| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偉大なるアラスカ




ヘビーなディナーを食べた後は、サンセット・フライトに出発だ。
4人乗りだと思っていた小さな単発のプロペラ機に、7人全員が乗ることになるのでかなり恐ろしい。
ドアなんかペコペコだし。
1名はビビッて脱落した。



au0002.jpg


au0003.jpg





一応パラシュートの説明を受けるが、いざとなったら絶対無理だ。
超ベテランパイロットを信じて飛び立つ。


au0004.jpg


au0005.jpg


au0006.jpg





離陸した直後はホテルの施設が見えたが、1分後には薄い鉄板一枚隔てて、広大な大地と空しか無い世界だ。
渡されたiPadみたいな計器を見ても、さっぱり理解できない。


au0007.jpg


au0008.jpg


au0012.jpg





やがて太陽が沈んで行く。


au0009.jpg


au0011.jpg





空と大地のショーを見ていると、日本での仕事や小さな悩み事など、すっかりどこかに消え去っている。
もっとも成田に着いた時から、仕事はまったく忘れてるけどね。


au0013.jpg


au0014.jpg





















無事に着陸したので、最後のショータイムの前に部屋で乾杯する。
ここでついに秘蔵の会津娘を開栓する。
福島県白河から東京に送られ、さらにはるばる空路を5000km飛んでアンカレッジに到着し、アラスカ鉄道にも何百キロか乗り、デナリから陸路を300km走ってチナ温泉にたどり着いた日本酒だ。
贈ってくれた「けーさん」も本望だろう。
翌日にはアラスカを離れるので、残っていたビールやワインも飲み尽くす。






che016.jpg

















そしていよいよ、アクティビティセンターに行ってオーロラ待ちだ。
頭上は満天の星空なので、きっと出現しそうな気がする。
















ところがアクティビティセンターは、持参した煎餅とか食べながら、大声で話す関西弁のオッチャンとオバチャンで溢れている。
これではオーロラがびっくりして逃げ出しそうだ。
もう一か所徒歩圏内にオーロラ観測の山小屋があるらしい。
写真を見ると素敵だが、暗闇を歩いて行かなければならないし、今は電気が止まっていると言われる。


chenaau01.jpg





7人居れば怖くないので、懐中電灯と鍵を借りて、丘の上に建つオーロラ観測小屋に行くことにした。
真っ暗な山道の途中には、巨大なムースか熊の糞が落ちていたりするので要注意だ。



au0015.jpg





北側が大きなガラス窓になった観測小屋で、何時間でも待機するつもりだ。




au0016.jpg
















時々外に出て星空を見上げる。
まさに星が降ってくるように見える。
北斗七星もくっきりだ。
おそらく零下に冷え込んできたので、小屋に戻ってホッカイロで暖を取る。



au0017.jpg



















と、前面の山がボーっと白くなってきた。
さらに待つと、緑色の線が縦に走ったりする。



かなり地味だが、オーロラだ。



外に出て写真を撮るが、液晶画面には何も写っていない。
帰国後に画像を補正すると、なんとか見られるようになった。
ド派手なやつは、またいつか来る時の楽しみに取っておこう。























au0001.jpg





≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| Alaska | 00時00分 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホース&ドッグ&キングクラブ(CHENA HOT SPRINGS RESORT)





ランチ後は馬に乗りに行く。


che101.jpg


che102.jpg


che103.jpg




初心者のオジサンオバサンを乗せる馬だから、だいたいおとなしいのだが、中には機嫌が悪そうなヤツも居る。
可愛いカリちゃんが乗っていた、一番大きい馬に私が乗せられる。
農耕馬みたいで速く走れそうにないが、走られても困るからこれで良し。
馬の名前を紹介されたが忘れた。


che104.jpg


che105.jpg




30分ほどのライディングに出発だ。


che106.jpg




途中の川でビビる日本人。
早くしろよ、みたいに見つめるアメリカ娘。


che107.jpg


che108.jpg




ここで私が雄々しく川を渡る。


che109.jpg


che110.jpg


che111.jpg



















のどかなアラスカの秋を満喫し、次はドッグカートに乗りに行く。


che112.jpg


che113.jpg


che114.jpg




冬場はソリだが、雪の無い季節はこのカートを犬たちが引く。


che115.jpg




馬のオネーサンたちが、犬も担当している。


che116.jpg


che117.jpg


che118.jpg


chena090.jpg




繋がれていた犬たちは、早く走りたくて大興奮だ。
北極圏を1600kmも走る犬ぞりレースに参加する犬たちだから、何代にも渡って長距離を走れるように改良されているらしい。


che119.jpg


che120.jpg













やがて一気に走り出す。
むき出しのカートで林間を走り抜けて行くから、かなりのスピード感だ。


che121.jpg


che122.jpg






ちょー楽しいんですけど。


che123.jpg


che124.jpg



カートを降りると、顔にも服にも泥が跳ねている。




≫ 続きを読む

| Alaska | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

極北の露天風呂(CHENA HOT SPRINGS RESORT)




疲れが溜まって皆は寝ているが、私は普段通りに早起きする。
コーヒーを淹れてテラスに出ると、今日はかなりいい天気だ。
露天風呂から盛大に湯気が上がっている。
息が白い。


che60.jpg




一人で外に出る。


che61.jpg


che62.jpg





アクティビティ・センターに行って、空き状況を確認する。
この日の午後に、なんと150人の日本人ツァーが関空からやって来るらしいが、今ならどのアクティビティも予約できる。
乗馬とドッグカートを申し込む。


che63.jpg


che64.jpg




セスナにも乗ってみたいが、エスキモー村へのフライトは400ドルほどかかるので、皆の意見を聞いてからにし、広い敷地内を散歩する。


che65.jpg


che66.jpg


che67.jpg




秋のアラスカは、どこを切り取っても絵になる風景だ。


che68.jpg


che69.jpg


che70.jpg


che71.jpg


che72.jpg


che73.jpg




昨夜訪れたアイスミュージアムや、午後訪れる予定のドッグカート犬舎にも行ってみる。


che76.jpg


che75.jpg




次々に発着する飛行機を見ると、やっぱり乗ってみたいと思う。


che78.jpg


che79.jpg


che80.jpg


che81.jpg


chenaf01.jpg





この滑走路は、深夜になるとオーロラ観測所に変身する。


che77.jpg




滑走路の横にあるアクティビティセンターで、コーヒーなど飲みながらオーロラを待つのだ。
今夜は派手なのが出そうな予感がする。


che83.jpg


che84.jpg


che82.jpg




≫ 続きを読む

| Alaska | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

温泉でハシゴ酒(CHENA HOT SPRINGS RESORT)




ようやくチェナ温泉に到着した。
外はまだ明るいが、午後8時になろうとする時間だ。
荷物を降ろしてドライヴァーのヨシ君と別れる。


che01.jpg


che02.jpg




フロントで「昨夜は赤や黄色のド派手なオーロラが出た」と聞く。
今夜も期待大だ。


che03.jpg




ここは広大な敷地に様々な施設や宿泊棟が点在している。
チェックインしてからロッジに向かう。
我々は46号棟の二階4部屋だ。
コネクティングルームになっているので、仲間同士の場合は具合がいい。


che04.jpg


che05.jpg




恐ろしげな表示を無視して二階に上がる。


che06.jpg


che007.jpg




ここでは妻と同じ部屋になる。


che008.jpg


che009.jpg




テラスに出ると露天風呂が見える。
残念ながら温泉は水着着用だ。
手前は地熱利用で野菜を栽培しているビニールハウスのようだ。


che010.jpg


che011.jpg


che012.jpg




レストランは一箇所しか無いので、二日滞在だと飽きる。
今夜はスーパーで仕入れた食材で部屋飲みの予定だ。
シャワーを浴びて着替え、7人が我々の部屋に集合する。


che013.jpg


che014.jpg


che015.jpg


che017.jpg


ヘビーな食事が続いていたので、フェアバンクスで買った海苔巻や、シンプルな野菜や、日本から持参した柿ピーやらスルメやらの乾き物が大ご馳走だ。
久々に食べたカップヌードルも美味かった。




≫ 続きを読む

| Alaska | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランチのちフレッド・マイヤー





早朝5時に出発し、8時間のツンドラ・ウィルダネス・ツァーから無事帰還する。
ランチは軽くマッキンリー・シャレー・リゾートのカフェで取る。


fb01.jpg


fb02.jpg


fb03.jpg




あまり美味そうなものが無いような気もするが、選択肢も時間も限られているから仕方ない。


fb04.jpg


fb05.jpg




お疲れさんのビールを飲み、アラスカらしいサーモンバーガーを食べる。


fb006.jpg


fb07.jpg


fb21.jpg




チャーターした車が来る時間なのでロビーに戻ると、また新たなツァー客が到着したのか大混雑している。


fb22.jpg




迎えの車にスーツケースを積み込み、JALパックと別行動で300kmのロングドライブに出発する。
時刻は15時半。
いかついアラスカンではなく、柔和な日本人ドライバーだったのでホッとした。
少々アヤシイ日本語を話す北海道生まれのヨシくんは、父親がアラスカ大学で教えることになったので、5歳からフェアバンクスに住んでいるのだそうだ。



fb08.jpg



途中休憩で立ち寄ったガソリンスタンドで、トイレに仕切りが無いと驚く女性たち。


fb09.jpg


≫ 続きを読む

| Alaska | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツンドラで出会う(Denali National Park)





東京で毎晩のように飲み、アラスカに来ても昼から飲み続けている。
しかもアラスカでは毎朝早くから行動開始しているのだから、まったくタフな旅だ。
この日も4時のモーニングコールで起床し、あわただしくパッキングしてからシャトルバスに乗ってロビーに集合する。
ホテル前からツァーバスに乗る。
早朝5時に出発し、8時間後に戻るツンドラ・ウィルダネス・ツァーだ。


den01.jpg


den02.jpg




デナリ国立公園は自然環境をそのまま保つために厳しく管理されている。
女性ドライバー兼ツァーガイドのケイトさんは、180cm以上はありそうな巨体で、言うことを聞かないとブッ飛ばされそうだ。
まだ暗いうちに着いた検問所で、パークレンジャーのチェックと挨拶を受ける。
ここから先は許可を受けた車しか通行できないのだ。


den04.jpg


den03.jpg




途中で朝食用のボックスが配られる。
アラスカらしいトナカイのソーセージは、あまり美味くはなかった。


den05.jpg




バスは未舗装の一本道を進む。
周辺は荒涼としながらも美しい永久凍土ツンドラだ。


den06.jpg


den07.jpg


den08.jpg









そしてついにデナリ(マッキンリー山)が雄姿を現す。




den09.jpg


den10.jpg







ベテランドライヴァーのケイトさんは、恐ろしく目がいい。
突然車を止めて指差した先に、何か小さく動くものが居る。
デジカメのズームを最高倍率にすると、熊の親子だ。


den11.jpg








しばらく走ると、またもや熊出現。
先ほどと同じ熊なのか見分けはつかないが、こんども三頭だ。
時々ワイルド・ブルーベリーを食べながら、どんどんバスに近づいて来る。


den12.jpg


den13.jpg


den14.jpg








こんどは道路を歩き出す。


den15.jpg














熊に興奮していたら、デナリまで全容を現したので、さらにテンションアップだ。



denali0005.jpg










熊に刺激を与えないように、バスはゆっくりと徐行運転する。



den17.jpg


den18.jpg


den19.jpg


den20.jpg








デナリに挨拶してバスは折り返す。


d001001.jpg







≫ 続きを読む

| Alaska | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偉大なるピッツァ(Prospectors Pizzeria & Alehouse)



迎えのバスに乗って、今宵の宿であるマッキンリー・シャレー・リゾート(Mckinley Chalet Resort)に向かう。


mc01.jpg


mc02.jpg




マッキンリーはデナリ国立公園の象徴とも言える、北米大陸最高峰の山だ。
しかしアラスカの人は誰もマッキンリーと言わず、原住民の言葉で「偉大なもの」を表すデナリと呼ぶ。
普段は雲に覆われていることが多いと聞くが、明日は絶対に見たいものだ。


mc03.jpg




ロビーに居るドールシープの実物にも、明日はぜひ会いたい。


mc04.jpg


mc05.jpg


mc06.jpg




このホテルは広大な敷地にロッジが点在している。
我々が泊まるZ棟は、かなり奥まった場所にあるので、メインロッジの前からシャトルバスに乗った。


mc09.jpg




ウルベリン・ストップで降り、部屋に向かう。
今夜も私は一人で悠々だが、なんだか夜になったら怖そうな場所だ。


mc14.jpg


mc10.jpg


mc11.jpg


mc12.jpg


mc13.jpg




バス停には自販機や製氷機が置かれているので、部屋飲みもできる。
がんばってるな、ホッシーくん。


mc15.jpg


mc16.jpg






部屋にこもってもすることが無いので、メインロッジに戻る。
夏シーズンの終わりなので、ホテルのショップはバーゲン価格になっている。
女性たちの物欲は、極北の大地でも冷えることがない。


mc17.jpg


mc18.jpg


mc19.jpg


mc20.jpg







ホテル前の道路を渡り、観光地に付き物の土産物屋みたいなショップを見る。


mc21.jpg


mc22.jpg


mc23.jpg


mc24.jpg


mc25.jpg


mc26.jpg


mc27.jpg





だんだんテンションが上がる女性たち。


mc28.jpg


















オジサンたちは燃料切れなのだ。



mc29.jpg





≫ 続きを読む

| Alaska | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。