| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

御殿場土産で晩酌




御殿場で買ってきたハムやソーセージが、手つかずで残っているから、三連休の中日は自宅で飲む。
御殿場唯一の蔵が作る、金明の若水。


j66173.jpg





二の岡フーヅのライトスモークドハム。


j66175.jpg





御殿場ハムのソーセージにマスタードをたっぷり。


j66174.jpg






御殿場のアウトレットで、娘が12個パックを買ったハーゲンダッツがデザートだ。


j66181.jpg



四合瓶を一人で飲み切ったら、早い時間に眠くなる。



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 家で晩酌 | 14時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二日目は朝酒昼寝晩酌




2013年二日目も朝8時から日本酒。


a32845.jpg






14:00 いつの間にかソファーで寝ていた。
目が覚めると妻のメモが置いてある。
「起こしても起きないので、娘とレ・ミゼラブルを見てきます」
腹が減ったが、おせちにも飽きたので、ご近所に一人さびしくラーメンを食べに行く。


sui36072.jpg


sui36074.jpg




≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年越し準備






師走の一夜。
偶然に通りかかった高円寺の住宅地で、素敵な酒屋を見つけた。


j10907.jpg





高原酒店。
中央線の飲食店で、日本酒の仕入れ先としてよく名前が挙がる店だった。
ガラス窓越しに焼酎が目立つ店内を眺めていると、店番の爺様から店内にどうぞと手招きされる。
おそらく先代の店主だろう。


j10909.jpg





日本酒は扉の向こうに陳列されていた。
部屋全体が冷蔵室になっており、しかも温度帯を変えて二部屋ある。


j30397.jpg


j30398.jpg


j10908.jpg


年末年始用の酒を買おうかとも思ったが、一升瓶を抱えて電車に乗るのはつらいので、この日は購入をあきらめる。



≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 07時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

節分おうち居酒屋



料理も酒もおいしくて美人女将が居る酒亭とか、絶品なのに値段が手ごろな寿司屋とか、素敵で楽しい人たちが集まる店とかあるから、外食は楽しいのだが、電車を乗り継いでまで行く元気が減りつつある今日このごろ。
自宅周辺にもいくつか素敵な店はあるけれど、連夜だと少々飽きる。
自宅で飲む時は、好みの酒肴が何種類もあるのが好きだし、酒器をいろいろ出して楽しむので、準備や片付けをする妻が面倒くさがる。
先夜ご近所のイオンリカーに立ち寄り、美人店員から福光屋の純米吟醸酒粕を買った。


li15.jpg


li16.jpg





寒い日が続くので、粕汁を作ってくれと妻にリクエストしておいたので、節分の日は久しぶりに自宅居酒屋をやる。
客が私一人なら妻もやる気が起きなかっただろうが、この日は娘も在宅なのが吉と出た。
清瀬の降矢酒店で買い求めた奈良萬を開け、ポテサラとピクルスで飲み始める。


oi07.jpg





新ごぼうの唐揚げ、肉団子の黒胡麻ソース。


oi02.jpg


oi03.jpg




≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々の二日酔い


妻が友人を呼んで、自宅で新年会をやると言う。
メンバーは何回も一緒に飲んだことがある酒豪たちなので、江古田の「酒の秋山」や清瀬の「降矢酒店」で、たっぷり日本酒を仕入れておいた。
ワイン、ビール、焼酎、ウィスキー、ジン、ウォッカ、柚子酒、炭酸もあるので、酒調達係りの私の役目は終わった。
ところが年が明けてから、二十代の美人姉妹が参加すると妻が言うではないか。
顔見知りばかりだと思って、暮れの大掃除はかなり手抜きだったが、初めて我が家に来る美人姉妹のために、オジサンは当日の朝から隅々まで掃除し、窓を磨き、ワイングラスもピカピカに洗い直す。
料理の盛り付けやセッティングを手伝ったりしていると、あっという間に夕方になった。


jm13.jpg


jm14.jpg


jm15.jpg





残念ながら美人姉妹の姉は新婚で、ガタイがいいダンナと一緒に来たので、独身の妹を私の隣りの席に案内する。


jm16.jpg


jm17.jpg





ビール、シャンパン、ワイン、日本酒がどんどん空いて5時間経過。


jm018.jpg



≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Whisky





新宿と池袋の初売りに出撃した妻と娘は、まだ買い足りないらしい。
1月3日は私が運転手兼ポーターとして採用され、11時半ごろ入間のアウトレットに到着する。
正月恒例行事だ。


whi01.jpg


whi02.jpg






昼飯も食わずに3時間滞在。
アウトレット近辺の「武蔵野山居」や「やまき」に電話するが、まだ営業していない。
ランチは練馬に戻って焼肉。


whi03.jpg






そして夜は車で新小岩に荷物を運ぶ。
以前行ったことがある新小岩駅前の「炎丸酒場」で遅い夕食。
車なので飲めないのが残念だ。


whi04.jpg



≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 02時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福来たる

行きつけの飲食店が一様に驚き怪しむほど、福島から逆単身赴任している"ばるべにー"クンと飲む回数が増えた。
なにしろ男性とサシで飲むことなど、仕事絡み以外には無かった私なのだが、日本酒と地元の話題が共通だから、意外に楽しく男同士で酒場を徘徊している。
白河市に一時帰省していた"ばるべにー"クンが、福島の日本酒を持ってきたので、久しぶりに自宅で晩酌することにした。
デジカメで見せてもらった職場は、度重なる余震で震災直後より酷くなっている。
日本酒の蔵元には100年以上前の建物も多いから、相当なダメージがあっただろう。
福島の日本酒を心して頂く。


jf01.jpg

jf02.jpg

jf03.jpg



会津娘奈良萬は、白河の飲み友けーさんからの頂き物だと言うから、ありがたく頂戴する。
白河市の兄弟杜氏が作る登龍は初めて見た。
ばるべにーブログに登場するたびに、うらやましく思っていた酒だから、かなり嬉しい出会いだ。
だんだん酔ってきて、ばるべにー妻のヨメベニーに電話させ、絡んだような気がする。


≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。