PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偉大なるピッツァ(Prospectors Pizzeria & Alehouse)



迎えのバスに乗って、今宵の宿であるマッキンリー・シャレー・リゾート(Mckinley Chalet Resort)に向かう。


mc01.jpg


mc02.jpg




マッキンリーはデナリ国立公園の象徴とも言える、北米大陸最高峰の山だ。
しかしアラスカの人は誰もマッキンリーと言わず、原住民の言葉で「偉大なもの」を表すデナリと呼ぶ。
普段は雲に覆われていることが多いと聞くが、明日は絶対に見たいものだ。


mc03.jpg




ロビーに居るドールシープの実物にも、明日はぜひ会いたい。


mc04.jpg


mc05.jpg


mc06.jpg




このホテルは広大な敷地にロッジが点在している。
我々が泊まるZ棟は、かなり奥まった場所にあるので、メインロッジの前からシャトルバスに乗った。


mc09.jpg




ウルベリン・ストップで降り、部屋に向かう。
今夜も私は一人で悠々だが、なんだか夜になったら怖そうな場所だ。


mc14.jpg


mc10.jpg


mc11.jpg


mc12.jpg


mc13.jpg




バス停には自販機や製氷機が置かれているので、部屋飲みもできる。
がんばってるな、ホッシーくん。


mc15.jpg


mc16.jpg






部屋にこもってもすることが無いので、メインロッジに戻る。
夏シーズンの終わりなので、ホテルのショップはバーゲン価格になっている。
女性たちの物欲は、極北の大地でも冷えることがない。


mc17.jpg


mc18.jpg


mc19.jpg


mc20.jpg







ホテル前の道路を渡り、観光地に付き物の土産物屋みたいなショップを見る。


mc21.jpg


mc22.jpg


mc23.jpg


mc24.jpg


mc25.jpg


mc26.jpg


mc27.jpg





だんだんテンションが上がる女性たち。


mc28.jpg


















オジサンたちは燃料切れなのだ。



mc29.jpg












デナリ国立公園での夕食は、ツァーガイドに聞いたプロスペクターズ(Prospectors Pizzeria & Alehouse)に決めていた。
ホテルからはかなり近い。


pp01.jpg


pp02.jpg




観光地のレストランだし、あまり流行っていないように見えるから、期待しないで店内に入る。
ビールとピザなら、それほど大きなハズレは無いだろう。


pp03.jpg


pp04.jpg




ところが店内は活気に溢れている。
観光客ではない地元民が多いように見える。
またもやビンゴかもしれない。


pp05.jpg


pp06.jpg


pp07.jpg




ほとんど待たずに大テーブルに案内された。


pp08.jpg


pp09.jpg


pp10.jpg


pp11.jpg




もちろんビールで乾杯だ。


pp12.jpg







アラスカに来たからには、カロリーのことなど考慮してはいられない。


pp18.jpg


pp13.jpg


pp14.jpg




ビールに合いそうなポテトフライ、オニオンリング、チーズフライと揚げ物三兄弟を頼む。
どれもが巨大なアメリカンサイズで、日本人のオジサンオバサンは早くも負けそうになる。


pp17.jpg


pp15.jpg


pp16.jpg




ワインをもらい、キングクラブのカネロニにピザと、蟹尽くしをオーダーする。
7人居るから、カネロニは二つにし、ピザをもう一種とサラダも頼んでおく。


pp19.jpg


pp21.jpg


pp22.jpg


pp23.jpg


pp20.jpg


pp24.jpg




デナリとは先住民アサバスカン・インディアンの言葉で「偉大なるもの」を意味する。
この店のピザもまさに偉大なサイズで、生地ももっちりと食べ応えがある。
デナリなピザに圧倒され、To Goする日本人。


pp27.jpg


pp25.jpg


pp26.jpg




翌朝はなんと4時にモーニングコールなのに、ロッジの廊下で立ち飲みする我々だ。


mc0101.jpg


もしやオーロラが出るかもと、時々上空を見上げるが、だんだん雲が厚くなって星も見えない。
最後の二日にオーロラを託し、この夜は日付が変わる前に眠りについたのだ。





関連記事

| Alaska | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

アメリカンサイズ・・・ハワイを思い出しましたi-237
ビッグなオニオンリングにピッツァ・てんこ盛りサラダi-199
圧倒されまくりですよね~i-278
To Goはしょーがないi-229胃が大きくなるなるのもしょーがないi-179ですよね。

| 石神井組 | 2011/09/18 08:36 | URL |

旅行記楽しみに拝見しております。

氷の世界で「ホシザキ」さんが頑張ってるとは
それに気がつくManoaさん、スゴい。

意外に生野菜がたくさん出て来るのですね。
オーロラ、見れるといいな~。

| 森のくまくま | 2011/09/18 08:43 | URL | ≫ EDIT

北の大地を彷彿とする素敵なお宿ですね!
レストランの壁を彩る動物くんのヒラキ?もあるような・・・
照明は、もしやトナカイの角でしょうか?木でしょうか。
ピザ、テイクアウト出来るのですね。

| psy | 2011/09/19 01:54 | URL |

Re: 石神井組さま

私の体もアメリカンサイズになってきましたよ。
7ヶ月もある長い冬を過ごすには、これぐらいのカロリーを摂らないと厳しいのでしょうね。
和食が懐かしかったですよ。

| Manoa | 2011/09/20 07:07 | URL |

Re: 森のくまくまさま

アラスカに行く直前に熊夫さんと日本酒を堪能したので、ビールとワインとウィスキーだけでも大丈夫でした。
氷の世界にペンギンマークのホッシーくんが似合ってましたよ。

| Manoa | 2011/09/20 07:10 | URL |

Re: psyさま

照明の角も、壁のはく製も本物ですよ。
開拓時代の写真もたくさん飾られていたので、いろいろ眺めて感心しました。
現地の人もかなりテイクアウトしていたので、ボリュームがすごいのは間違いありません。

| Manoa | 2011/09/20 07:14 | URL |

バイキングみたいな食事ですねぇ

| TARO | 2011/09/21 15:31 | URL | ≫ EDIT

Re: TAROさま

ピザは小さなサイズにすれば良かったと、後悔するような大ボリュームでした。
翌朝にみんなで冷えたピザを食べましたよ。

| Manoa | 2011/09/22 17:45 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。