| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妻の誕生会その1(新横浜国際ホテル)




妻が新横浜で友人たちと会食すると言う。
誕生会を兼ねているらしいので、私も一緒に副都心線に乗って渋谷まで行き、東横線の菊名から横浜線に乗り換えた。
来年は副都心線と東横線が繋がると聞いているので、横浜に行く回数がぐっと増えそうだ。


y68639.jpg





会食の場所は新横浜国際ホテルのマナーハウスだった。


y68689.jpg


y68643.jpg


y68687.jpg


y68652.jpg




今夜は円卓で中華料理だ。
最初はビールで乾杯し、私だけ日本酒を飲む。


y68640.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 横浜 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヨコハマナイト(491House)





妻と待ち合わせて、横浜の大桟橋に行く。


rw01.jpg







クリスマスが近い時期にディナークルーズなんて、寒そうだけど素敵じゃないか。
5年ほど前にRoyal Wingに乗船した時は昼間だったけれど、海から見る夜景の方が良さそうな気がする。



rw02.jpg






10年以上前に竹芝桟橋から船に乗り、ディズニーランドの花火を沖から見たことがあったが、酒の飲み過ぎと船の揺れが重なって、具合が悪くなった。
今夜は控えめに飲もうと思いながら乗船する。


rw05.jpg


rw06.jpg


rw007.jpg






用意されていたのは中華料理のブッフェだ。
餓狼のごとく人が押し寄せるので、人波が途切れるまで席で待つ。


rw011.jpg


rw010.jpg


rw013.jpg






デッキに上がって夜景を楽しむ。


rw012.jpg


rw03.jpg





ベイスターズはヘナチョコだけど、やっぱり横浜はいい街だ。


rw04.jpg


rw014.jpg





席に戻って料理を取りに行く。
こんどはブッフェ台を独占だ。


rw008.jpg


rw009.jpg



あっという間に船は港に戻ったが、もちろん横浜の夜は終わらないのだ。



≫ 続きを読む

| 横浜 | 07時30分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランチの半分ディナー(露露)

元町でチャーミングセールをやってると、妻に教えたのは失敗だった。
物欲がすっかり薄れた私は、見たい物も買いたい物もほとんど無い。
精力的に動き回る妻に付き合えず、どこかのカフェで待機することにした。
元町ユニオンの2偕にあるカフェなら空いているだろうと、妻に行き先を告げて向かう。




あらら、建て替え工事中だ。

union.jpg


向かい側のキャラバンコーヒー、石川町方向のエクセルシオール、上島珈琲とすべて満席で待ち客まで居る。
石川町まで行って、やっとヴィドフランスで空席を見つけた。
持参した文庫本を読んでいると、そろそろ夜の帳が降りてくる。
急に元気になって、中華街に向かった。

露1

露2

露3

露4



この日は重慶火鍋の店を予約してあるのだそうだ。
20代から50代までの女性を中心に、40人以上集まると聞いているから楽しみだ。
ところが会費は1,500円と聞き、あまりの安さに不安を覚える。
酒を飲まない人も居るので、酒代は各自で飲んだ分だけ別途料金を支払うことになるらしい。

露5

露6

露7


重慶火鍋の店名は「露露」だ。
店舗は以前ディスコだったと聞いているが、エレベーターで最上階まで上がると、見事に中国な店内だった。

露8

露9

≫ 続きを読む

| 横浜 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界一と不老不死(エリゼ光)

休日の前夜に、妻が「明日の夜は中華街で食べよう」と言い出した。
知人たちとの食事会があるのだが、一緒に行くはずの友人にドタキャンされたらしいのだ。
翌朝は爽やかないい天気だ。
家でブラブラしていてももったいないので、昼から横浜に行くことにした。
ネットでランチ場所を探していると、元町でチャーミングセールが開催中だとの情報も得る。
ランチとチャーミングセールで釣って、寝ている妻を起こす。



副都心線の急行と東横線の特急を乗り継げば、練馬から元町中華街駅まで一時間だから、便利な時代になったもんだ。

えき0001


地中深くから地上に出ると、チャーミングセールの影響ですごい人波だ。

eri1.jpg

もとまち0001




元町ランチはあきらめて、港の見える丘公園方向に行く。
同じ場所にイタリアンとフレンチがあるから、どちらかには入れるだろう。

eri2.jpg




と思ったら甘かった。

eri3.jpg




さらに港の見える丘公園を登って行く。
一度もお会いしたことはないのだが、知人の知人であるナンシーChangさんがオススメする「エリゼ光」が、外人墓地の前にあるのだ。

eri4.jpg

eri5.jpg


外階段を上がってドアを開けると、店内はほぼ満席だ。
予約をしていないがと告げると、一瞬の躊躇の後に、店内中央の4人掛けテーブルに案内された。

eri6.jpg


かなりコッテリした、大阪っぽいデコラティブな独特のインテリアだ。

eri7.jpg

eri8.jpg


山手の高台だから、窓からは外人墓地越しにみなとみらいが見える。

eri14.jpg



坂道を上って汗ばんだので、冷たいスパークリングワインをボトルでもらう。

eri9.jpg

eri23.jpg

接客の女性が燕尾服で、厨房の料理人がアロハだったり、ネタ満載のレストランだ。

≫ 続きを読む

| 横浜 | 00時00分 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おみやげは豚饅

霧笛楼でランチを食べた後は、ウチキパンの横から急な坂道を上がる。
元ウチキ0001


外人墓地を見て、港の見える丘の中を通って坂を下れば、元町駅に辿り着くはずだ。
食後の運動にはちょうどいい距離だろう。
港標識0006


敷地が18,500㎡(5,600坪)という広大な外人墓地は、港が見える山手の丘にある。
江戸時代末期の1,854年に、黒船に乗ってやって来たペリー提督が、ミシシッピー号で亡くなった水兵を埋葬するために、海が見える地を幕府に要求したと言われている。
これが横浜外国人墓地の始まりらしい。
土日と祝日のみ公開される外人墓地を歩く。
港キリスト0001

港十番0002

港景色0005


異国の地で亡くなった外国人の中には、遺族の所在がわからない場合も多いらしく、墓地の管理費を集めるのに苦労しているのだそうだ。
Open Houseの日には、入り口の献金箱に気持ちを入れて入場する。
港マリン0002

港墓地20003

港遠景0009


みなとみらいやマリンタワーが見える外人墓地には、著名人も数多く埋葬されている。
港ルコント0001


墓地を出てから、山手のカフェで一服しようと思ったのだが、この日は横浜インターでイベントがあるらしく、どこも満席状態になっている。
休憩せずに港の見える丘公園まで歩く。
港展望0004

港薔薇0008


港が見えるという名前の公園だが、今ではマンションや倉庫が迫り、海はほんの少ししか見えないのが悲しい。
港橋0007


坂を下り、フランス山の由来になった、フランス領事館の跡地を見る。
港看板0003

港領事館0010

せっかく久しぶりに訪れた横浜なので、夜まで居て酒を飲むつもりだった。
候補店を下調べしておいたのだが、すっかり食べ疲れ歩き疲れてしまった。
このまま駅に向かい、東京に戻る。

≫ 続きを読む

| 横浜 | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モトマチランチ

ニューグランドの「熊魚庵」でお櫃ご飯を食べ切り、満腹を通り越してしまったので、ランチの前に山下公園と元町を散歩する。
山下グランド0001

山下人0002

山下氷川0003


日本全国で商店街が地盤沈下しているが、元町は相変わらず活気に溢れている。
元ブルックス0004

元ブル0003


キタムラ、フクゾー、ミハマ、近澤レースなどなど、元町発で全国区になった店も健在だ。
元キタムラ0002

元フクゾ0001

元フクゾタオル0002

元近澤0006

元宝田0005

元皿0004


ユニオンまで歩いたら、やっと朝食もこなれて腹が減ってきた。
ランチの予約時間も近付く。
元ユニオン0003


メインストリートから一本裏の山側の道に入る。
以前は石川町寄りにあったフランス料理の「修廣樹」も、この道沿いに移転して大きくなっている。
実はここもランチ候補店にしていたのだ。
霧修廣樹0001


結局予約を入れておいたのは、1981年創業の霧笛楼だ。
隣接の土地にパティスリーやカフェをオープンさせ、ますます繁盛しているように見える。
霧外0003

霧看板0004

霧ケーキ屋0001

≫ 続きを読む

| 横浜 | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝スパ

中華街で夕方からビール、紹興酒、カクテルと飲み続け、すっかり疲れ果ててニューグランドにたどり着く。
部屋はごく普通のスタンダードタイプだが、景色はいい。
這うように風呂場に行き、汗を流したら即就寝する。
グランドベッド0006

グランド観覧0001



あっという間に、旅のお楽しみ朝食時間だ。
グランド窓0012

宿泊すると品数が多い朝食が嬉しい。
クラシックな本館で食べることにして、ロビーに降りる。
グランドシャンデ0001


まだ営業していないガンプスやメインバー「シーガーディアン」の横を抜け、本館に向かう。
グランドガンプス0001

グランド階段0013

グランドロビー0007


パティオにつながる通路には、昭和初期からの写真やパンフレットが展示されていた。
グランドパティオ0004

グランドパンフ0005

≫ 続きを読む

| 横浜 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。