PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偉大なるアラスカ




ヘビーなディナーを食べた後は、サンセット・フライトに出発だ。
4人乗りだと思っていた小さな単発のプロペラ機に、7人全員が乗ることになるのでかなり恐ろしい。
ドアなんかペコペコだし。
1名はビビッて脱落した。



au0002.jpg


au0003.jpg





一応パラシュートの説明を受けるが、いざとなったら絶対無理だ。
超ベテランパイロットを信じて飛び立つ。


au0004.jpg


au0005.jpg


au0006.jpg





離陸した直後はホテルの施設が見えたが、1分後には薄い鉄板一枚隔てて、広大な大地と空しか無い世界だ。
渡されたiPadみたいな計器を見ても、さっぱり理解できない。


au0007.jpg


au0008.jpg


au0012.jpg





やがて太陽が沈んで行く。


au0009.jpg


au0011.jpg





空と大地のショーを見ていると、日本での仕事や小さな悩み事など、すっかりどこかに消え去っている。
もっとも成田に着いた時から、仕事はまったく忘れてるけどね。


au0013.jpg


au0014.jpg





















無事に着陸したので、最後のショータイムの前に部屋で乾杯する。
ここでついに秘蔵の会津娘を開栓する。
福島県白河から東京に送られ、さらにはるばる空路を5000km飛んでアンカレッジに到着し、アラスカ鉄道にも何百キロか乗り、デナリから陸路を300km走ってチナ温泉にたどり着いた日本酒だ。
贈ってくれた「けーさん」も本望だろう。
翌日にはアラスカを離れるので、残っていたビールやワインも飲み尽くす。






che016.jpg

















そしていよいよ、アクティビティセンターに行ってオーロラ待ちだ。
頭上は満天の星空なので、きっと出現しそうな気がする。
















ところがアクティビティセンターは、持参した煎餅とか食べながら、大声で話す関西弁のオッチャンとオバチャンで溢れている。
これではオーロラがびっくりして逃げ出しそうだ。
もう一か所徒歩圏内にオーロラ観測の山小屋があるらしい。
写真を見ると素敵だが、暗闇を歩いて行かなければならないし、今は電気が止まっていると言われる。


chenaau01.jpg





7人居れば怖くないので、懐中電灯と鍵を借りて、丘の上に建つオーロラ観測小屋に行くことにした。
真っ暗な山道の途中には、巨大なムースか熊の糞が落ちていたりするので要注意だ。



au0015.jpg





北側が大きなガラス窓になった観測小屋で、何時間でも待機するつもりだ。




au0016.jpg
















時々外に出て星空を見上げる。
まさに星が降ってくるように見える。
北斗七星もくっきりだ。
おそらく零下に冷え込んできたので、小屋に戻ってホッカイロで暖を取る。



au0017.jpg



















と、前面の山がボーっと白くなってきた。
さらに待つと、緑色の線が縦に走ったりする。



かなり地味だが、オーロラだ。



外に出て写真を撮るが、液晶画面には何も写っていない。
帰国後に画像を補正すると、なんとか見られるようになった。
ド派手なやつは、またいつか来る時の楽しみに取っておこう。























au0001.jpg












アラスカ最終日は、昼12時フェアバンクス発のJALチャーター便で帰国予定だ。
フェアバンクスのタクシー会社に電話して、7人とスーツケースが乗る車を、8時45分に来るよう予約しておいた。
朝早く起きてパッキングし、メインロッジの前で車を待つ・・・・・・









来ない。











9時過ぎてからタクシー会社に電話すると、「もう出てるから気にするな」みたいな返事だ。
9時15分に、何事も無かったような顔で、陽気な巨体のオジサンが到着した。
バンの荷室が小さく、無理やりスーツケースを押し込んで、100km離れたフェアバンクス空港に向かう。
フロントガラスは割れてるし、オジサンはアメリカンジョークを連発してお手上げだが、これがアラスカだと思えばノープロブレムだ。



au61.jpg






無事にフェアバンクス空港に到着し、残ったドルでコーヒーを飲む。



au62.jpg


au63.jpg
















そしてアラスカの大地に別れを告げる。



au64.jpg


au65.jpg


au66.jpg


au67.jpg
















すると最後にサプライズが待っていた。
デナリが雲海から姿を現す。



0m01.jpg






また来るぜ、アラスカ。



0m02.jpg






関連記事

| Alaska | 00時00分 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

お疲れ様でしたー!
アラスカ紀行、堪能させて頂きました♡
オーロラ、素晴らしいですね!これが地味なら、派手なのは如何ほどかと・・・
フロントグラスにひびの入った車は凄いですねえ。
デフォルトでよくあることなのでしょうか。
流石アラスカ!ですね。

| psy | 2011/09/24 01:13 | URL |

本望です。
会津娘がアラスカまで行くとは!

アラスカの大自然キレイですね。
幼い頃から、オーロラを見たいと思っているんですが…

| お名前 | 2011/09/24 08:18 | URL |

すみません。
↑のコメント、名前を書き忘れてしまいました。

| けー | 2011/09/24 08:21 | URL |

はじめまして。
ずいぶん長くブログを拝見しておりますが、あまりにアラスカ旅行記素敵で初コメントしたくなってしまいました。
毎朝楽しみに心待ちにしていました、本当に。
アラスカ・・・行ってみたい!
北海道の田舎育ちの私には、どこか故郷に似た雰囲気も感じられ、
何よりオーロラを見ることが残り人生の!?最大の目標です。
サプライズのデナリ、神々しさまで伝わりますね。

| まりん | 2011/09/24 08:41 | URL | ≫ EDIT

アラスカ、すばらしいですね
私も毎朝次の更新を楽しみにしていました
現在カリフォルニア在住のため次の休みには家族で飛んでいってしまいそうです
余談ですが、アメリカのレストラン検索にはYELPというサイトが便利ですよ~

| めぐ | 2011/09/24 18:39 | URL |

Re: psyさま

疲れたけど寝るのがもったいないほどのアラスカでした。
私が見たオーロラは白と緑が薄らでしたが、派手なのは赤や黄色のカーテンが夜空を覆うそうです。
写真を見せてもらいましたが、大迫力でした。
フロントガラスのヒビは、たぶん珍しいでしょうね。
ドライバーはノープロブレムと言ってましたが。

| Manoa | 2011/09/24 21:19 | URL |

Re: けーさん

会津娘ありがとうございます。
7人で分けたので、一口で消えてしまいましたが、最終日に楽しませてもらいました。
いつかぜひオーロラの旅に行ってください。

| Manoa | 2011/09/24 21:22 | URL |

Re: まりんさま

はじめまして。
北海道と似ている風景もありましたが、なにしろ日本の4倍の面積なので、雄大さはけた外れでしたよ。
景色も食べ物も規格外なので、帰宅したら家の狭さに悲しくなりました。
いつかオーロラを見る旅にお出かけください。

| Manoa | 2011/09/24 21:27 | URL |

Re: めぐさま

おそらくカリフォルニアと同じタイムゾーンなのでしょうが、景色はまったく対照的でしょうね。
国内旅行の場合は事前に食べ物を調べますが、今回はまったく下調べ無しでした。
きっとアラスカはもう冬に入りかけていると思います。
またアメリカ旅行に行く機会があれば、教えて頂いたサイトを参考にしますね。

| Manoa | 2011/09/24 21:31 | URL |

お疲れ様でした。
先日、テレビでアラスカで撮影中の動物写真家の
お父さんを突然子供が訪問するという番組を
観たんですが、まさにこちらと同じ風景が流れていました。
野生の動物を撮影するだけあって、人のいないところにいたので
滑走路のない場所にプロペラ機が着陸したりしてました。
突然の息子の訪問にお父さんが「連れてきたかったんだ」と・・・
スタッフの方お礼を言いながら涙されておりました。
親子でトナカイの群れを撮影してました。
私もテレビや写真でなく、行って生で見たいです。

| ずんぐりむっくり | 2011/09/26 13:35 | URL |

manoaさんのアラスカ旅行記を読んでいたらアラスカに行きたくなりました!
実は15年ほど前フィンランドにオーロラを見る目的で旅したのですが
7日間いても一回も遭遇できず…。
雲が厚くて晴れない時期だったようです。
ウィンタースポーツやらスパ、美しい街と自然は楽しめましたがやっぱりオーロラが見たかったです。
一緒に行った女友達とは「次回は遭遇率が高いアラスカに行こう!」とその時決めたもののそのまま。
お互い子供が成長する頃にはもう体力ないかしら、と思ったりもしましたが
manoaさんのブログを拝見して子供達に手がかからなくなったら行こう、と思いました!!
私達もお酒とおいしいものが大好きなので今は日常で美味しいもの、美酒を楽しみ元気で生活して
この後やってくる自由時間に備えたいと思います。

manoaさんがアラスカ旅行中に(多分)たけしさんに行きましたがやっぱりお刺身もおいしいし
おばんざい盛りも家のみのおつまみ作りの参考になるものが多いです。
もうちょっと近ければぐでんぐでんに酔っぱらえるのに…と思いますが
中村橋なもので控えめになってしまいます。
またおいしい日記楽しみにしています。

| Wakako(orange) | 2011/09/27 04:52 | URL |

Re: ずんぐりむっくりさま

残念ながらトナカイには遭遇できなかったのですが、大自然を満喫してきました。
アラスカで働く日本人は600人か700人ほど居るそうです。
冬は猛烈に厳しい自然ですが、短期間なら体験したいと思ってます。

| Manoa | 2011/09/27 10:47 | URL |

Re: Wakakoさま

今回一緒に行った友人の女性も、アラスカ直前に北欧三国を旅したのですが、オーロラに出会えなかったと言ってました。
自然の雄大さは、北欧と桁違いだそうです。
アラスカ旅行は最低でも一週間欲しいので、やはり旅行者はリタイアした年齢の人が多かったですね。
車椅子のお婆さんも居ましたが、まだまだ皆さん元気でしたよ。
また石神井公園にも酔いに来てください。

| Manoa | 2011/09/27 10:52 | URL |

お帰りなさいませ

Manoa様

お帰りなさいませ。
アラスカ旅行、楽しそうですが寒そうです。
やはり夏にオーロラはなかなか見られませんね。
10年くらい前の冬にカナダへオーロラを見に行ったのですが
4日のうち3日は見ることができましたよ。
でもめちゃくちゃ寒くて10~15分外にいたらギブアップでした。
(カメラやビデオもそれくらいの時間が限度です)
犬ぞりも体験しましたが・・きついです。

次回は冬の寒空を体験してみてください♪

| codomo | 2011/09/27 16:16 | URL | ≫ EDIT

Re: codomoさま

最後に訪れたチェナ温泉は、かなりの確率で一年中オーロラが見られるらしいです。
前日にド派手なのが出たと聞き、期待したのですが、地味なやつしか見られませんでした。
寒すぎるのは苦手なので、やはり次の機会も秋かなと思ってます。

| Manoa | 2011/09/28 16:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。