PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツンドラで出会う(Denali National Park)





東京で毎晩のように飲み、アラスカに来ても昼から飲み続けている。
しかもアラスカでは毎朝早くから行動開始しているのだから、まったくタフな旅だ。
この日も4時のモーニングコールで起床し、あわただしくパッキングしてからシャトルバスに乗ってロビーに集合する。
ホテル前からツァーバスに乗る。
早朝5時に出発し、8時間後に戻るツンドラ・ウィルダネス・ツァーだ。


den01.jpg


den02.jpg




デナリ国立公園は自然環境をそのまま保つために厳しく管理されている。
女性ドライバー兼ツァーガイドのケイトさんは、180cm以上はありそうな巨体で、言うことを聞かないとブッ飛ばされそうだ。
まだ暗いうちに着いた検問所で、パークレンジャーのチェックと挨拶を受ける。
ここから先は許可を受けた車しか通行できないのだ。


den04.jpg


den03.jpg




途中で朝食用のボックスが配られる。
アラスカらしいトナカイのソーセージは、あまり美味くはなかった。


den05.jpg




バスは未舗装の一本道を進む。
周辺は荒涼としながらも美しい永久凍土ツンドラだ。


den06.jpg


den07.jpg


den08.jpg









そしてついにデナリ(マッキンリー山)が雄姿を現す。




den09.jpg


den10.jpg







ベテランドライヴァーのケイトさんは、恐ろしく目がいい。
突然車を止めて指差した先に、何か小さく動くものが居る。
デジカメのズームを最高倍率にすると、熊の親子だ。


den11.jpg








しばらく走ると、またもや熊出現。
先ほどと同じ熊なのか見分けはつかないが、こんども三頭だ。
時々ワイルド・ブルーベリーを食べながら、どんどんバスに近づいて来る。


den12.jpg


den13.jpg


den14.jpg








こんどは道路を歩き出す。


den15.jpg














熊に興奮していたら、デナリまで全容を現したので、さらにテンションアップだ。



denali0005.jpg










熊に刺激を与えないように、バスはゆっくりと徐行運転する。



den17.jpg


den18.jpg


den19.jpg


den20.jpg








デナリに挨拶してバスは折り返す。


d001001.jpg












四国と山口県を合わせたほどの面積があるデナリ国立公園内には、車で一時間半程度の距離ごとにトイレや休憩所が設けられている。
それ以外の場所で車を降りることはできない。


den22.jpg


den25.jpg


den23.jpg


den24.jpg


den26.jpg




トイレ休憩の後に、またバスは走り出す。
まだ熊にしか会っていないと思ったら、またもやケイトさんが車を止め、双眼鏡で山の上を見始める。




ドールシープだ。
肉眼では白い点にしか見えないが、拡大すると脚がある。
ツンドラ地帯の動物は、強い者が低地に住み、弱い者は険しい高地で生きるのだ。


den27.jpg






そして別のドールシープにも遭遇した。
こんどは角まで確認できる位置に居る。


den28.jpg





行きは暗くて見えなかった検問所を通り抜け、バスはホテルに向かって帰って行く。


den29.jpg


den30.jpg






すると終盤にサプライズが待っていた。
ヘラジカくん登場。



den31.jpg







最後に人間とアラスカ鉄道を見て、ツンドラの旅を終えたのだ。


d001002.jpg



den33.jpg


関連記事

| Alaska | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

素晴らしく美しいところですねえアラスカ!
毎回ため息つきつつ拝見しております。
マッキンリーは正に「デナリ」
自然の大迫力を感じます。
動物の皆さんにもお会いになれましたし、いよいよ天体ショーでしょうか!

| psy | 2011/09/19 02:01 | URL |

マッキンリーの写真きれいですね。やっぱり写真上手ですねぇ。
熊はかわいいけれど実際そばにいたら少し怖いですね。
ヘラジカ 美しいです。

我が家にも出たですよ。野性のあれが…。
v-16イノシシ2頭。ヒズメでパキパキ枯れ木を踏みながら横目でじっと睨むですよ。怖いんでそっと家に入りました。狸・ヘビ(苦手)にも会いました。
本当に来年から田舎に住めるのか自信はありませんが国立公園の中に住むというのも良い経験だと思ってトライしてみます。

| ねこ子 | 2011/09/19 10:32 | URL |

きやあ~(^0^)

山が・きでいすぎるi-237
[デナリ]・・言葉の音もきれい~i-175
くまさんが自然すぎる~無防備なのか?人・車・に慣れてるのか?
なんせ、自然がでっかいi-199まのあさんの画で十分圧倒されますi-183

| 石神井組 | 2011/09/19 14:40 | URL |

Re: psyさま

厳しくも美しい極北の大地でした。
9月のアラスカが一年中で一番美しいと聞いていたのですが、本当にすごかったですよ。
旅はいよいよ終盤です。

| Manoa | 2011/09/20 07:17 | URL |

Re: ねこ子さま

マッキンリーの全貌が見える確率はかなり低いらしいのですが、ラッキーな旅でした。
実物は大迫力でしたよ。
この他に小動物や鳥も見たのですが、撮影できませんでした。

| Manoa | 2011/09/20 07:20 | URL |

Re: 石神井組さま

動物たちが主役で、人間は訪問者と言うスタンスの国立公園なので、熊は人間の存在を気にしていないと思います。
ひと際巨大なデナリに圧倒されたツァーでした。

| Manoa | 2011/09/20 07:26 | URL |

凄い景色ですね!
実際に体験したら圧倒されるんでしょうね。

| TARO | 2011/09/21 15:33 | URL | ≫ EDIT

Re: TAROさま

やはり広大過ぎて写真では十分の一ぐらいしか伝えられません。
空気と気温と360度の自然は、体験しないとわかりませんね。

| Manoa | 2011/09/22 17:47 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。