| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

るみ子と酒(神田新八)






1988年に「夏子の酒」という漫画の連載が開始された。
日本酒蔵に生まれた夏子が、兄が急死した後に実家に戻り、幻の酒米を復活させ、様々な問題を乗り越えて日本一の酒造りを目指して行くストーリーだ。
まだTVCMをやる大手メーカーの酒がほとんどだった時代に、三増酒や酒米の問題提起をした漫画だったように思う。
和久井映見主演でテレビドラマにもなった漫画の原作者は、尾瀬あきらさんだ。
尾瀬さんは神田新八の常連でもあるらしく、店内に色紙が飾られている。


ks09291.jpg


ks09292.jpg





三重県の森喜酒造場が作る「るみ子の酒」は、尾瀬あきらさんがラベルを描いている。
関西では探偵ナイトスクープに出た発泡酒が、爆発酒としても知られているらしい。
その森喜酒造の酒と、料理と江戸情緒を楽しむ会が、神田新八で開催された。


k749946.jpg


k749960.jpg




森喜酒造からは、るみ子さんとご主人に加え、東京農大に通う可愛い娘さんまで参加している。


k749956.jpg


k749950.jpg




色がきれいな紫蘇酒で乾杯する。


k749953.jpg


k749961.jpg






≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 神田 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

老舗のハシゴ(神田新八&蛇の市本店)





神田新八に予約を入れたら、二階の落ち着く座敷を用意してくれた。


s59840.jpg




ところが衝立の向こうにいる数名のオヤジサラリーマンが、強烈にうるさいなんてもんじゃない。
どこか別の席に移動したいと店のオネーサンに言うと、今夜は満席で空きが無いのだそうだ。
空き次第連絡をもらうことにして、しばらく我慢することにした。


s59819.jpg




とりあえず何点かつまみをオーダーして、まずアウグスビールとエビスで乾杯する。


s59839.jpg


s59846.jpg


s59842.jpg


s59848.jpg


s59850.jpg


s59843.jpg





途中に日本酒を挟みながら食べるが、隣りがうるさ過ぎて会話にならない。
せっかく美味しい料理と酒があるのに、野卑な馬鹿笑いが聞こえるたびに、味わう気分が消えていく。
衝立にもたれかかって、こちら側に倒れそうになったりするし。
腹の中にシコリができるのではないかと思われる頃、別のテーブルが空いたと案内される。


s59851.jpg



運んでくれたつまみと酒を片付け、追加はしないで店を出る。
客次第で店の印象が変わってしまうから、飲食業は大変だと思う。


≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの親子飲み(神田新八)





お盆休みに彼女を連れてきた息子と、神田新八で飲む。


s24481.jpg


s24509.jpg




神田駅周辺は休みの店が多く、通行人もまばらだったが、新八にはかなり客が入っていた。


s24482.jpg


s24474.jpg




ビールで乾杯した後は、オーダーを私が決める。


s24519.jpg




刺身盛り合わせに、徳島の岩牡蠣。
合わせる日本酒は、三井の寿純米大吟醸にした。


s25923.jpg


s24518.jpg


s24511.jpg


s25925.jpg


≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ酒浸り(和酒& DINING醇)





神田紺屋町の日本酒バル酒趣を出て、神田駅南口に向かって歩く。
駅前もまったく人通りがないが、勢いがついているのでもう一軒。
和酒の醇に電話を入れて営業しているか確認し、さらに道案内してもらう。
土曜日の神田は歩く人が居ないから、こちらの店内もガラガラだった。


w2333988.jpg




ゴージャスなお通しで、日本酒やビールを飲む。


w2333990.jpg


w2334004.jpg


w2334005.jpg





これだけで三合は飲めるな。


w2333991.jpg





女性用にオムレツと炊き込みご飯。


w2333993.jpg


w2334007.jpg




さらにヘロヘロになった勢いで、大手町まで歩いて丸ノ内線に乗るつもりだ。


w10922.jpg



煌々と灯るチェーン飲食店の灯り。
店内に客の姿は見えない。
オフィス街の商売は週5日間勝負だから、なかなか大変そうなのだ。


≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今夜も酒浸り(日本酒バル酒趣)





日本橋の「蛇の市本店」で行われた辨天娘の会で、向かい側に座った青年に見覚えがあった。
神楽坂の某店に居たと言う。
後日神田紺屋町にオープンする日本酒バルを、蛇の市の五代目がプロデュースしており、その新店の店長を任されるらしい。
あれから一ヶ月以上が経ち、オープニングパーティーの案内をいただいた。
当日は訪問前に開店祝いを買おうと、三越前で下車して島根館に行く。


j2333976.jpg




ここで十字旭日の試飲即売会をやっているのだ。


j2333994.jpg




試飲コーナーの前にはマニアックそうな人たちが群がって、あれこれウンチクを傾けながら飲みまくっている。


j2333978.jpg




やっと人を掻き分けて前に進み、島根から来ている寺田夫妻の説明を聞きながら、普段は飲めない何種かを試飲させてもらい、酒趣に持参する酒を選ぶ。


j2333983.jpg


j2333996.jpg





三越前から歩いて酒趣に向かう。
神田紺屋町界隈は、その町名から推測されるように江戸時代には染物屋(紺屋)が多く、今でも問屋や小さな会社が建ち並んでいる。
昼間人口は多いだろうが、夜間人口はほぼゼロではないかと思われる町だ。
土曜日のこの日は人通りがまったく無く、ポツンと酒趣だけ営業していた。


s2333982.jpg



≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神田で一から十まで(大寅)






日本橋の老舗「蛇の市本店」で行われた羽根屋の会で、銀座OLと同席した。
たまたま通りかかった人形町「新川屋佐々木酒店」で試飲会をやっており、そこで何種か飲んでから日本酒ファンになったそうなので、日本酒歴はまだ一年半だと言う。
何十年も漫然と飲んできた私と違い、蔵元の話や酒の味をしっかりメモしているから、かなり日本酒に詳しい。
その彼女から、翌日も神田で日本酒会があると聞いた。
名前に一から十までの数字が入った酒の会だって。
おもしろい趣向だし会費も安いので、その場で申し込みの電話をしてもらう。
そして翌日、神田駅で待ち合わせして会場のおでん屋「大寅」に行った。


ot01_20120422091341.jpg


ot02_20120422091342.jpg




常連の彼女に聞いていた通り、日本酒は結人をメインにしていることがわかる。


ot03_20120422091343.jpg




地下の店舗に入ると、さっそく一から十までの数字が書かれたメモ用紙を渡される。
まずは今夜用意されている酒を予想してくれと言われる。
ぼやけた記憶をたどり、なんとかメモに書き込んでいく。

一:一白水成、一ノ蔵、東一、本洲一、一品、さ々一、一喜、乾坤一、一会、天寶一、一本義、羽陽一献、會州一と、どんどん出てくる。

二:・・・・・一はたくさん出てきたのに、二は黒龍の二左衛門しか思い浮かばない。

三:三千盛、三千桜、三芳菊、三重錦、三井の寿、三十六人衆

四:十四代、四季桜、笑四季

五:五橋、五凛、田中六五、五十嵐、NEXT5

六:同じく田中六五と三十六人衆、新政六號

七:七田、七本槍、七賢、大七

八:陸奥八仙、八海山

九:十九、九郎右衛門、九嶺、醸し人九平次

十:十右衛門、十四代、十字旭日



≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

師走の神馬




お茶の水で所用を終え、近くの湯島聖堂を散歩する。


yus01.jpg





徳川五代将軍綱吉の時代にできた湯島聖堂は、湯島天神とともに学問の神様と言えるだろう。
ここまで来たからには、商売の神様にも会っていくことにする。
5分ほど歩いて神田明神に向かう。


yus02.jpg




≫ 続きを読む

| 神田 | 08時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。