| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生パスタの居酒屋(てんてん)





妻も娘も外出した休日。
暑いので昼から自宅でビールを飲み、このまま引きこもろうかと思っていたが、夕方になって飲みに行きたい気持ちが沸々と湧き上がってくる。
地元の竹政は休業中だし、居酒屋たけしは夏休みだ。
以前ブログに富士見台の「香菜軒」と「ダイニングてんてん」という店がいいとコメントを頂いていたので、新規開拓しようかなと迷う。
香菜軒はカレー屋なので、てんてんの方がいいだろう。
しかし初訪問の店で一人酒は間が持ちそうにないし、てんてんに美味しい日本酒が置いてあるのか不明だ。
一人で悶々と悩んでいたら、妻から夜の予定がキャンセルになったので帰宅するとメールが来る。
二人なら新規開拓も怖くない。
富士見台駅で待ち合わせ、駅から近い「てんてん」に向かった。


t25936.jpg




カウンター数席とテーブル二卓の小さな店で、感じのいい夫婦だけで営業している。
18時に入店したのに、すでにテーブルは埋まっていた。


t25937.jpg




カウンターに座って、まずハートランドを飲む。


t25929.jpg




頭上の黒板を見上げて、何を頼むか考えていたら、妻が「私は食事してきたから飲むだけでいい」などと言う。
生パスタを最後に食べたかったのだが、一人だときついかもしれない。


t32093.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

代打の代打(MUSO)




どうせ飲みに行くなら、食べ物が美味しくて、日本酒の品揃えが良く、店主の個性が伝わる個人営業店で、値段がそこそこ安い店がいい。
日本酒の品揃えはイマイチでも、桜台の秋元屋とか、練馬の金ちゃんとか、石神井公園のスマイリー城のように、活気と値段の安さが際立っていれば、時々行きたくなる。
ところが妻はホッピーを置いているような大衆店に行きたがらない。
この夜は妻が不在で私一人だから、普段行けない店を新規開拓しようと思っていた。
今夜のターゲットは、酒場放浪記の吉田類が最近来たらしい中村橋の「大天」だ。
駅から近い大衆食堂のような「大天」は、以前から存在を知っていたのだが、妻が絶対「ウン」と言わなそうな雰囲気なのだ。


ところが夕方になって妻からメールが来る。
予定がキャンセルになったので、一緒に食事しようと言うのだ。
今さら予定を変えるのはシャクだから、中村橋駅で待ち合わせ、初志貫徹で大天に行くと、店の前で妻が「ここはイヤだ」と言い出す。
当然予想していた反応なので、第二候補の「どんぶり」に行こうかと思ったら、そこもイヤだと言う。
少々ムッとしながらも、ご近所居酒屋たけしで聞いていた、第三候補の「MUSO」に移動する。


m2294010.jpg




鰻の寝床状の店内は、手前にカウンター、奥に小上がりと分割されているから、従業員は働きにくいかもしれない。


m2294013.jpg


m2294012.jpg




メニューを見ると、チェーン居酒屋のように綺麗に作られている。


a2300356.jpg


m2294014.jpg




日本酒は20種ほど揃っているものの、私好みの銘柄は一つも無いのが残念だ。
大手チェーン酒屋の、カクヤスとかマインマートっぽい品揃えだ。


a2301202.jpg




お通しでビールを飲みながら、メニューをじっくりと見る。


m2294017.jpg


≫ 続きを読む

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日中伊合作(ピッツェリア・ルーナルッカ)






年末に軽く大掃除し、年明けには念入りに窓やグラスを磨いた。
この日は見て見ぬふりをしていた、物置部屋の整理に手を付ける。
9割は妻の所有物なのだが、整理を始めると忘れていたお宝が出てきたりして、結構楽しかったりする。
あっという間に午後1時を過ぎたので、どこかに昼飯を食べに行くことにする。
蕎麦かうどんを提案すると、妻に却下されたので、富士見台の「ピッツェリア・ルーナルッカ」に決めた。
環八沿いのパーキングに車を入れ、さびれた商店街の外れを歩いて行く。


12201.jpg


12202.jpg




店内に入ると、正面の厨房にドーンと石窯が鎮座している。


12205.jpg


12203.jpg


12204.jpg


ピザとパスタを一品ずつ頼んで、取り分けて楽しむことにした。
マルゲリータと、海老とほうれん草のクリームソースパスタにする。



≫ 続きを読む

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 11時40分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謳歌どころか(大貫)

妻が海外旅行中なので、花の独身生活を楽しもうと思っていたが、肩こりと腰痛がひどくてそれどころではない。
きっと加齢と飲みすぎ食べすぎ寝不足が原因だろう。
どうにも我慢ができないので、仕事を終えた後に、富士見台にあるカイロプラティックに行った。


oon01.jpg


oon02.jpg




2時間ほど施術してもらうと、なんだか体が軽くなったような気がする。
今夜は酒を飲まない方がいいと言われたので、富士見台のどこかで食事だけして帰ることにした。
酒抜きとなると、これはという店を見つけられぬまま、富士見台駅を越えて練馬高野台方向に歩く。
たしか「吉見うどん」という店があったはずだ。
店に辿り着くと、残念ながら営業時間が終わっている。


oon03.jpg



すでに店が途切れた辺りなので、富士見台に引き返すか、練馬高野台まで歩くか考えていると、ぽつりと飲み屋の灯りが見える。
「釜めし 鳥料理 大貫」だって。


oon04.jpg



近付いてみると、なんだか美味そうな気がする。
普段だったら釜飯に釣られることは無いのだが、この夜は食事優先なので、古びた戸を開けて入店する。


oon07.jpg


oon08.jpg




店内に先客は居ない。
中年店主が一人だけだ。


oon06.jpg


oon05.jpg


≫ 続きを読む

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

住宅地の石窯ピザ(Snow Goose)

この日は中村橋の居酒屋「どんぶり」に行くつもりだったが、直前に森のくまくまさんからSnow Goose(スノーグース)という店が美味しいとのタレコミがあった。
調べてみると石窯ピザがあるので、急きょ行き先を変更する。
中村橋駅からは結構近いが、住宅地にあるのでまったく目立たない立地だ。
可愛い店と聞いていた通りに、オジサンは少々浮いてしまいそうな気がする。

sg01.jpg

sg02.jpg



入り口脇にある厨房には、確かにピザ用の窯がある。
まだ若いシェフは、女性店主の息子さんだと後から聞いた。

sg03.jpg



店主の自宅を改装した店内は可愛いカントリー調だ。
先客は予想通りに女性ばかりだった。

sg04.jpg

sg05.jpg

sg06.jpg



シンプルなメニューを見る。

sg007.jpg

sg008.jpg



赤を一本もらい、前菜、パスタ、ピザから一品ずつ選ぶ。

sg009.jpg


≫ 続きを読む

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人のポテサラ(どんぶり)

〆の蕎麦を先に食べ、後から中村橋の居酒屋「どんぶり」に行く。

don01.jpg



日本酒の品揃えが良くなったと聞いていた通りに、期待できそうなディスプレイだ。

don02.jpg

don03.jpg



以前から置いてあったのは田酒ぐらいで、あとは新しく品揃えした銘柄ばかりだ。

don04.jpg

don05.jpg

don06.jpg

≫ 続きを読む

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

順序が逆(二十三)

私が子供の頃は、蕎麦、ラーメン、寿司は出前で食べることが多かった。
昔の住宅地にある飲食店は、おそらく半径2km以内ぐらいの住民を相手にしていたように思う。
せいろを10枚ぐらい積み重ね、自転車を片手運転して出前するオニーサンは、子供心にカッコよく見えたものだ。
ところがそのうち出前要員は居なくなり、蕎麦もラーメンも店売りで勝負するようになった。
今では日本中の蕎麦やラーメンを食べ歩き、情報発信する方も多い。
おそらく蕎麦やラーメンは、昼でも夜でも食べられるし、値段が手頃だから外してもケガが少ないからだろう。
開店したばかりの店が、あっという間にアップされるのでビックリなのだ。

中村橋にある居酒屋「どんぶり」の、日本酒の品揃えが良くなったと情報が入ったので、途中下車して飲みに行こうと思っていた。
別の方から中村橋と練馬の中間辺りに、つけ蕎麦の店が出来たとの情報もいただく。
ネットで検索すると、すでにいくつかの蕎麦ブログに、つけ蕎麦の店がアップされているではないか。
日本酒とつまみも用意されているようだ。
「どんぶり」で飲んだ後に、つけ蕎麦で〆ようと思っていたのだが、急きょ気が変わって蕎麦を先にしてみた。
練馬駅から何分か歩いて「二十三」に到着した。

2301.jpg



日本酒多数ありますと書いてあるから安心だ。

2302.jpg



カウンターだけの小さな店内に入る。

2304.jpg

2303.jpg



事前情報によると、店主は店名通りに23歳と聞いているから、少々日本酒の品揃えを心配しながらメニューを見る。

2305.jpg

2306.jpg



新政、日本盛、福生の石川酒造と田村酒造の酒で、正直言うと好みではない。
冷蔵庫を覗くと、四合瓶と一合瓶だけだ。
かなり微妙な品揃えだが、石川酒造の「たまの慶」と、田村酒造の「嘉泉」をもらう。

2308.jpg

2309.jpg

≫ 続きを読む

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。