PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アラスカ同窓会(喰酔たけし)




怒涛の飲み会が続いている。
今夜は地元居酒屋「喰酔たけし」で、明治14年創業の静岡県由比町にある英君酒造の会だ。
元々は9月に企画していた会だったのだが、我々がアラスカ旅行に行くので、日程を変えてもらった経緯がある。
栃木の仙禽に続き、同じ週に二回目の日本酒会でも文句は言えない。


ek101.jpg





喰酔たけし、英君、酒の秋山と挨拶が続く。
たけしクンも場数を踏んできたので、やっと噛まずに挨拶が言えるようになった。


ek102.jpg






たけし日本酒会の特徴は、蔵元がある県にちなんだ食材を使った料理を提供することだ。
しかも会費は他店の日本酒会に比べ、美味いのに安い。


ek103.jpg




今夜も静岡食材を使った料理が並ぶ。


ek104.jpg


ek105.jpg


ek106.jpg


ek107.jpg


ek108.jpg


ek109.jpg


ek110.jpg


日本酒会が週に二回あろうが、前夜6軒ハシゴしていようが、美味い酒と料理があれば飽きずに幸せだ。








実はアラスカ旅行に、たけしの母ちゃんも一緒に行ったのだ。
新婚旅行以来、30数年ぶり二回目の海外旅行とのことで、行く前はかなり緊張していた母ちゃんだが、アラスカでは一番ノリノリで楽しんでいた。
アラスカに一緒に行ったメンバーが、今夜は全員集合する。
三時間ほどで英君の会は終了したが、アラスカチームは誰も帰らない。


ek111.jpg















アラスカに一緒に行ったメンバーではないが、東大和でインテリアショップをやっている知人夫婦も、英君の会にお呼びしていた。
ご夫婦ともに日本酒好きなので、大いに楽しんでいる。


ek112.jpg















ご主人の小嶋一男さんは、ただの日本酒好きの白髪のオジサンではない。
我々のように一回だけのアラスカ訪問で盛り上がっている酔っ払いと違って、実は極北を知り尽くした男なのだ。




ek113.jpg



世界最長の犬ぞりレース「アイディタロッド国際犬ぞりレース」に7回連続出場し、極限の体験をしているから、話の内容が濃密だ。
今回の日本酒会は参加者の約半数がアラスカ体験者だったので、日本酒より極北の話題で盛り上がってしまったのだ。



関連記事

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。