PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

100歳は子供(須みず)




仕事を終えて石神井公園駅に帰り着く。
連夜の日本酒会で飲み疲れたので、今夜はまっすぐ帰宅するつもりだ。
外に出ると雨が降っている。
妻に電話すると、まだ食事の支度をしていないと言う。
軽く雨宿りと自分に言い訳して、駅から徒歩一分ほどの「須みず」に寄り道した。


s2280952.jpg


s2280961.jpg




テーブル席を確保してから妻を呼び出し、お通しとビールで待機する。


s2280955.jpg


s2280962.jpg









やがて妻が到着したので、料理と日本酒をオーダーする。


s2280954.jpg


s2280963.jpg




一杯目は福井の花垣越の雫だ。
110周年限定酒第一弾と書いてある。


s2280966.jpg




花垣を造る南部酒造場は、享保18年(1733年)に金物屋として創業し、明治34年(1901年)に醸造業に転じたと言う。
それで創醸110周年という訳だ。
110年生きる人間はほとんど居ないから、とてつもない歴史があるように感じるが、日本酒の蔵で100年はまだまだ若い。
銘柄に十四代とか十五代があるように、何百年も延々と親から子に伝えた蔵がいくつも存在するのだ。
日本最古の蔵は茨城の須藤本家で、創業が平安時代の永治元年(1141年)、現在の当主は55代目だと言うからすごい。


私は父親が40歳近くになって生まれた。
そして父親は、なんと祖父が65歳!!!の時の子だ。
祖父は江戸末期の安政生まれだったと聞いている!!!
墓石を見ると中津藩士と刻まれた文字が薄ら見えるので、私のルーツは今の大分県にあるらしい。
曽祖父が中津藩の江戸屋敷に居たことまでは聞いているのだが、文書や写真は東京大空襲で灰燼と化し、それ以前になると想像でしかわからない。
もちろん武士という職業は今は無いから、私とご先祖様の仕事は違う。
何百年も子供に継がせてきた日本酒造りは、世界的に見ても稀な仕事なのだ。


と感慨にふけりながら、飛魚とカンパチの刺身に、岩海苔と豆腐サラダをつまむ。


s2280956.jpg


s2280958.jpg




次の酒は享保14年(1729年)創業の、群馬の


s2280967.jpg




葱まみれの若鶏の龍田揚げ三杯酢に、焼きとんはタレで。


s2280959.jpg


s2280957.jpg




創業が安永4年(1775年)の陸奥八仙は二種飲む。
先日行われた神田大寅の日本酒会で、人気投票1位になった八戸の酒だ。


s2280965.jpg




〆には店主のツィートに釣られて、トマトとチキンのグラタンを食べる。


s2280960.jpg



美味い物を食べて、歴史の重みを飲むと、小さな仕事のトラブルなどハナクソみたいに思えるのだ。




関連記事

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

おっ!(^^)!

アップ早い!
私たちも鶏肉とトマトのグラタンいただきましたよー(*'▽'*)
それと、花垣!んまかったです~(~o~)

| 石神井組 | 2012/04/25 07:29 | URL |

>小さな仕事のトラブルなどハナクソみたいに


しびれました(笑)ほんとうにそのとおりだと思います。
須みずさん、お料理のたたずまいも、お酒も、
なんだか安定感あるお店になってきていますねー
もう何年になるんだろ・・・

駅から遠かったころ、
毎晩前をとおっていたのが、懐かしいです。
「春夏冬中」の看板も(笑)

| にゃんとも(うさ子) | 2012/04/25 11:45 | URL |

未来永劫!

こんにちはお久しぶりです。

須藤本家て本当に古いんですね。
去年、55代目の襲名披露に招待されたのは、東北の地震の1週間前でした、まだ偕楽園の梅は咲いていなかった。
都から遠いと争いの戦場になる事がすくないからなのか。
親戚の「鏡山」はやめてしまったのに。

| さくじ (板橋在住) | 2012/04/26 12:16 | URL |

Re: 石神井組さま

久々の新製品グラタンは美味しかったですね。
でもその他は毎回同じ物を食べてます。
やっぱり須みずは安定してますね。

| Manoa | 2012/04/28 06:26 | URL |

Re: にゃんとも(うさ子)さま

須みずは富士街道にあった頃から、味も値段も変わっていないようです。
安心の安定感ですね。
最近は日本酒が少し増えて、私好みになってきました。

| Manoa | 2012/04/28 06:29 | URL |

Re: さくじさま

平安時代から続いているって、すごいことだと思います。
その55代目襲名披露に呼ばれるさくじさんも、すごいですね。

| Manoa | 2012/04/28 06:31 | URL |

で・・・

で・・・   のつづきですか?(深読み?)
招待と言っても、フランス料理12.000円の会費制でした。(私は払っていませんが)
フランス料理にはすべてに須藤さんのお酒が使われていたそうです。
そして日本酒は飲み放題。(水戸探索が有ったのでそれほど飲めず)
でも、日本酒振興会でも開催するのですが、フランス料理と日本酒は合わないと思うんだけど!?。

| KITON (板橋在住) | 2012/04/28 23:43 | URL |

Re: KITONさくじさま

何か書きかけた途中で送信してしまったようですが、何を書こうとしたのか忘れました。
確かにフランス料理と日本酒を合わせるのは、無理がありますよね。
同じように寿司屋とか日本料理店でワインを飲むのも、合わないように思います。
時々寿司屋でシャンパンとかワインを飲んでる人を見ると、「けっ」と思う私です。

| Manoa | 2012/04/30 09:54 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。