PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝説のビーチへ(Phi Phi Island)




9月のタイはローシーズンだ。
プーケットに到着した初日から曇りが多く、ビーチに行っても波が高過ぎて海に入れない。
それだけに料金は安いので、ピピ島に行くオプショナルツァーも申し込んでおいた。
レオナルド・ディカプリオが主演した、ザ・ビーチのロケが行われた島だ。
ピピ島と一口に言っても、大小6つの島で成り立っており、申し込んだツァーは3つ回ると聞いている。
早めに朝食を食べ、ホテルに迎えに来たミニバンに乗り込む。


pi01.jpg




途中で強烈なスコールに見舞われたが、ジェットボート乗り場に着く頃は、雲の切れ間から太陽が見える。


pi02.jpg




ライフジャケットを借りてボートに乗り込む。
アラスカでフィヨルドクルーズに行った時に買った、酔い止めの薬がバッグに残っていたので、念のために妻と分け合う。


pi03.jpg


pi04.jpg


pi05.jpg




もう少し大型の船を想像していたのだが、実際に乗ったボートは小さく、船首のシートは先客に占領されている。
仕方なしに船内のベンチシートに座った。


pi06.jpg


pi007.jpg


pi008.jpg





出発直後は船首に行って写真を撮ったりする余裕があったのだが・・・・・


pi009.jpg




ピピ・ドーン島に向かうジェットボートは、かなりのスピードで波を乗り越えて進む。
シートベルトなど無いので、前後左右上下に体が激しく動く。
雨と波が吹き込んでくる。
まず子供たちがグッタリし始めた。


pi010.jpg




次に大人たちもバタバタとダウンする。
配られた黒いビニール袋を、ほとんどの人が口に当てる。
我々は酔い止めの薬が効いたのか、気持ち悪くはならないが、写真を撮る余裕はまったく無い。






















こんな状態が30分ほど続いた後、突如として太陽が現れ、波が穏やかになってくる。
島が見えてきた。


pi011.jpg




ホテルや店が多いピピドーン島の、裏のビーチにボートは向かう。
こちらは何も無いビーチだ。


pi012.jpg


pi013.jpg




上陸後すぐに、トイレに駆け込む女性たち。
掘っ立て小屋のトイレでも、この際だから文句は言えない。


pi014.jpg


pi015.jpg


pi016.jpg


pi017.jpg


pi018.jpg


pi019.jpg




水中メガネを借りて沖に出る。
ボートからパンが撒かれ、集まってくる南国の魚を見る。


pi025.jpg


pi020.jpg





















30分ほど海に漂った後に、ボートはピピレイ島に向かう。
こんどは穏やかなクルーズだ。


pi021.jpg


pi022.jpg





ここには色々なツァーのボートが次々にやって来る。


pi023.jpg


pi024.jpg


phi007.jpg





マーメイドのような美女発見!!!


pi026.jpg




燕の巣を採るハンターたちの基地か、何かの売店か、絶壁の洞窟に建つ掘っ立て小屋。


pi027.jpg


pi028.jpg


伝説のビーチに上陸せずに、ボートは昼食場所の島に向かう。












ここからが大変だった。
またもや雨が降り出し、波はさらに高くなる。
他のボートや島が見えなくなるほどの波が来る。
船酔い者続出。
船の床に倒れ込む人も居る。
余裕をかましていた私も、写真を撮るどころではない。
苦闘40分で、小さな島に着く。
島が近付くと波が穏やかになるのが不思議だ。


pi029.jpg


pi030.jpg


pi031.jpg




よろよろとボートから降り、ビーチの椅子に倒れ込む人々。


pi033.jpg




我々は元気にトイレに行き、売店を覗いたり、Tバック美女に見とれて妻に叱られたりする。


pi032.jpg


pi304.jpg






















昼食場所は江の島の海の家みたいな小屋だ。
ランチを放棄した人が多いので、テーブルはほとんど空いている。


pi035.jpg




ここもブッフェだ。
ビールを飲んでから料理を取りに行く。


pi040.jpg


pi041.jpg


pi036.jpg


pi037.jpg


pi042.jpg




またもやマーメイド美女登場。
エビセン食ってるよ。


pi044.jpg




料理は控えめにして、温かい麺を取りに行く。


pi038.jpg


pi039.jpg


pi043.jpg




デザートはココナッツジュース。


pi045.jpg



食後はビーチで昼寝して、マーメイドの夢を見たのだ。




関連記事

| Phuket | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

懐かしいです。タイはドコに行ってもビールがおいしく飲めますよね。蒸し暑くて。。でもバンコクは確か2時から5時までだったか決まった時間レストランでもお店でもお酒の販売が禁止になるので計画的に行動してました。

| tamachan@SD | 2011/10/10 00:47 | URL |

う~ん、ボートは激しく揺さぶられてしまうのですねえ・・・皆さん大変ですね。
困難を乗り越えての美味しいビール!なのですね~
ビュッフェでトマトと一緒に盛られているのはキウイでしょうか・・・?
帰路は大丈夫でしたか気になるところです。

| psy | 2011/10/10 08:47 | URL |

船酔い

いやー思い出しました。15年前にこの島ツアーに参加。船酔いに船酔いを重ね苦しくも楽しい思い出です。しかし、あの時とお店の様子が全く変わっていないのにはびっくり。ランチは当時に比べると豪華ですね。っていうか、私が参加した怪しげなツアーにがシャビーでろくなもんを食べさえてくれなかったのかな?
ココナッツのジュースをのんだ後曲がったスプーンでしゃくって食べる美味しさはいまでも忘れることのできない感動の触感でした。というか、セッティングのせいかな?

| 純子 | 2011/10/11 23:07 | URL | ≫ EDIT

Re: tamachan@SDさま

ほんとに蒸し暑かったです。
ビールがかかせませんでしたよ。
プーケットでは時間を気にせずビールをのんでましたよ。
観光地だからでしょうか。

| Manoa | 2011/10/12 06:13 | URL |

Re: psyさま

海の天候は不安定なので、時間単位で晴れたり雨が降ったり、波が高くなったりしてました。
きっと後になればいい思い出でしょう。
トマトと一緒なのはきゅうりだったかな。
ランチの島はプーケットまで10分ぐらいだったので、倒れる人は居ませんでしたよ。

| Manoa | 2011/10/12 06:16 | URL |

Re: 純子さま

昔から変わらないツァーだったのですね。
ピピ島もだいぶ環境破壊が進んでいるようですが、それでもかなり美しかったです。
怪しげな食事も船酔いも、後になればいい思い出ですね。

| Manoa | 2011/10/12 06:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。