PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボンボンバカボンバカ(ボンボン亭)




昭和で時が止まった青梅の町を歩く。


oh207.jpg


oh206.jpg


oh203.jpg






寿司、天ぷら、うなぎ、蕎麦、ラーメンなど、昭和のご馳走を食べさせる店が、今でも多く生き残っている。
レトロ風に作った最近オープンのカフェは、いつの間にか消えている。


oh208.jpg


oh209.jpg


oh210.jpg





神社、バス停、街道沿いの商店と、どこを見ても練馬区辺りには無い懐かしさが残る。


oh204.jpg


oh205.jpg


oh201.jpg


oh202.jpg


oh211.jpg





ラーメンとシュウマイを食べようと、三玉屋に向かうと、区画整理でクラシックな店舗が消えていた。


oh214.jpg





立ち退きで店を新築したようだが、この日は営業していない。


oh213.jpg





また青梅街道に戻る。


oh219.jpg


oh218.jpg


oh217.jpg


oh216.jpg


oh221.jpg










赤塚不二夫会館の並びに、ボンボン亭という店ができている。


oh212.jpg


oh222.jpg


oh225.jpg





スープ餃子が500円とは、外しても痛くない価格だ。


oh224.jpg





ガラス窓越しに店内を見ると、昼時なのに誰も先客が居ないのが怖いが、お試しに入店する。


oh228.jpg





メニューを見ると、スープは4種類用意されている。
ご飯かパスタかそうめんを選択できるようだ。
オーソドックスな卵わかめスープにして、素麺を選んだ。


oh226.jpg





20年以上前の週刊現代に赤塚不二夫が載った記事を見ていると、スープ餃子が出てくる。


oh227.jpg


oh229.jpg





量は少ないが、なかなか美味しくて体が温まる。
食後のコーヒーを飲みに、また町を歩く。
ボンボン亭の並びにあるシカゴチキンにも惹かれるが、スルーして歩く。


oh223.jpg


oh215.jpg


oh232.jpg


oh220.jpg





チェーン店ではあるが、昭和のニオイがプンプンするシャノアールに入る。
値段も手ごろで落ち着けるので、結構好きな喫茶店だ。


oh230.jpg


oh231.jpg





コーヒーは300円。
サンドイッチ付きでも450円なので、ついセットを頼んでしまう。


oh233.jpg


oh234.jpg



窓から昭和の町を眺めて、ボーっとする。
千円以内で二軒に入れる青梅は、刺激はないけど素敵な町なのだ。


関連記事

| 青梅市 | 10時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

惜しい!

青梅の住人です。ボンボン亭ではタイ風カレースープに雑穀米がおすすめです。スープ餃子を半分食べてから、ご飯をスープに投入。おじや風になって
おいしいですよ。また遊びに来てください!

| 青梅のおばさん | 2012/01/22 16:08 | URL |

Re: 青梅のおばさんさま

カレーも迷ったんですよ。
再度チャレンジ決定ですね。
500円はうれしい価格でした。

| Manoa | 2012/01/23 14:39 | URL |

青梅のシャノアール!私も吸い込まれるように入った記憶があります。なつかしいわぁv-16

| ねこ子 | 2012/01/24 09:43 | URL |

Re: ねこ子さま

シャノアールは、チェーン系喫茶の中では一番好きかもしれません。
メニューが豊富で、値段は手ごろだし、落ち着けるんですよ。
青梅の町にはぴったりな喫茶店でした。

| Manoa | 2012/01/25 09:25 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。