2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

掃除機のつもりが献上銘菓(ローレライ)






自宅の各フロアに置いている掃除機の一台が故障した。
何を買おうか価格コムで調べ、やっと二機種に絞り込む。
現物を見たくて大泉学園のヤマダに行く。
値段が少しぐらいの違いであれば、購入するつもりだ。
なぜか娘もついてくる。
目的の品の価格を比較すると、かなり価格コムが安かったので、ここでは買わない。
しかし娘にねだられて、デジカメを買わされる。

ヤマダを出ると、妻がお使い物の菓子を買いたいと言う。
和菓子の大吾か、洋菓子のローレライに行くことにする。
娘の希望で洋菓子に決めた。


ll01.jpg





この近くにはパティスリー・プラネッツもあるが、私は素朴なローレライ派なのだ。


ll02.jpg


ll03.jpg





お使い物には献上銘菓のセビルを買い、自宅用のケーキはいろいろ悩む。


ll04.jpg


ll05.jpg


ll06.jpg


ll07.jpg




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 大泉学園 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

珍しいハシゴ(アガリコ)




「あもんはなれ」でおまかせコースを食べたが、上品な量なのでなんだか物足りない。
妻はもう充分だと言うが、強引にもう一軒行くことにした。
池袋西口で私の同級生が「上茂」という酒屋をやっていたのだが、昨年店を閉め、貸しビル業で悠々自適の生活を送っているらしい。
一階に入ったテナントが安くて美味しいと聞いていたので、酔った勢いで突撃する。


ag002.jpg





店名の「アガリコ」の意味は、聞いたが忘れた。
池袋西口の繁華街を抜け、そろそろカップル用のホテルが建ち並ぶ辺りだ。
それほど混んでいないと思ったら、ほぼ満席の盛況ぶりだ。
ぎりぎり空いていた最後の二席に滑り込む。


ag001.jpg





≫ 続きを読む

| 池袋(西口) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

肉食女子(あもんはなれ)





妻の実家は池袋西口にある。
その実家近くに住む、とてつもなくゴージャスな生活をしている妻の友人一家が、時々食べに行くおいしい焼肉屋があると聞いていた。
店名の「あもん」と場所を、記憶に留めておく。
先日池袋のネイルサロンに行っていた妻から、どこかで夕食を食べようとメールが来る。
いつも魚介と日本酒ばかりなので、たまには肉でワインが飲みたいとの希望だ。
若い頃は焼肉とビールの組み合わせに幸せを感じ、ハレの日にはフランス料理店を予約することもあった私だが、ここ10年ほどは魚介と日本酒にシフトしている。
それに反して妻は、いまだにフレンチやイタリアンに通い、焼肉や豚カツやステーキハウスも大好きなのだ。
妻の友人一家が行っている焼肉屋「あもん」なら、私も妥協できると思い、ネットで検索すると、池袋北口に支店を出している。
「あもんはなれ」という支店は、焼き鳥、豚肉、牛肉と肉全般を扱い、ワインがメインではあるけれど、日本酒も少し置いているようだ。
急きょ電話して空席を確認すると、意外にすんなり予約が取れた。


a1989079.jpg





雑居ビルの一階にある「あもんはなれ」は、カウンターが8席ほどと、テーブルが2卓の小さな店だった。
19時の予約より10分ほど早く店に着くと、我々が最初の客だ。
カウンター上には寿司屋のような白木のネタ箱が並び、なかなか雰囲気がいい。


a1989102.jpg





メニューを見ると、焼き鳥、豚肉グリル、牛肉ステーキなど単品の他に、3980円のおまかせと、5800円の特選おまかせというコースがある。
3980円のコースに決めて、プレモルで乾杯する。


a1989081.jpg





19時になった途端に、続々と他の客がやって来て、たちまち満席になる。
カウンター席は我々以外3組の若いカップルで、全員が特選おまかせを頼みやがった。
ほぼ同時に入店したので、前菜から同じペースで一斉に供される。
特選にはキッシュがプラスされてるな。


a1989104.jpg


a1989105.jpg



≫ 続きを読む

| 池袋(西口) | 08時00分 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最強のモーニング(CRAS)



昔々国内や海外に出張していた頃は、ホテルの決まりきった朝食より、周辺の店で食べる方が楽しかった。
札幌では朝からラーメンを食べたことがあるし、名古屋では喫茶店のモーニングで小倉トーストに喜んだこともある。
今でも最強の朝食だと思っているのは、盛岡駅前通りにあった小岩井が経営する店のモーニングと、シンガポールのホーカーズで食べたバクテーと、台湾の豆漿だ。
ホテルの朝食としては、北海道真狩村の「マッカリーナ」で出る、絞りたて牛乳、焼き立てパン、朝採れ野菜の鮮烈な味が、羊蹄山の景色と共に忘れられない。
都内でももちろん美味しい朝食を出す店は多いだろうが、気軽に食べるなら喫茶店のモーニングだ。
この場合は500円以内でないと、急激に魅力が薄れる。
500円以内のモーニングでは、新宿ベルクと、築地ひよ子はかなり最強だと思うが、私の行動範囲から外れているので、なかなか行く機会が無いのが残念だ。


この日は朝から神保町で打ち合わせがあったので、何も食べずに早朝に家を出た。
打ち合わせを終えると、かなりの空腹感があるが、ランチタイムまではまだかなり時間がある。
どこかのカフェでパンでも食べようかと思ったら、イタリアの国旗とモーニングの幟が並ぶ店に気付く。
店名はCRAS(クラース)だ。


jim01.jpg





店頭の黒板には、モーニングセット480円と書いてある。
これなら私のモーニング基準である500円以内に収まっているではないか。
そこらへんのチェーンカフェやファーストフードより、断然良さそうに見えるので、さっそく店内に入った。


jim02.jpg



≫ 続きを読む

| 九段下・神保町 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪ニモマケズ(吉扇)





一緒にアラスカ旅行に行った友人の一人が誕生日なので、銀座の寿司屋「吉扇」のカウンターを貸し切りで予約した。
当日は雪の予報だが、楽しみにして銀座に向かう。


gk51.jpg




吉扇はエルメスの真裏で、コーチの隣りという好立地だが、周囲はブランド店が立ち並び、日本の店は肩身が狭い。
欧米か?!


gk52.jpg


gk53.jpg


gk54.jpg





狭い階段を降りて行く。


gk55.jpg


gk56.jpg





少々遅刻したので、すでに一回目の乾杯を終えて宴は始まっている。


gk57.jpg


gk58.jpg


gk59.jpg





私も最初はビールを飲み、すぐに日本酒に切り替える。
この日用意されていたのは、日高見楯野川水芭蕉八海山越後で候の四種だ。
八人居るので、二合入る酒器がどんどん空いて行く。


gk60.jpg


gk62.jpg


gk63.jpg





次々に出てくる魚介をつまんで、幸せな気分だ。


gk64.jpg


gk65.jpg


gk66.jpg


gk67.jpg



≫ 続きを読む

| 銀座・築地・新橋 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見て見ぬふりできず(パティスリー・アブルーム)




富士見台「ピッツェリア・ルーナルッカ」で美味いピザに満足し、コーヒーを飲みながらデザートはどうしようかと考える。
正月の餅と酒で80kg台に復活した体重も、ここのところ79kgまで落ちてきたので、たまには甘いものが食べたいではないか。
メニューを見るとティラミスやパンナコッタなど、予想できる味の品名ばかりだ。
すると妻が石神井公園のケーキ屋に行こうと言う。
昨年石神井公園のボート池前に「カシュカシュ」、北口には「パティスリー・アブルーム」と、立て続けにケーキ屋が新規開店したのだが、ダイエット中だった私は見て見ぬふりをしていたのだ。
妻と娘はすでにカシュカシュで食べていたので、今回はアブルームに決めた。


12210.jpg


12211.jpg




ペニンシュラのペストリーでスーシェフだった方が、独立して開いたパティスリーだと聞いている。
店内には女性ばかり数人の先客が居た。


12213.jpg


12215.jpg


12216.jpg




それほど種類は多くないが、どれも美味そうに見える。


12217.jpg


12218.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(買う) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日中伊合作(ピッツェリア・ルーナルッカ)






年末に軽く大掃除し、年明けには念入りに窓やグラスを磨いた。
この日は見て見ぬふりをしていた、物置部屋の整理に手を付ける。
9割は妻の所有物なのだが、整理を始めると忘れていたお宝が出てきたりして、結構楽しかったりする。
あっという間に午後1時を過ぎたので、どこかに昼飯を食べに行くことにする。
蕎麦かうどんを提案すると、妻に却下されたので、富士見台の「ピッツェリア・ルーナルッカ」に決めた。
環八沿いのパーキングに車を入れ、さびれた商店街の外れを歩いて行く。


12201.jpg


12202.jpg




店内に入ると、正面の厨房にドーンと石窯が鎮座している。


12205.jpg


12203.jpg


12204.jpg


ピザとパスタを一品ずつ頼んで、取り分けて楽しむことにした。
マルゲリータと、海老とほうれん草のクリームソースパスタにする。



≫ 続きを読む

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 11時40分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボンボンバカボンバカ(ボンボン亭)




昭和で時が止まった青梅の町を歩く。


oh207.jpg


oh206.jpg


oh203.jpg






寿司、天ぷら、うなぎ、蕎麦、ラーメンなど、昭和のご馳走を食べさせる店が、今でも多く生き残っている。
レトロ風に作った最近オープンのカフェは、いつの間にか消えている。


oh208.jpg


oh209.jpg


oh210.jpg





神社、バス停、街道沿いの商店と、どこを見ても練馬区辺りには無い懐かしさが残る。


oh204.jpg


oh205.jpg


oh201.jpg


oh202.jpg


oh211.jpg





ラーメンとシュウマイを食べようと、三玉屋に向かうと、区画整理でクラシックな店舗が消えていた。


oh214.jpg





立ち退きで店を新築したようだが、この日は営業していない。


oh213.jpg





また青梅街道に戻る。


oh219.jpg


oh218.jpg


oh217.jpg


oh216.jpg


oh221.jpg




≫ 続きを読む

| 青梅市 | 10時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地元で二軒半(喰酔たけし&スプラウト)



夕方に石神井公園駅に戻り、イオンリカーに寄り道する。


ts220.jpg





「搾ってから最良の時期を見極めて発売したというこのお酒。 南国のフルーツの複合的な甘さはまるでミックスジュースのよう! みずみずしい酸とともに切れ味も最高!」
と書いてある、滋賀の笑四季モンスーンを、美人店員から購入する。


ts221.jpg





本当に甘酸っぱくて、三芳菊のようだ。
ロックかソーダ割りにした方が、なお美味しいような気がする。
日が暮れてから、地元居酒屋たけしに行く。
たけしがIKEAで椅子を買ってきたので、座り心地を試すためにテーブル席にする。
乾杯酒は生生姜で作ったジンジャーハイボール。
乾燥した喉に良さそうだ。


ts201.jpg




刺身をつまんで、遊穂のしろ。


ts202.jpg


ts203.jpg





炭火焼きを始めたと言うので、椎茸、筍、肉の盛り合わせを焼いてもらう。


ts204.jpg


ts205.jpg





鴨、山形地鶏、三元豚、山形牛の四種盛り合わせだ。


ts206.jpg






鍋島を飲んで、山芋のふわふわ焼きを食べる。


ts207.jpg


ts208.jpg





もう一軒行きたい店があるので、鶏ごぼうの土鍋炊きご飯で〆る。


ts209.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 09時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何回目かの新年会(日本料理 海音)






関西から知人がやって来て、池袋に泊ると言うので、6名で新年会をやることになった。
池袋で落ち着いて飲める店を知らないので、石神井公園の日本料理店「海音」を予約する。


kn101.jpg





睦月の七品コースをお願いする。


kn103.jpg


kn104.jpg






睦月の語源は、親戚や知人が仲睦まじく往来する月だからだそうだ。
まさに年明けから飲む回数が多く、仕事がらみを含めると二日に一回新年会をやっているような気がする。
天明と天青で刺身をつまむ。


kn105.jpg






西京焼きと栗きんとんには、緑川と澤屋まつもと。


kn106.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

駅前で二軒(寿し処さつき&イオンリカー)




2012年の年明け早々から、妻は相変わらず忙しくしている。
この日も夕方まで来客が居て、夕食の支度ができないと言うので、石神井公園駅前の寿司屋「さつき」で待ち合わせる。


sa101.jpg




まずビールを飲んでから、つまみが書かれたホワイトボードを見ると、毛蟹2800円と小さく書いてある。


sa102.jpg





他の店なら格安価格なのだろうが、一カン50円からのさつきでは、飛び抜けて高級品だ。
まだ正月気分だから、清水の舞台から飛び降りるつもりで発注する。
すると大将が大ぶりな活けの毛蟹を、「ボランティア価格だよ」と、少し誇らしげな顔で見せてくれる。
茹で上がりを待っていると、ばるべにー夫妻が偶然登場する。
狭いテーブルで乾杯した途端に、タイミング良く毛蟹が登場した。


sa103.jpg





半分ずつ分け合って、甲羅には熱燗を注いで味わい尽くす。


sa104.jpg





テーブル席なので、娘さんにメモ用紙をもらい、食べたいものを書き込んでいく。


sa105.jpg





ほとんど4カンずつ発注だから、たちまちテーブルは大混雑だ。


sa106.jpg


sa107.jpg


sa108.jpg





握りは大ぶりなので、妻は多くの種類が食べられないと嘆くが、私とばるべにークンには問題ない。
いや、むしろありがたい。
巻きもので〆て、偶然の寿司新年会をお開きにする。


sa109.jpg



≫ 続きを読む

| 石神井公園(寿司) | 07時30分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高田馬場跡で霙もよう(焼鳥はちまん)


徳川時代に旗本たちが馬術の鍛錬をした高田の馬場は、現在の高田馬場駅周辺ではなく、水稲荷神社南側の西早稲田にあった。
その西早稲田交差点の角地に明治元年から建っている「八幡寿司」に、そんな高田馬場の由来が書かれている。


hm118.jpg





八幡寿司には昼しか行ったことがないが、四代目と五代目が並んで寿司を握っているのは、昨年暮れに訪れた日本橋の「蛇の市本店」と同じだ。
この夜は高田馬場駅からタクシーに乗り、八幡寿司の地下にある「焼鳥はちまん」を訪れる。


hm101.jpg




年末年始に飲み疲れた人が多いためか、店内は意外に空席が目立った。
ビールで菜の花の突出しをつまみ、1890円の焼鳥セットに、黒板メニューから鹿児島の早堀り筍と、海老芋揚げをオーダーする。


hm120.jpg


hm121.jpg





炭火で焼いた焼鳥が出始めたところで、ビールが無くなった。
黒板と冷蔵庫を見て決めてあった、秋鹿の霙もようを頼む。


hm119.jpg


hm104.jpg


hm122.jpg


hm105.jpg


hm106.jpg


hm107.jpg


hm108.jpg


hm109.jpg


hm110.jpg


hm111.jpg


hm113.jpg




≫ 続きを読む

| 早稲田・西早稲田・面影橋 | 06時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大掃除その3の後で(WABISABI海音)



昨年の暮れに軽く大掃除をやった。
三連休初日の新年会当日に、朝から大掃除第二弾をやった。
三連休二日目は、ハードな飲みがたたって一日中どんよりして過ごした。
三連休の最終日は、後回しにしていた息子の部屋を掃除する。
今は東京イーストに住む息子の部屋には、大量のCD、MD、フィギュア、漫画が残されているのだ。
正月に戻って来た息子に、要不要を仕分けさせたのだが、大部分は処分してくれと置いたままになっている。
整理しながら漫画を読み始めたり、私好みのCDを見つけて回収したりして、結局夕方までかかってしまった。
ぐったり疲れたので、夕食はご近所の「WABISABI海音」に食べに行く。


wb51.jpg





前菜の盛り合わせ、海鮮アボカドサラダ、牡蠣のみぞれ煮、ヒレかつ和風だれをつまむ。


wb59.jpg


wb58.jpg


wb61.jpg


wb60.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 07時15分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々の二日酔い


妻が友人を呼んで、自宅で新年会をやると言う。
メンバーは何回も一緒に飲んだことがある酒豪たちなので、江古田の「酒の秋山」や清瀬の「降矢酒店」で、たっぷり日本酒を仕入れておいた。
ワイン、ビール、焼酎、ウィスキー、ジン、ウォッカ、柚子酒、炭酸もあるので、酒調達係りの私の役目は終わった。
ところが年が明けてから、二十代の美人姉妹が参加すると妻が言うではないか。
顔見知りばかりだと思って、暮れの大掃除はかなり手抜きだったが、初めて我が家に来る美人姉妹のために、オジサンは当日の朝から隅々まで掃除し、窓を磨き、ワイングラスもピカピカに洗い直す。
料理の盛り付けやセッティングを手伝ったりしていると、あっという間に夕方になった。


jm13.jpg


jm14.jpg


jm15.jpg





残念ながら美人姉妹の姉は新婚で、ガタイがいいダンナと一緒に来たので、独身の妹を私の隣りの席に案内する。


jm16.jpg


jm17.jpg





ビール、シャンパン、ワイン、日本酒がどんどん空いて5時間経過。


jm018.jpg



≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

隣り町で二軒



所用で仕事帰りに大泉学園に行く。
久しぶりに寿司屋の「まる辰」か、魚料理の「まるふく」で食べようと、妻を呼び出した。
すると妻は「豚カツ地蔵がいい」と言い出す。
力関係から私が折れて、日本酒の品揃えがいい地蔵に行った。


jm01.jpg





お通しのキャベツを胡麻ドレッシングでつまみながら、今夜食べるものを検討する。


jm02.jpg





最終的に牡蠣フライとロースカツを食べることにして、最初は豆腐、漬物、蛸の唐揚げで日本酒を飲む。


jm04.jpg


jm06.jpg


jm05.jpg





ところがこの夜は店主が不在で、対応がイマイチだ。
日本酒も品切れが多く、好みではない辛口酒を除くと、くどき上手東北泉をリピートするしかない。


jm03.jpg


jm07.jpg



メインに辿り着く前に、当初予定していた店に移動する。


≫ 続きを読む

| 大泉学園 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中華な正月(長安ぴかいち)





清瀬で日本酒を買い、さらにスーパーや食料品店や雑貨店でいろいろ仕入れて帰宅したら、すっかり暗くなっている。
一休みしてから、地元のどこかに夕食を食べに行くことにしたが、居酒屋たけし、海音、竹政とどこも営業していない。
昨年赤坂にフカヒレ専門店を出店した「長安ぴかいち」を提案すると、意外にも家族の賛同を得る。


12k10.jpg





辛い物が苦手な妻と娘でも、ふかひれなら大丈夫だろう。
赤坂出店記念キャンペーンで、フカヒレあんかけご飯と、フカヒレつゆそばのセットが980円なのも魅力的だ。


12k11.jpg





外にも人が歩いていなかったが、店内もがらがらだ。


12k12.jpg





くらげの和えものでビールを飲む。


12k13.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(中華料理・ラーメン) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新年会の仕込み






1月4日。
この日で私の年末年始休暇は終わりだ。
つまらない会議の一時間はやたらに長く感じるのに、休日の時間は飛ぶように過ぎ去って行くのが悲しい。
週末に我が家で新年会をやるのだが、酒豪揃いで酒が足りなくなりそうなので、清瀬の「降矢酒店」に買いに行くことにした。
一人で行くのは寂しいので、まだ寝ている妻と娘を、「一将」のうどんで釣って起こす。
万が一正月休みだと困るので、事前にネットで検索すると、「降矢酒店」のHPには1月4日から営業となっているし、「一将」は1月4日ランチのみ営業と「食べログ」に書いてあった。


12時に清瀬到着。
「一将」のシャッターが降りている。
あらら、ダメじゃん食べログ。
一ヶ月10万円程度で、食べログのランキングを操作する業者が30社近くもあると公表されたように、クチコミサイト情報は玉石混交だ。
以前食べログに数百件投稿している方と飲んだことがある。
レビューアー同士のオフ会をやると、会場に選ばれた店にはベテランの投稿が一気に増えるので、ランクがドーンと上昇するとのことだ。
仲間が選んだ店に、悪い点数は付けられないとも言っていた。


麺つながりで、清瀬駅に近い中国料理の「同心居」に行き先を変える。


12k01.jpg




数種類用意されているランチセットから、妻と娘は麺を選択。


12k02.jpg


12k03.jpg





私は蟹玉にする。


12k09.jpg





スープ、ご飯、春巻、高菜は全員に付いてくる。
結局私がご飯を三杯も食べることになり、超満腹な正月だ。


12k04.jpg





満腹でも別注で杏仁豆腐はしっかり食べる。


12k05.jpg




≫ 続きを読む

| 清瀬 | 11時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Whisky





新宿と池袋の初売りに出撃した妻と娘は、まだ買い足りないらしい。
1月3日は私が運転手兼ポーターとして採用され、11時半ごろ入間のアウトレットに到着する。
正月恒例行事だ。


whi01.jpg


whi02.jpg






昼飯も食わずに3時間滞在。
アウトレット近辺の「武蔵野山居」や「やまき」に電話するが、まだ営業していない。
ランチは練馬に戻って焼肉。


whi03.jpg






そして夜は車で新小岩に荷物を運ぶ。
以前行ったことがある新小岩駅前の「炎丸酒場」で遅い夕食。
車なので飲めないのが残念だ。


whi04.jpg



≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 02時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな年越し




2011年12月31日
13:00 妻の友人が保谷から来る。おせち作り開始。



111218.jpg


111219.jpg







14:00 昆布巻きとかをつまみながら、私は山形の上喜元を飲む。


111220.jpg






15:30 睡魔に襲われて居眠りする。




17:00 おせち完成。しばし歓談。


111201.jpg


111202.jpg





18:00 保谷の友人を駅まで送り、ついでに地元居酒屋たけしに寄る。寒いので最初の一杯は黒糖焼酎のお湯割り。




19:00 日本酒いろいろ。


111213.jpg


111205.jpg







つまみは大トロとうにの炙り。


111206.jpg


111207.jpg






マスカルポーネが入ったポテサラ燻玉乗せ。
写真を撮ったら混ぜて食べる。


111208.jpg






19:30 家族連れの客が一斉に帰り始める。ははー、紅白だな。我々はまだまだ飲む。仙禽の丸5。


111214.jpg






たけし5周年記念バージョンだ。


111215.jpg







佐渡のぶりしゃぶ。


111209.jpg


111210.jpg






〆はもちろん雑炊だ。


111211.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 01時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Happy New Year







May the year of 2012

bring you a lot of happiness and smiles









2012.jpg









| 未分類 | 00時00分 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。