PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

密度が濃い夜(日本酒はなおか&麻屋葡萄酒)



大塚「日本酒はなおか」の店主花岡さんから、Facebook経由でワイン会の案内を頂いた。
日本酒の店で葡萄酒?
今回は山梨県勝沼の麻屋葡萄酒から、若き醸造家の雨宮さんが来店するらしい。
ワイン好きの妻と二名で申し込んだ。


今では日本酒ばかり飲んでいる私だが、今まで飲んできた酒は変遷している。
生まれて初めて飲んだ酒は、日本酒でもウィスキーでもなく、甘い赤玉ポートワインだった。
おそらく小学校高学年ぐらいの誕生日に、母親が赤玉ポートワインを水で割って飲ませてくれたように記憶している。
今から四半世紀以上前に転勤で札幌に住んでいた時は、十勝ワイン祭りに行って町民還元ワインをガブガブ飲み、牛の丸焼きのお裾分けをいただいた。
休日には札幌郊外で山葡萄を摘み、焼酎に漬け込んで自家製酒を作った。
石神井公園に住み始めた頃は、隣家が協和発酵に勤めていたので、サントネージュワインを社販価格で毎年のように大量購入した。
妻の知人であるシャトー勝沼の会長宅に招かれ、秘蔵の50年前のワインをご馳走になったり、自宅地下の広大なセラーを案内され、住みたいと思ったこともある。
常時飲み続けたことは無いが、ワインがらみの思い出は結構多いのだ。


haa01.jpg


haa02.jpg





ワイン会当日は一番乗りで入店する。
今夜は日本酒を見ながら飲めないのが残念だが、久しぶりにマジメにワインを味わうつもりだ。


haa03.jpg


haa18.jpg





「日本酒はなおか」の姉妹店である、西荻87の女性店長も手伝いに来ている。
今夜はカウンター席だけを使うので、客が8名に対し、店側が3名の贅沢なワイン会だ。
しかも客の中にはオザミの店長とか、ワインのプロフェッショナルも混じっているので、日本酒会とは客層や雰囲気が違う。
雨宮さんの乾杯の音頭で会が始まる。


haa04.jpg



日本酒は若手の蔵元が台頭し、美味しい酒が続々増えているが、国産ワインにも同じような動きがあるようだ。
麻屋葡萄酒、蒼龍葡萄酒、ドメーヌQ、アルプスワイン、山梨ワイン、塩山洋酒、マルサン葡萄酒、甲斐ワイナリーの若き醸造家8人が、アサンブラージュというグループを作って、勉強会やイベントをやっており、雨宮さんは4代目の会長だったと聞く。










今夜用意されていたのは、甲州シュールリー、花鳥風月シリーズのルージュ、ブラン、ヴェール、ノワール4種、シャルドネに、非売品の麻屋甲州を合わせて7種類だ。


haa19.jpg




次々に出てくる和食に合わせて、7種類を一周し、二周目は好みのワインを飲む。


haa06.jpg


haa07.jpg


haa08.jpg


haa09.jpg


haa11.jpg


haa12.jpg


haa10.jpg


妻はまじめにメモしながら説明を聞いていたが、私は相変わらず飲んで食うのみだ。
記憶はデジカメ頼りだが、作り手の情熱は感じる。
醸造家の顔が見える国産ワインを飲む回数が、今夜をきっかけに増えそうな気がするのだ。















そして二軒目はBeer&Wine Cafe65へ。
店名からわかるように、またもや日本酒無しの珍しい夜なのだ。


haa14.jpg


haa15.jpg


haa16.jpg


haa17.jpg





関連記事

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。