| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス市から世界遺産へ

ランスのメインストリートにクリスマス市が立っている。
日本の露店と違って、統一された木造の屋台が並ぶ。

ラン20005

ラン10004

ラン40007

ラン30006


クリスマスには関係ない物や、品質に疑問符がつく品も多いが、露店はなんだか楽しい。

ラン60009

ラン50008


いつの間にか妻の姿が見えないと思っていたら、酒屋から興奮して出てきた。

酒10018

酒20019


実は昨年の暮れに、アールヌーヴォーのボトルで知られるペリエ・ジュエの会に参加している。
この時にシャンパングラスを4客手に入れ、あと何客か買い足そうと探したのだが、どこにも売っていなかったらしい。
その幻のシャンパングラスが、田舎町の酒屋にディスプレイされていると言うのだ。
ペリエ・ジュエ社はモエ・エ・シャンドンの隣りにあるのだが、今回はスケジュールの都合で訪れることができなかったので、せめてグラスに出会えたのはラッキーと喜ぶ妻。

酒30020


しっかり6客購入し、さらにはワインまで買う妻を私は止められない。
今回は冬の旅なので、かさ張る衣類や靴でスーツケースは満杯状態なのに、瓶やグラスが増えてしまい、マズイことになりそうだ。

酒50022

酒40021

ペリエ0001

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| Reims | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食事信条を死守する

人口20万ほどと、練馬区の3分の1以下規模のReims(ランス)も、オシャレ度は30倍以上だ。
クリスマス時期なので、メインストリートは華やかだ。

フロビア0007

フロレストラン0001

フロ店0014


どの店も美味そうに見えて困る。

フロピッツェリア0008

フロブラッセリー0010

フロカフェレス0001


ランチ場所は日本でも名前が知られているBRASSERIE FLO(ブラッスリー・フロ)にする。

フロ外0013

フロドア0005

今では「すかいらーく」グループの惣菜屋みたいになってしまったが、20年ほど前に表参道の伊藤病院横にオープンした時は、かなりカッコイイ店だった。

≫ 続きを読む

| Reims | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いざシャンパーニュへ

パリ二日目の朝は早い。
国内で旅に出ると、その土地の蔵元を訪ねることが多い我々としては、フランスに来たからにはシャンパンのメゾン訪問は必須だ。
朝7時を過ぎても、まだ暗いパリ東駅に向かう。

列車駅0004


ここからTGVに乗って、パリから130km離れたReims(ランス)に行くのだ。

列車掲示板0001


構内の売店で、車中の飲み物などを仕入れる。

列車売店0001

列車構内0002


TGVの車内は、椅子も乗客もオシャレだ。
8時半を過ぎる頃になって、やっと朝陽が射し始め、車窓に田園風景が広がる。

列車TGV0005

列車内0001

列車女性0001


モーニングセットを食べ終えないうちに、45分ほどでランスに到着した。

列車窓0003

ランス駅0003

シャンパーニュの丘陵地帯には、33,000haの葡萄畑が広がり、実に5,000もの醸造所が点在しているそうだ。
日本酒の蔵より遥かに多い醸造所の中には、きっと隠れ名酒もあるはずだが、日帰りでは一箇所にしか行けない。
選んだのは世界最大のシャンパーニュメゾンである、Moet & Chandon(モエ・エ・シャンドン)だ。
ランス駅前からバスに乗り、モエ・エ・シャンドン社に向かう。
ランスは見所がゴロゴロある街だ。
車中からは世界遺産のサン・レミ教会や、ローマ時代の3世紀に作られたマルスの門などが見える。

サンレミ教会0001

ランス凱旋門0003


バスは葡萄畑を抜け、大小のメゾンが点在する街に入る。
モエ・エ・シャンドンは一際大きい、グラン・メゾン中のグラン・メゾンだ。

モエ小学生0002

モエ外0027


ここは1743年にクロード・モエが創設したメゾンで、今ではルイ・ヴィトンのグループ企業となっている。
ホストクラブ御用達みたいなイメージがあるドン・ペリニヨンは、ここの一銘柄だ。
シャンパンを生み出した盲目の僧ドン・ペリニヨンも、さぞかしピンドンとか呼ばれる日本での扱いを嘆いていることだろう。

モエ銅像0002


いやー、オシャレな館内だな。

モエツリー0001

モエシャンデリア0004

モエテーブル0015

モエ部屋0029

≫ 続きを読む

| Reims | 00時00分 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。