PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

師走の老舗寿司(蛇の市本店)




2ヶ月ほど前から、日本橋「蛇の市本店」ブログの足跡がつくことに気付いていた。
FC2ブログには訪問者リストという機能があって、同じFC2ブログを書いている人が見に来ると、日付が残るのだ。
私の行動範囲ではない日本橋の寿司屋が、なぜ練馬区ブログに度々訪れてくるのか不思議に思い、クリックして内容を見ると、明治時代に創業した120年以上の歴史を持つ老舗で、日本酒の品揃えがかなりいい。
若女将は美人らしいし、値段も手ごろなので、予約を入れて三越前に向かった。


ja01.jpg


ja02.jpg






明治時代には日本橋に魚河岸があって、最初は屋台から出発した寿司屋のようだ。
「蛇の市」の名付け親は志賀直哉だと言うから、歴史を感じさせる。


ja03.jpg





蛇の市ブログの主である五代目の前に座る。


ja04.jpg





つまみ主体のおまかせを頼み、最初はビールで喉を潤す。
あんきもと刺身が出たので、さっそく日本酒に切り替える。


ja05.jpg


ja06.jpg






最初の一杯は、五代目おすすめの若駒にする。
四代目と五代目が並んで握り、接客は大女将と若女将で、ほのぼのとした雰囲気だ。


nja07.jpg









若女将の女のカンで、私の別名がManoaだと判ってしまう。
なぜ私のブログを見ているのか質問したら、なんと五代目夫妻は練馬区住民なんだそうだ。
急に親しみが湧いてきて、地元ネタ日本酒ネタで盛り上がる。
酒も進む。



nja08.jpg


nja15.jpg


nja09.jpg


nja16.jpg


nja10.jpg


nja17.jpg


nja11.jpg


nja18.jpg





かなり酔っ払ってきたので、なぜかテーブル席に移動する。
ここからは天穏鍋島を燗で飲む。


nja12.jpg


nja19.jpg


nja13.jpg


nja20.jpg






ほんの少し握りをつまみ、デザート酒代わりに而今のにごりを飲む。


nja14.jpg


nja21.jpg





こんどは地元で飲もうね、などと言いながら、美人な若女将に見送られて、ふらふら夜の街に彷徨い出る。


nja22.jpg



日本酒の品揃えがいい寿司屋はめったに見かけないから、嬉しい出会いなのだ。





関連記事

| 日本橋・人形町・東京 | 11時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

蛇の市さんには何回も行ってます。
元室町勤務なんで。
知ってる職人さんの顔が見れて、なつかしく思い出しました。
今は日本酒が豊富なんですね。
こんど行ってみます。

| 元 | 2011/12/24 07:49 | URL |

お昼に伺ったことがあります。
つい先日も前を通りましたが、その時はむとうさんでそばを・・・。
この記事を見た後でしたら多分こちらの寿司をチョイスしたでしょうね。
影響されやすいので(笑)。

| Z33 | 2011/12/24 09:36 | URL | ≫ EDIT

お世話様です。

ビックリです。
ラベルを良く見ると、「若駒」と「羽根屋」の二種類が、当店の特注酒で、量が少ない為、店頭販売していなく、裏出しのお酒です。

当店で買われたのかな。


| 「酒舗 石塚」 | 2011/12/24 22:45 | URL | ≫ EDIT

Re: 元さま

かなり日本酒は豊富に揃ってました。
手頃な値段なのも気に入りましたよ。

| Manoa | 2011/12/25 08:58 | URL |

Re: Z33さま

影響されちゃってください。
日本橋の寿司屋で地元の話ができるとは思いませんでした。
日本酒がお好きならぜひ。

| Manoa | 2011/12/25 08:59 | URL |

Re: 酒舗石塚さま

詳しくは聞きませんでしたが、もしかすると石塚さんで買われた可能性はありますね。
私も若駒は以前石塚さんで購入しました。
それ以外の酒屋さんでは見かけたことがありません。

| Manoa | 2011/12/25 09:03 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。