2396888.jpg


v2396889.jpg


v2396890.jpg


v2396891.jpg


v2396877.jpg


v2396896.jpg




日本人向けの説明会を聞きに、シアターのザ・リドに行く。
日本人の乗務員から、救命胴衣の使い方や、船内の施設や支払いについて説明を受ける。
ざっと200人ぐらいの日本人乗客が居た。


v2397057.jpg




やがて午後4時になり、スーパースター・ヴァーゴは音も無くシンガポールを出航する。
マレー半島とインドネシアのスマトラ島に挟まれた、マラッカ海峡をペナン島に向かう。


v2396854.jpg


v2396856.jpg


v2396857.jpg


v2396860.jpg


v2396849.jpg


v2396895.jpg



やりたいことが多すぎて、ワクワクウロウロしてしまう私なのだ。



関連記事

| Strait of Malacca | 08時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。